« 雑900:三日月と金星 | トップページ | 雑901:詐欺メールが続く »

2021年11月 9日 (火)

本225:高丘親王航海記(近藤ようこ/原作:澁澤龍彦)

高丘親王航海記の第4巻(最終巻)が発行された。今日の雨の中、羽生イオンモールに出かけたついでに未来屋書店を覗いたら、ちょうど棚に並んでいた。さっそく買って持ち帰る。

20211109_img_7101

最期はやはり虎に我が身を食わせて渡天竺を図る。弟子たちが残った骨を拾うシーンが淡々と描かれる。そういえば来年は寅年、寅の小印彫りもがんばらねば。

電子書籍もあるので、そちらのほうが場所を塞がず便利なのだが、途中まで紙の本で買ってしまったので、最後の4巻目まで揃えた。

澁澤龍彦は1987年に59歳で没。ググると、北鎌倉の自邸は庭、建物や室内の調度なども独特の趣きがある。家族の方が住んでおられるので非公開だが、一度くらいは見学したいものだ。

 

|

« 雑900:三日月と金星 | トップページ | 雑901:詐欺メールが続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑900:三日月と金星 | トップページ | 雑901:詐欺メールが続く »