« 雑943:田植えが始まる | トップページ | 雑944:メダカの殖やし方 »

2022年5月 5日 (木)

路353:200円でジャベリン

連日のウクライナ侵攻報道では、アメリカからウクライナ軍に提供されている、携行型対戦車ミサイルのジャベリン(Javelin)の名前をよく聞くようになった。 元々は「投げ槍」の意味らしい。

ウォーキング途中、いつもの百円コンビニコーヒーに立ち寄ったら、こんなおもちゃが売られていた。

(↓クリックして拡大)

20220504kimg0389

「Javeline」と一文字だけスペルを変えてあるが、これはやはり便乗商品かな? 中身は水鉄砲で、形も本物とは似ていないから、袋だけ急いで作ったものかもしれない。これは200円、本物は価格:175,203USドル。

実際の戦禍の悲惨さとの落差にドキッとさせられた。

ネットで戦車と対戦車兵器との歴史を読むと、まあ「矛と盾」の諺ではないが、次から次へと、改良?が重ねられているものだ。人類の業なのかな。

 

 

|

« 雑943:田植えが始まる | トップページ | 雑944:メダカの殖やし方 »

コメント

100個くらい買って、プーチンに贈ってやったらどうですか。

投稿: yonex | 2022年5月 9日 (月) 07時36分

八十年前の大東亜帝国から太平洋戦争へと、歴史はグロテスクに繰り返します。

当時、もしも日本が先に原爆を開発していたらどうなっていたのかな?でも、兵器を作るにはお金=生産力が前提です。「ズボンを質に入れても原爆を作る」と言ったのは陳毅でしたか。お隣では、高価なミサイルをポコポコ打ち上げてますがねえ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2022年5月 9日 (月) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑943:田植えが始まる | トップページ | 雑944:メダカの殖やし方 »