« 雑918:久しぶりの雪景色 | トップページ | 遊378:越谷市の花田苑 »

2022年1月15日 (土)

遊377:鷲宮神社に参拝

歳が明けてからどこの寺社にもお参りしていなかった。コロナのせいというよりも、面倒なだけだったかな。それでも、正月飾りや古いお札などをお焚き上げしてもらうのは今日まで。午後になってやっと腰を上げ、隣町の鷲宮神社に参拝する。参道が車で渋滞しているといけないので、K市の鷲宮支所の駐車場に車を停め、ウォーキングを兼ねて長い参道を往復する。

参道沿いの商店はすっかりシャッター商店街だが、先年に老朽化で倒れて、しばらくは空位のままだった大鳥居は、12月にやっと再建が成って、新しい朱色を光らせている。

20220115__img_7703

境内にはもう露店なども出ていないが、小正月の15日なので、参拝や祈祷の人がけっこう多い。

20220115__img_7707

新しいお札と、せっかくなので寅年のご朱印とを頂いて帰る。

20220115_

コロナが早く収まりますように。

 

|

« 雑918:久しぶりの雪景色 | トップページ | 遊378:越谷市の花田苑 »

コメント

この神社は、数年前だったか酔仙さんに連れて行ってもらった神社なので、何故か一緒に参拝しているような雰囲気になります。
私は正月を挟んで、南大東、久米、座間味、阿嘉、慶留間の諸島をめぐる中で、本土系もありましたが、琉球系の祭壇を持った「神社」に参拝する機会に恵まれました。

投稿: yonex | 2022年1月16日 (日) 06時57分

日本の神様は、杜、山、磐座、神木など、垂直のイメージですが、南島系の神様は海の向こうから漂ってくる水平のイメージですね。

古い神社、寺を巡ると色々なイメージに触れることができます。ユダヤ、キリスト、ムスリムなど砂漠系の神様は、触れる機会が無いのでどうもイメージがつかみにくいです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2022年1月16日 (日) 14時32分

酔仙様とyone様はお友達だったのですね。お二人の軽妙洒脱なやりとりをいつも楽しんでおります。とても勉強になります。本年もよろしくお願いします。

投稿: 昭和男子 | 2022年1月17日 (月) 14時49分

遅まきながら、こちらこそよろしく。

ここ何年か近江の寺社を巡ってきました。磐座-神社-密教-真宗という重層的な、今に生きている生活の中での信仰というものを少し垣間見せていただいている気持ちです。

中国大陸から韓半島へ、そしてこの日の本の蓬莱島へ、人と文化が吹き寄せられて、今の日本が成り立っているということを、謙虚にかつ自信をもって、語るべきだと思います。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2022年1月17日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑918:久しぶりの雪景色 | トップページ | 遊378:越谷市の花田苑 »