雑:折々の感想など

2020年6月29日 (月)

雑767:本格的な梅雨に入った

本格的な梅雨に入ったようだ。ウォーキング途中の畑の葉の上に、三匹並んだ雨蛙。

20200626_img_4346

町内の調整池は、今朝の雨で遊歩道部分にまで水面が上がっていた。

20200628_img_4350

酔仙家の玄関先にはアロエの花が見ごろ。ひとつの花茎が三又に分かれるので、今年もにぎやかに咲いた。

20200628_img_4352

| | コメント (4)

2020年6月28日 (日)

雑766:削除したデータの復元

しばらく前に、溜まっていた画像データをDVD-Rディスクに保存したのだが、2017年分のDVDディスクが読み出しできなくなってしまった。ディスクに追加カキコミをしようとして、削除状態になってしまったものか‥‥‥途中操作で、"セッションを閉じる"とか、"ファイナライズする"とか、画面で言われても、素人に判るわけがない。元データも削除してしまったしなあ。(>_<)

気を取り直して、"削除したデータを復元する方法"をググってみた。

最初は、DiskDigger というソフトを無料版でダウンロードしてみた。途中までデータ復元してみてうまくいったのだが、ファイル一件を復元するごとに5秒間の待ち時間が挟まれていて、つど次のファイルへクリックしなければならない。5321件のファイルを復元するためには、丸一日パソコンに貼りついてクリックし続けなければならない。(>_<) 

さもなければ、"一括ダウンロードのために、$14.99でライセンスを購入してください。"という事になる。まあ、IT資本主義の世界だなあ。(~_~;)

もう一度ググってみて、窓の杜で、Recuva  というソフトをダウンロード。今度は小一時間ほどでサクサクと一括復元ダウンロードを完了した。

20200628_img_4353

あの苦労はなんだったんだろうな。まあ、Recuvaの方も、より高次の機能を有料で、と売り込んではいるが、酔仙のレベルではこの無料バージョンで十分。ありがとうございました。

データを削除してしまって悩んでいる方のご参考までに。

 

 

| | コメント (3)

2020年6月15日 (月)

雑765:エプソンのエコタンクプリンター

酔仙はエプソンのエコタンク搭載型複合プリンターに切り替えて3年になる。途中の修理でヤマダ電機の搬送ミスが幸いして、タナボタで新型に切り替えたりしたが、その後もまずまず順調に動いており、何百枚の大量印刷にも対応している。

今日の夕刊を読んでいたら、エプソンがその方針転換をした経緯が載っていた。

(↓クリックして拡大)

20200615___

元々は他のメーカーと同様、安いプリンターと高いインクカセットで稼ぐビジネスモデルだった。ところが、インドネシアで売ったプリンターが勝手に改造されて、肝心のインクカセットが売れない。ならばいっそ自分でエコタンク搭載型を作ってしまえ、というのが始まりだったと。なるほど、々々。

ただし、この記事では、これを企業の新製品開発の成功美談のように取り上げているのが、酔仙には気に食わない。国内市場を寡占してアコギな悪徳談合商法でぬくぬくと稼いでいたのが、グローバル化で海外企業から反撃を食らって、やむなく転針したというだけのことだろうに。

 

| | コメント (4)

2020年6月12日 (金)

雑764:大臣マスク……って何?

今日スーパーへ買物に行ったら、コーナーにこんなのが。"今話題の、大臣マスク入荷しました。"

20200612_img_4284

何だそりゃあ?まさか、あのアホのタローの自衛隊マスクなんかが流行っているのか?

流行に遅れてはいけない。帰ってからさっそくググってみた。

20200612_

西村康稔とかいう、経済再生担当・新型コロナウィルス対策担当大臣が着けている折り返し立体布マスクが流行りなのだという。どう考えても官製流行の仕掛け人がいるのだろうが、表には出てこない。よほどうまく仕掛けを流している所を見ると、大元は ネトウヨ操作に手慣れた◇◇かXXか? さすがに、"アベノマスクが流行ってます"と仕掛けるのは無理なようだが。

流行りすぎると、西チャンがABに妬まれたりして。(笑)

 

| | コメント (2)

2020年6月 7日 (日)

雑763:ヒメダカの太郎次郎三郎

酔仙家では、庭先、玄関先の水鉢でヒメダカを飼っている。春から初夏は産卵の季節だが、放っておくと孵った仔を親が食べてしまう。なので、シュロ皮や麻紐を束ねて産卵床を作り、水鉢の中に沈めておいて、卵が産み付けられた頃合いを見計らって別の小さな水槽に移す。

去年は直ぐに十匹二十匹と孵ったのだが、今年はあまり調子が良くない。やっと一匹だけ孵った。

20200607_img_4263

産卵床を二度入れ替えて、やっと2匹。

20200607_img_4261

これからの季節に期待しようか。

 

| | コメント (3)

雑762:初夏の花(2)

ウォーキング途中での、この頃の花。

やはり季節の紫陽花。

20200607_img_4255

夾竹桃も元気に咲き始めた。

20200607_img_4254

 

| | コメント (2)

2020年6月 6日 (土)

雑761:キュウリの初物

酔仙家の猫額の菜園に、先日植えたキュウリの苗二本。何とか育ってきた。

20200606_img_4249

やっと初物のキュウリの収穫が二本。小さいのは摘み取って、株の方の成長を待とうか。

20200606_img_4251

ミニメロンは何かの虫に葉を食われてぼろぼろ。ゴーヤ、ツルインゲンなどはこれからの成長待ち。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 2日 (火)

雑760:小学生たちの通学姿

緊急事態宣言も一応の解除となり、N倉小学校も再開。黄色い帽子の子供たちの通学姿を見るのも久しぶりで、新鮮さを感じる。ちょうどお昼時の下校なので、半ドンの授業かな。給食が出ないと親御さんたちはまだ大変だ。

20200602_img_4235

今回のコロナ禍には、子供は罹りにくく重症化しにくいという傾向があるそうだが、国の方針ミスで、PCR検査や抗体検査に後れを取っているため、確かな所はわからない。まだまだ、第2波、第3波に用心しなければ。

 

| | コメント (4)

雑759:初夏の花

6月、水無月となり、庭の花やウォーキングコース途中の家々も初夏の花が増えてきた。

酔仙家の庭先に置いた水鉢の姫睡蓮。植え鉢が根で一杯になりこの春に植え替えしたので、葉もゆったり伸びて今年初めての花。株分けすれば何倍かに増やせるのだが、置き場所も貰い手も無いので捨てるしかないのが残念。

20200531_img_4224

ウォーキングコース途中の家のスモ-クツリー(ハグマノキ)。もふもふとした花穂が樹を覆って広がる。

20200602_img_4229

公園のバラコーナーも春バラから夏バラへと移ってゆく。

20200602_img_4233

 

| | コメント (2)

2020年5月13日 (水)

雑758:雉を撮った。野生が近づいたか

今朝はウォーキングがてら畑に出かける。途中の田んぼの縁で雉を見かけた。先日も一度見かけたが、これで二度目。しかも雄雌つがいの二羽。

20200513_img_4139_

ディスプレイ中なのか、あまりこちらを気にしてもいないので、何枚か写真を撮れた。

20200513_img_4137_

畑で、少し遅いがチマサンチュの種をまく。芍薬の花は今がちょうど見頃。

20200513_img_4140

帰り道ではもう雉の姿は見えなかった。周りに屋敷林や墓地、耕作放棄地も多いので住み着くようになったのかな。先日は、用水路でネズミの大きいようなのが泳いでいるのを見かけたが、多分、ヌートリアだろう。タヌキは既に以前から調整池のあたりに住み着いているという。空き家も増えたことだし、アライグマとかハクビシンがいても不思議ではない。 なんとか写真に撮ってブログネタにしたい。

自然が豊かになったのか、過疎地に近づいたのか。(~_~;)

 

| | コメント (4)

より以前の記事一覧