« 本230:「詩歌川百景(2)」をKindle版で | トップページ | 遊384:上野で全日中展と東天紅 »

2022年5月10日 (火)

雑945:田植えも一段落

ウォーキング途中の田んぼは、もう田植えもすっかり終わっている。

20220510_img_8572

細々としていた早苗も、日々緑が太くなってゆく。

20220510_img_8571

道の脇に何か赤い木の実が見えるので近寄ってみたら、桑の実だった。

20220510_img_8574

半世紀以上前、酔仙が子供の頃はどこにでも桑畑があり、おやつ代わりに桑の実を食べて、口中真っ赤にしていたものだったが、今では滅多に見かけない。

 

|

« 本230:「詩歌川百景(2)」をKindle版で | トップページ | 遊384:上野で全日中展と東天紅 »

コメント

過去に鑑賞した、田植え祭りや田遊び予祝行事についてブログを調べてみたら、丁度10件ありました。

2017年5月南宮大社御田植祭(岐阜県垂井町)、2017年5月田原の御田(南丹市)、2013年5月佐渡車田植、2012年3月藤守大井八幡宮田遊び(焼津市)、2012年2月赤塚諏訪神社田遊び、2012年2月樋越神明宮春鍬祭り(玉村町)、2011年2月廣瀬大社砂かけ祭り(お田植祭)、2010年2月徳丸北野神社田遊び、2009年6月多賀神社御田植祭・朝日豊年太鼓踊り、2009年7月伊佐須美神社御田植祭。
春鍬祭りには一緒に行きましたね。

田圃で行う田植祭りは、5月以降です。
6月24日伊雑宮磯部の御神田(志摩市)が気になってますが、日帰りが難しくて、単独になるものは、踏ん切りが付き兼ねてます。


投稿: yonex | 2022年5月12日 (木) 16時27分

>春鍬祭りには一緒に行きましたね。

2012年2月に群馬玉村町で、yoneさんの案内で一日にお祭り3つをハシゴしました。今ではとても無理だろうな。

田植え祭りは南方系の稲作民族の流れですが、北方騎馬民族系のお祭りにはどんなものがあるのでしょうか?

投稿: 埼玉の酔仙 | 2022年5月12日 (木) 22時40分

稲作系の祭りには北方系の痕跡が見つからないが故に、南方系と思わざるを得ない面があります。
祭りの沿革からすると北方系と言えるのかどうかは不明ですが、例えば🐴に関係する祭りは、北方との繋がりを思わせてくれる何かがあります。
今までに鑑賞した🐴に関する祭りは次の通りです。

2017年8月加賀美流騎馬打毬(八戸市)
2010年7月相馬小高神社野馬懸上げ馬の神事
2010年5月藤森神社駈馬神事(京都市)
2009年7月相馬野馬追
2009年4月猪名部神社上げ馬神事(三重県)

八戸はペルシャに源流があるとのことですから、一応北方系といってもいいんじゃないでしょうか。

投稿: yonex | 2022年5月13日 (金) 11時43分

騎馬打毬はポロだし、馬を駆け上がらせるのは傾斜地での実戦訓練でしょうか。

流鏑馬を見ていてわかるように、騎馬で弓矢を射る時は、左90度だけで、若干前後にぶらせるていどです。パルティアンショットでも真後ろは無理。ましてや、鎌倉殿の13人で、騎馬の追手が前を逃げる義時と頼朝に矢を射かけるというシーンは、絶対に無理です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2022年5月13日 (金) 23時14分

桑の実(マルベリー)に反応しました。

通っている"耳つぼダイエット"があるマンションの向かいの駐車場に桑の木があって、そこのオーナーさんから「実を採っても良いですよ」と云われているとかで、勧められたので、去年も今年も黒く熟したのをポロッともいでジャムを炊きました。

で、今日、ボランティアの帰り道、それと同じ実がもっとたくさん黒々と熟している木を発見しました。なぜか、そこも駐車場!!! 誰も触らないのか、地面にもいっぱい落ちているし、実も大きいんですよ。

拾ったり、もいだりして400g もゲットしちゃいました。

私のジャムは"なんちゃってジャム"。半量の砂糖とレモン汁少々をまぶしてしばらく放置した後、琺瑯鍋でコトコトやるだけ。瓶も煮沸しないし、2週間ほどで保てばイイやと思ってます。

クリームチーズを塗ったパンに乗せると美味しいです。

テレビでやってるのを真似て、仕上げ近くにバルサミコ酢を少し入れると、味に奥行きが出るような。。。

投稿: ぷうぷう | 2022年5月30日 (月) 16時34分

絹は何千年かの昔、中国の独占的な産物であったのですが、お姫様が髷の中に蚕種を隠して西方に伝えたとか。でも、桑の木が無ければ蚕は育てられないのだから、その話はちょっと眉唾か。

木苺の仲間のブルーベリーだとか何とか、色々と苗木も売られていますが、桑の木は日本の風土でも簡単に育てられるのだから、クワーベリーとか名前を付けて売り出せば売れるかもしれない。せっかくだから桑の葉っぱを使って、桑茶とかできないかな。

ちなみに、滋賀の木之本では「桑酒」が売られていました。酔仙的には甘すぎる味ですが、多分今でも飲まれていると思います。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2022年5月30日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本230:「詩歌川百景(2)」をKindle版で | トップページ | 遊384:上野で全日中展と東天紅 »