« 雑888:鳥の巣を拾う。病気自慢がまた増えた(緑内障)。 | トップページ | 雑889:今度はメルカリを騙る詐欺メール »

2021年10月20日 (水)

本224:ゴールデンカムイ(野田サトル)を27巻まで読了

電子マンガのスキマで、ゴールデンカムイの27巻までを読了した。明治の北海道から樺太にまたがっての、冒険とサバイバルの綺譚。奇想の大展開と、間を埋めるアイヌの狩猟生活の緻密な描写。とはいえ、週刊ヤングジャンプでの2014年の連載開始以来7周年目、話はまだまだ進行中。今回は、鶴見中尉が明かす過去の伏線の壮大なつながり。続編に目が離せない。

20211019_

一巻が564コインとちょっと高めだが、一巻で10話/約200頁と読みでがある。1~10巻までは無料サービス、1円で1.2コインの割引購入サービスもあるので、((27-10)話x564コイン÷1.2円)÷27話=実質295.9円/話だから、まあお値打ちだと思う。

電子書籍もだいぶん普及してきたが、マンガなら場所を取らずに読めて(見て)ありがたいものの、文章を読んで頭に理解しようとする作品ではツルツルと上滑りしてしまう感じがする。

 

|

« 雑888:鳥の巣を拾う。病気自慢がまた増えた(緑内障)。 | トップページ | 雑889:今度はメルカリを騙る詐欺メール »

コメント

読む(見る)つもりはありませんが、明治の
北海道から樺太にまたがっての、冒険とサバ
イバルの綺譚、間を埋めるアイヌの狩猟生活
の緻密な描写、という点には興味を覚えます。

投稿: yonex | 2021年10月21日 (木) 10時08分

作者が北海道出身であり、アイヌの衣食住の
生活文化については入念な取材が重ねられて
います。アイヌ協会などからも高い評価を
得ているようです。

暇なときにでもちょっと覗いてみて下さい。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2021年10月21日 (木) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑888:鳥の巣を拾う。病気自慢がまた増えた(緑内障)。 | トップページ | 雑889:今度はメルカリを騙る詐欺メール »