« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »

2021年12月

2021年12月30日 (木)

雑912:やっと禁酒が解禁

12/20に大腸内視鏡検査でポリプ小2個を切除。一泊入院はまぬがれたが、10日間の禁酒と。(T_T)

(↓クリックして拡大)

20211230_ 

今日でやっと解禁となった。まずは大吟醸で一口。美味いなあ~、生き返る。

20211230_img_7627

純米大吟醸酒 本生搾りたて:力士釜屋酒造の三本セットの最後の一本。田酒:いただきもの、特別純米酒、これも美味い。麦焼酎:飲みなれた味が良い。

大掃除は省略(><)\ボキャッ。今朝は正月飾りも済ませたので、明日は除夜の鐘を聴くだけか。紅白歌合戦はどうせ聞いても判らないから、それまで起きているかな。

 

| | コメント (4)

2021年12月23日 (木)

雑911:冬耕とゴイサギ(→正:アオサギ)

今日も冬晴れの午後のウォーキング。冬の間にトラクターが田んぼの土を耕している。すき起こされた土から出てくる虫などをねらっているのだろうか、ゴイサギ アオサギ が一羽、ずっとトラクターの脇を付いて歩いている。

20211223_img_7605

けっこうすぐそばまで近づいている。

20211223_img_7607

他にもセキレイが2,3羽同じように周りをうろうろしている。鳥たちも冬場は餌が少ないからなあ。庭で野鳥の餌付けをしている家もあるのかなあ。

さて、家に戻ったら年賀状作りの続きをしなければ。

 

1/1 訂正

クマさんからのメールで、ゴイサギではなくアオサギが正しいと。ご指摘ありがとうございます。訂正いたします。m(_ _)m

ゴイサギ

20220101__black_crowned_night_heron_otta

アオサギ

20220101__1024pxblauwe_reiger

 

| | コメント (3)

雑910:「Googleによる電話番号の確認」って詐欺では?

スマホ歴2ヶ月の酔仙のスマホに、SMS(Cメール)でこんなメッセージを受信した。相手は050-・・・・・・の知らないケータイ番号。99%はフィッシング詐欺のメールだろうから直ぐに削除、と思ったが、念のためネットでググってみた。

20211223_img_7602

↓こちらのサイトに詳しい説明があったのでご参照を。

https://did2memo.net/2021/10/23/google-is-verifying-phone-number-of-this-device-sms/

簡単に言えば、詐欺メールではなく、Googleがケータイ番号が実際に使用されているかどうかを確認するために送信していて、受信したスマホ側が自動で応答、確認処理をするもの。受信した人は特に何もしなくてよいし、削除しても問題は無いと。

いやあ、Googleさん、一言説明を加えて下さいよねえ。(-_-メ)

 

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

雑909:大腸内視鏡検査

先週は胃カメラ、今日は朝から大腸内視鏡の検査を受ける。もう何度目かになるが、この2リットルの洗腸剤を飲むのがしんどいのだなあ。200ccのコップで飲んでは歩いてトイレに座り、また飲んで歩いて坐って。これを2時間以上も延々と繰り返す。今回の被検者は3人と少なかった。

20211220__kimg0142

昔よりは味も改良されているが、それでも〇〇が透明液状になるまで2時間以上の苦行である。やっと午後の検査は無事に終わった。ポリプの切除が多い時に備えて一泊入院の準備もしていったが、幸い今回はポリプは二つだけで、検査後2時間ほど点滴を受けてから帰宅して良しと。まあ一日仕事。しかし、検査後3日間は運動、食事に制限。10日間禁酒というのが辛い。(T_T)

 

| | コメント (2)

2021年12月18日 (土)

雑908:ゆうゆうクラブの懇親会・忘年会

今日の午前は、コミセンでK日向ゆうゆうクラブ(町内の老人会)の懇親会兼忘年会。といっても2年ぶりに近い久しぶりの集まりである。幸い雨風は昨夜中におさまって、寒いが快晴。会員41名中、この正月で米寿の方が2名、11~12月の誕生日お祝いが10名。今日の参加者は28名。

20211218_by_img_7587

お祝いと記念写真の後、前半はビンゴゲーム。時間節約のため、Free一ヶ所の他に三ヶ所穴を開けてから始めた。最速三回でBINGOが出るはずといいながら。なかなか目が並ばないものだ。賞品は、一着の方から順次選んでいただくが、駄菓子屋さんの玩具お菓子いろいろとMさんからご提供の高級今治タオル! ちょっと迷うかな。

20211218_by_img_3694

後半はカラオケ。準備、選曲などはカラオケサークルの皆さんがお手の物で、遮蔽スクリーンや消毒も万端。

20211218_by_img_7577

予定の12時少し前に閉会。本当はゆっくり会食と雑談などを楽しみたいところだが、時節柄、昼食お弁当はお持ち帰りとさせていただいた。それでも久しぶりで皆さん顔を合わせて、楽しく過ごしていただけたようで良かった。

準備、運営で奔走していただいた皆さんありがとうございました。早くコロナが収束して、ゆっくり飲み食い談笑のできる日が戻ってきて欲しいものです。

 

| | コメント (2)

2021年12月17日 (金)

雑907:秋明菊の綿毛の実

酔仙の猫額庭に生える秋明菊(シュウメイギク)。ちょっと日陰の隅に育つ地味な株だが、秋には清楚な花を咲かせる。

20211217__1903

師走ともなれば枯れた葉や茎が残るばかりだが、ふと気が付いたら、綿の実のような白いふわふわした綿毛の実をいっぱいつけていた。今まで注意して見たことが無かったので、思いがけない姿を眺められた。

20211217_kimg0140

| | コメント (2)

2021年12月13日 (月)

雑906:今度はSMS経由で、KDDIの利用停止予告という詐欺メールが

Eメールアドレスあての詐欺メールにはもう慣れっこなのだが、今日は、スマホを始めてたった2ヶ月の酔仙にも、SMS(Cメール)での詐欺メールが届いた。(~_~;)

20211213_img_7570

アレッ?エッ?とか思って、このURLにアクセスすると、偽のサイトで個人情報を入力させられて盗まれる、というわけである。犯罪には、「カッとして」「魔が差して」「食うために」という個人的なものと、こういう冷静に計算された企業としての犯罪とがあるが、後者の犯罪がここまで蔓延してくるのは、やはり社会の根っこに何か問題が蟠っているのだろうなあ。世間には、一流企業と言いながら、犯罪と紙一重の搾取的企業というのももちろんあるわけだが。Mとか。

 

| | コメント (2)

雑905:胃カメラはしんどい

今日は午前中に済生会K病院で胃カメラの検査。現役時代以来、もう何べんも繰り返してきたが、喉元を通すときの嘔吐感がいつも苦しくてしんどい。

20211213_img_7569

昔、「鼻から胃へ通す方法ならもっと楽だと聞いたんですが」と先生に尋ねたら、「それだと管が細いので、生検で細胞を採る必要が生じたら、また喉から入れ直しになりますよ」と脅されてあきらめた。(T_T)

無事に検査を終え、喉の麻酔が消えるのを一時間ほど待って、やっと病院の売店で今日の食事。

20211213_img_7568

おっと、来週は大腸の内視鏡検査か。これはまた、検査前に2リットルの水を飲み続けるのがしんどいのだなあ。

 

| | コメント (4)

2021年12月12日 (日)

遊376:慈覚大師生誕の寺二題

慈覚大師円仁は、平安初期の比叡山3代目座主で天台宗中興の祖、「入唐求法巡礼行記」の著者として有名。その生誕地は説が分かれるが、出身の壬生氏の父方で生まれた、というのが栃木県下都賀郡壬生町大師町にある紫雲山壬生寺。母方で里帰り出産した、というのが栃木市岩舟町下津原にある高岡山高平寺とその別院の誕生寺。この二説が有力である。

誕生寺の方は一度だけ通りがかりに参拝したことがある。今日は一人ドライブの暇が出来たので、この二ヶ寺を半日ほどで回ってみようと、10時ごろに家を出た。カーナビに頼って北上、道路は空いていたので、1時間半ばかりで壬生町に着いた。思ったよりも古くて大きい街で、天平文化センターとか壬生城址などの案内標識もあるから、改めて再訪するのも良さそうだ。

壬生寺はそう大きな境内ではないが、中央の大銀杏の立ち姿がまず眼に入る。

20211212__img_7538

本堂、朱塗りの大師堂、六地蔵堂、山門、鐘楼など。

20211212__img_7519

一隅にはもちろん慈覚大師御産湯井が。今も水が流れている。

20211212__img_7533

ご朱印をいただきたかったが、「コロナのためご朱印はお休み」の貼り紙。隣接の壬生寺保育園にも日曜日で人影が見えないのであきらめた。(T_T)

20211212__img_7527

次は栃木市内から太平山や岩船山の下を走って高平寺まで。途中のコンビニで軽くサンドイッチの昼食。道路から一段高く、三毳山を背景にして朱塗りの山門、鐘楼の眺めがきれいだ。庫裡の背後には梵字池、不動堂なども。ここも、ご住職が外出中でご朱印はいただけず。本堂の中を覗くと葬儀の後のようだったから、仏事の後のお斎なんだろうな。

20211212__img_7541

20211212__img_7553

少し戻って別院の誕生寺は林の中にお堂と慈覚大師像などが落ち葉に埋もれていた。

20211212__kimg0132

弘法大師ではないから、持ち物は杖と巻物。

20211212__img_7560

ここもやはり、柵と金網で囲われた「慈覚大師産湯の井」が。

20211212__img_7566

そろそろ切り上げて帰途につく。この辺りからは大体知っている道筋で、3時頃に無事帰宅。

壬生町ももう少し見たいし、ご朱印も無いとなればなお欲しくなる。まあ、次の機会にでも。

 

| | コメント (4)

2021年12月10日 (金)

路352:宅配BOX

半世紀前、遠方へ嵩張る荷物を送るには、自分で担いでいくか、国鉄の駅留めのチッキで送るか、「飛脚さん」を使うかぐらいだった。今では、何でもかんでも宅急便で気軽に速く安く送ることが出来るのはありがたい。とはいえ、受け取る方では家に居なければならなかったりして、それなりに不便もある。お隣で預かっておいて、というのも今どきでは無理か。コロナのおかげで、まあ「置き配」でもいいか、とはなったが、それはそれで玄関先への放置も心配。駅やコンビニで宅配ロッカーをよく見かけるようにもなった。

今日のウォーキング途中に、お家の玄関前で宅配BOXを見かけた。なるほど、これなら宅急便のお兄さんにも受け取る側にも便利である。

20211210_img_7513

宅急便にせよ、ウーバーにせよ、ネットを使った新業態は、消費者には便利であるが、その裏では労働者の搾取が深刻化している。”成長で分配を”などという甘言に騙されているようでは、この国の行く先は亡国々々。

 

| | コメント (5)

2021年12月 9日 (木)

印263:干支の小印を更に追加で

干支の小印をあちこちでバラ撒いていたら残り少なくなったので、更に追加で粗製濫造、壬寅4顆と寅6顆。「壬寅(みずのえとら)」だと、次に使えるのは60年後になってしまうのだが。

45_img_7507

一顆だけ、25×10ミリで。ハガキに捺すには大きすぎるかも。他はすべて10ミリ角。

45_img_7510

「寅」だけなら12年後に、「壬」なら10年後に再利用できるのだが。

45_001

ご希望の方はメールかカキコミで連絡いただければ、取り置きまたは郵送いたします。全無料、早い者勝ちで。(^^)/

今日やっと郵便局で年賀はがきを買ってきた。自分の家の分にもいい加減取りかからなければ。

20211209_img_7512

 

 

 

| | コメント (0)

印262:坤為地印を11ヶ月ぶりに

酔仙がブログで知り合いのアンクルさん。「黄昏の冬じたく」では毎年年頭に一年間を易で占っている。1月3日のブログによれば今年の運勢は「坤為地」と。酔仙はそれを印にして彫っているのだが、今年はずっと印刀を手にすることもなくサボりっぱなし。ようやく、干支小印の粗製濫造の合間に、坤為地をチャチャッと彫ってしまった。11ヶ月ぶりか。

20211209__img_7505

手抜きの為もあって、白文で。我ながら雑な彫りだが、まあ一年越しにならなかっただけましか。(><)\ボキャッ

20211209__001

40×12ミリ。坤為地は初爻から上爻まですべて「陰」。いわば、オール陰ワン。母なる大地の包容力を示すのか。踏みつけられ続けた一年だったようにも思うのだが。

 

| | コメント (0)

2021年12月 7日 (火)

雑904:移動販売車がやってきた

酔仙の団地も少子高齢化が進行して、車の運転をあきらめる人も増えてきた。9月末にはHW駅までのシャトルバスも廃線になった。市のデマンド交通の代替の巡回バスも駅まではつながらない。限界集落の買い物難民が懸念されるなか、市内で移動販売の会社が起業された。先日、「ベジテーブル」という会社の社員が飛び込みで宣伝に来宅して、ちょっと話を伺った。ググると沖縄や新潟にも同じ名前の企業があるが、たまたま同名がかぶっただけと。

今週から、毎週火曜日に団地の公園4ヶ所を巡回しながら販売を始める、とのチラシ。

(↓クリックして拡大)

20211207__001

他人に勧める前に、まずは自分で買って試して見なければ、と今朝の10時に公園に出かけた。初回なので、10人以上ものお客様。

20211207__img_7501

野菜や食料品などバラエティはある。一人二人暮らしで少量づつならけっこう役立ちそうだ。

20211207__img_7500

品切れしないよう、巡回途中で品物を補給していくから、遅い方の公園でも大丈夫ですと。うまく立ちあがって続いてくれるとありがたい。

 

| | コメント (4)

2021年12月 6日 (月)

雑903:秋の防災訓練

昨5日は好天の日曜日。早朝の町内一斉清掃の後、9時から2丁目、3丁目での秋の防災訓練。

震度5強以上の地震で家族が無事なら玄関に白いタオルを括りつける。班長が確認して防災本部で報告をまとめる。恒例の訓練だが、「忘れていた」という家もそこそこある。

グランドで、消防署員の説明を聞きながら、消火訓練。

20211205_23_img_7482

バケツリレー。76年前も同じことをやっていたのか。

20211205_23_img_7486

担架の使い方も。防災用の工具箱には、バール、スコップ、カケヤなど色々入っている。

20211205_23_img_7492

体育館に戻って、AEDを使っての心肺蘇生の訓練。

20211205_23_img_7496

11時半ごろ終了。けっこう盛りだくさんの内容だったが、さていざ大震災となればどうなるか。

 

| | コメント (2)

2021年12月 3日 (金)

路351:農家の跡地が更地に

ウォーキングコースの途中のお百姓さんのお家。周りの田畑が売られて8軒ほどの建売住宅になった。その内一軒がお百姓さん家の新居で大きな平屋の建物。元の古い建物は重機が入って取り壊されていった。

20211121_img_7277

今日通りかかったら、もうすっかり更地と少しばかりの竹やぶになっていた。この後どうなるのかな?

20211203_img_7385

石神さまらしい碑と石の大黒さんの像とが路傍に片寄せられていた。まさか捨てられはしないだろうな。新居の片隅にでも祀ってもらえればいいのだが。かといって、酔仙家に引き取る場所も無いしなあ。

インフラの整った団地は空き家が増えて限界集落化。一方で、農地転用規制が緩和されたので、農道にアスファルトを貼っただけのミニ開発住宅が乱立、末はインフラ不足のスプロール住宅エリアとなるだろう。先のわかり切った愚かな土地政策がなぜ続くのか。

 

 

| | コメント (0)

2021年12月 1日 (水)

路350:春日部には路上ネタがいっぱい

春日部の忘年会への途上、けっこう面白いものをいくつも見つけたのでまとめてアップ。

駅には指名手配と拉致被害者の顔写真がいっぱい。

20211130__img_7353

東アジア反日武装戦線って、昭和50年の話。生きていたら67歳の前期高齢者、この顔写真では判らないなあ。

20211201__72011_17

玄関、壁面、屋根まで猫や鳥の飾り物がてんこ盛りのお家があった。過ぎたるは猶及ばざるが如し。

20211130__img_7376

鉄の支え棒に街路樹が喰いこんで奮闘中。

20211130__img_7356

本当は「三須」医院なんだけれど、カタカナにすると何だか医療ミスを連想するのは考え過ぎか。

20211130__img_7354

| | コメント (2)

遊375:春日部でリアル忘年会

昨30日は、元の会社の同期での北関東会。と言っても所用で欠席の者もいて、4人での昼食会となった。春日部駅前で待ち合わせて、やまや新館へ。赤提灯ではなくて、割烹料理とビジネスホテルのビルだった。

20211130_by_55712966c8654b6780913e973042

病気自慢だけでなく、色々な話しが出てきて、楽しい時間を過ごした。ZOOMも便利だが、やはりリアルの飲み会は楽しい。S幹事さん、お手配ありがとうございます。

20211130__img_7370

当面はなぜかコロナが下火でも、状況をみると正月明けのリバウンドが懸念されるが、さてどうなる。せいぜい美味しいものを食べて抵抗力を付けておこうか。(>_<)\バキャッ

 

| | コメント (4)

« 2021年11月 | トップページ | 2022年1月 »