« 雑882:銀杏(ギンナン)拾い | トップページ | 雑884:メダカの引っ越し »

2021年10月 3日 (日)

雑883:ハッピーエール券

S手市から、「ハッピーエール券」二人分計2,000円が届いた。景気浮揚のためのバラマキ方策。ヘリコプター・マネーとも言う。金額的には竹とんぼ程度か。市の人口が5万人だから、5千万円と手間賃とがかかっている。コロナ対策というよりも地元商工会対策か。総論はさておき、各論として少しは美味しいので、使ってあげよう。

20211003__kc4b1309

 

10/3 追記

ヘリコプター・マネーとか、パンとサーカスとか、この国の現状を考えていくとその先は、ベーシック・インカムの発想をそろそろ真面目に検討してもよさそうだ。

原始的なムラの社会では、ムラの成員の誰もが最小限の食い扶持を得ていたという(楢山節考では限界での切り捨てを描いているが)。ムラが、国に、世界に、と拡大していく。その中で、底辺の階層をどう養っていくのか?もしくは、どう分離固定するのか?どう切り捨てるのか?どう引き上げるのか?それとも、革命なのか?

日本国憲法第25条「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」

取りあえずベーシックインカムが実施されたとする。働いても働かなくても働けなくても、人民一人々々の腹を満たして、子供は小中学校の義務教育を無償で受けられる、「最低限度の生活」。その一方で、働いても働かなくても相応以上の収入を得て、子供に学歴を与えて、目指すは次の階級。なんかまずい分断社会のような。

中国五千年の歴史を見ると、人口増加>食えない>戦乱飢餓疫病/革命>人口減>安定>人口増加、の繰り返しである。戦乱によらず、平和時に人口減少に向かっているこの国は、人類歴史上はじめての試行ケースかもしれない。支配層による階級分断、利益独占ではなく、万民が鼓腹撃壌できる社会とは何なのか。誰かがそのイディアを提示しなければならない。

 

|

« 雑882:銀杏(ギンナン)拾い | トップページ | 雑884:メダカの引っ越し »

コメント

埼玉の酔仙様

ソ連の崩壊で共産主義がダメと分り、一方
アメリカの資本主義では持てる者はますます
太り痩せる者はますます困窮していくと
いう事が分かって来ました。日本なんかまだ
ましな方の国と頻りと聞かされています。

コロナで失業した人、学費が払えず大学を
中退した人もあるとか。Go To ○○は金と
暇のある人が対象ですが、そんな事に金を
使わずに失業者や貧しい学生の援助に使って
欲しいですね。ついでに我が家にも少し
援助が欲しい。
    一平

投稿: 水無月一平 | 2021年10月 6日 (水) 21時17分

ソ連はロシアツアーリズムの国となり
中国は大中華帝国復興へと進んでます。
資本主義では、景気が良くなれば、上からの
おこぼれが下まで滴ってくると言われますが
コロナ不況となれば、先ず下から生活崩壊が
始まります。

アダム・スミスもマルクスもだめなら、さて
次の時代の指標はどうなるのか?

年金生活の身としては、年金基金が崩壊せずに
維持してくれるのかが大問題。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2021年10月 6日 (水) 21時46分

最近の日本は、成長で中国、韓国にも、追い越され、益々国民が貧しくなっています。AB,SGの長い間の悪政によって、今や過去のジャパン、アズ、ナンバーワンは見る影も有りません。
国民も本当に現状を理解する必要が有ると思われます。
今のままだと、夫婦のダブルインカムで、やっとの生活になっていきそうです。
我が家も、今でも配偶者に働いてもらっています。小生は年金生活者です。

投稿: 湘南の風 | 2021年10月 6日 (水) 23時09分

夫がブラック会社の企業戦士で、妻が専業主婦で
子どもが2,3人。そんな時代はもう終わったか。
共稼ぎで仕事に生きがいを、というのもありだが、
一歩間違うと、子育てサポートもないままに
共稼ぎでなければ食えない労働搾取に陥り、
子どもどころではないという、貧困拡大と人口
縮小社会になりそうです。

資本主義のシステムのままに、精神論での
富の分配を接ぎ木しても、枯れるばかり。
富の共同と個人の自由が保障されるような
新しい社会思想がこれから現れるとすれば、
どんなものになるのだろうか?

投稿: 埼玉の酔仙 | 2021年10月 7日 (木) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑882:銀杏(ギンナン)拾い | トップページ | 雑884:メダカの引っ越し »