路:路上観察

2021年12月10日 (金)

路352:宅配BOX

半世紀前、遠方へ嵩張る荷物を送るには、自分で担いでいくか、国鉄の駅留めのチッキで送るか、「飛脚さん」を使うかぐらいだった。今では、何でもかんでも宅急便で気軽に速く安く送ることが出来るのはありがたい。とはいえ、受け取る方では家に居なければならなかったりして、それなりに不便もある。お隣で預かっておいて、というのも今どきでは無理か。コロナのおかげで、まあ「置き配」でもいいか、とはなったが、それはそれで玄関先への放置も心配。駅やコンビニで宅配ロッカーをよく見かけるようにもなった。

今日のウォーキング途中に、お家の玄関前で宅配BOXを見かけた。なるほど、これなら宅急便のお兄さんにも受け取る側にも便利である。

20211210_img_7513

宅急便にせよ、ウーバーにせよ、ネットを使った新業態は、消費者には便利であるが、その裏では労働者の搾取が深刻化している。”成長で分配を”などという甘言に騙されているようでは、この国の行く先は亡国々々。

 

| | コメント (5)

2021年12月 3日 (金)

路351:農家の跡地が更地に

ウォーキングコースの途中のお百姓さんのお家。周りの田畑が売られて8軒ほどの建売住宅になった。その内一軒がお百姓さん家の新居で大きな平屋の建物。元の古い建物は重機が入って取り壊されていった。

20211121_img_7277

今日通りかかったら、もうすっかり更地と少しばかりの竹やぶになっていた。この後どうなるのかな?

20211203_img_7385

石神さまらしい碑と石の大黒さんの像とが路傍に片寄せられていた。まさか捨てられはしないだろうな。新居の片隅にでも祀ってもらえればいいのだが。かといって、酔仙家に引き取る場所も無いしなあ。

インフラの整った団地は空き家が増えて限界集落化。一方で、農地転用規制が緩和されたので、農道にアスファルトを貼っただけのミニ開発住宅が乱立、末はインフラ不足のスプロール住宅エリアとなるだろう。先のわかり切った愚かな土地政策がなぜ続くのか。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

路350:春日部には路上ネタがいっぱい

春日部の忘年会への途上、けっこう面白いものをいくつも見つけたのでまとめてアップ。

駅には指名手配と拉致被害者の顔写真がいっぱい。

20211130__img_7353

東アジア反日武装戦線って、昭和50年の話。生きていたら67歳の前期高齢者、この顔写真では判らないなあ。

20211201__72011_17

玄関、壁面、屋根まで猫や鳥の飾り物がてんこ盛りのお家があった。過ぎたるは猶及ばざるが如し。

20211130__img_7376

鉄の支え棒に街路樹が喰いこんで奮闘中。

20211130__img_7356

本当は「三須」医院なんだけれど、カタカナにすると何だか医療ミスを連想するのは考え過ぎか。

20211130__img_7354

| | コメント (2)

2021年11月15日 (月)

路349:エスカレーターでは立ち止まろう

今日、ジョイフル本田に出かけたら、2階へ上がるエスカレーターにこんな表示が貼られていた。

20211115_kimg0091

昔から、関東では右空け、関西では左空け、という慣行が言われていた。仙台に出かけた時には、ここではどちらを空けるのかな、と見ていたら、皆立ち止まって乗っていた(笑)。仙台はいい街です。

空いたスペースを駆け上がり駆け降りるような連中に限って、立ち止まっている年寄りにぶつかっても謝りもせず、チッと舌打ちしたりするヤクザな者が多い。埼玉では「埼玉県エスカレーターの安全な利用の促進に関する条例」が成立し、令和3年10月1日から施行されたと。これで少しでもヤクザな者が減ればいいのだが、定着するまでは時間がかかるだろう。

まあ、エスカレーターで走らないようになったとしても、ヤクザな人間やヤクザな社会が良くなる、というわけでもないのだが。

 

| | コメント (2)

2021年11月 1日 (月)

路348:迷子捜し

論評する気も起らない衆院選挙も終わって、早くも霜月朔日。

ペットを可愛がる家も多いので、迷子になっていなくなったりすると、飼い主は大変な心配。何とか捜し出そうとあちこちに貼り出したりする。

近所のミニストップにはセキセイインコの迷子捜しが貼られていた。先日はニシキヘビが逃げ出して、という人騒がせもあった。A眼科の待合室には、甲斐犬のなる君8ヵ月、昨年の年末に失踪だから、もう10ヶ月ほど経つか。おっと、「謝礼金30万円」と。これはきっと血統書付きの名犬なんだろうなあ。

20211101_kimg0063

| | コメント (4)

2021年9月 6日 (月)

路347:夏から秋へ、でも秋雨続き

猛暑の夏もやっと過ぎたかな。でもここ一週間ばかり、少し肌寒いような秋雨が続く。今日は少し雲に晴れ間が見えたので、ウォーキング5千歩。酔仙の団地の周りの田んぼも、雨の合間を縫って稲刈りが始まった。

20210905_img_6477

団地の中を歩いていたら、お家の前にこんな新米の看板が。那須の実家のお米の直販を手伝っているのかな。

20210906_kc4b1289_20210906225401

アスファルトの上にこんな子供たちの絵が。一番手前は、雲古を踏んだらアウト、なのかな。酔仙も子供の頃は、ロー石で路上に落書きをしていたが、今どきこんな遊びをしていても車に轢かれないというのは、うれしい環境なんだろうな。

20210906_kc4b1286

いつものコンビニコーヒーも、今日はアイスはやめた。これからはホットコーヒーが口になじむ季節になる。

20210906_kc4b1285

 

| | コメント (2)

2021年7月24日 (土)

路346:住宅地の路上に雉

今日の午前、隣町の住宅地の中を車で走っていたら、道路わきから何かがトコトコと歩いて出てきた。ン?尾の長いニワトリ?

20210724_img_6281

車を停めてデジカメを取り出して、何と、立派な雄の雉だった。さほど人を避ける風でもないので、うまく2,3枚撮れた。

20210724_img_6284

こんな車の行き交う道路に出てくるなんて、雉も暑さで注意力散漫になっているのかもしれない。

 

| | コメント (0)

2021年7月 7日 (水)

路345:お店の貼り紙

HW駅前の床屋さんへ散髪に出かけたら、待ち合い席にこんな貼り出しが。

20210707_kc4b1275

「今年の年末は」って、まだ半年先なんだが・・・・・・

 

駅前近くの小さなラーメン店。

20210707_img_6252

ガラス戸に貼られた紙を見ると

(↓クリックして拡大)

20210707_img_6251

コロナ禍の中で一生懸命やっているんだろうな。コロナ自粛で溜まった金が、収束後に消費されるのを狙う業界もあれば、落ち込んだ分はマイナスのまま借金漬けでやっていくしかない業界もある。こういう弱い所が後回しにされる今の政治がいつまで続くのやら。

 

| | コメント (4)

2021年6月30日 (水)

路344:猛犬注意

梅雨曇りの下、今日のウォーキング中に通りかかった住宅の玄関先。大きな壺の腹に、「猛犬注意」と大書。よく見るとその脇に「※あいそはいいです」との添え書きが。(笑)

20210630_img_6223

飼い主のユーモアが楽しかった。

 

| | コメント (2)

2021年5月20日 (木)

路343:びわ湖マークにつくばナンバー

早々と梅雨入りの雨で二日ほどウォーキングを怠けた。今日は雨が止んでいる間に5千歩余りウォーキング。いつものコンビニコーヒー¥100を飲みながら、外の駐車場を見ると、「滋賀運送 甲賀」と書かれたトラックが。滋賀から埼玉までの長距離便かな、とちょっと懐かしい感じもして、傍によってよく見た。

20210520_img_6078

びわ湖のマークに、「滋賀県運送事業協同組合」とも。でも、見直したら、プレートは「つくば」ナンバー?

20210520_img_6078_2

帰ってからググってみたら、それらしい組合はあるのだが、なぜつくばナンバーなのかは不明。茨木あたりに営業所でもあって定期便で往復したりしているのかな?

 

| | コメント (2)

より以前の記事一覧