« 雑843:またも連続詐欺メールを受信 | トップページ | 政153:東京五厘中止の社説が »

2021年5月26日 (水)

雑844:今晩の皆既月食観測は不発に

今晩26日夜は皆既月食が観られると。南東方向、満月の出から間もなく、20:09~20:28の約20分間。日中は雲と青空が入り混じって、大いに期待を持たせる空模様。

20210526_

一丁目のアマチュア天文好きのNさんから、団地の南の田んぼを渡った先の用水路の橋の所で早めにスタンバイしているとの連絡。酔仙も夕食後にぶらぶらと出かける。

20210526__img_6121_20210526220101

Nさんご夫妻と合流して、三人で夜空を見上げていた。時々雲が薄くなるとスピカだけがやっと見えるが、満月はさっぱり見えない。小一時間待ったが、あきらめて撤収。

20210526__img_6115

でもまあ、浮世を離れて夜空を見上げながら、あれこれと清談俗談も楽しかったので、とても満足な時間を過ごせた。おっと大吟醸を持っていくのを忘れた。次回は忘れないように。(><)\ボキャッ

 

|

« 雑843:またも連続詐欺メールを受信 | トップページ | 政153:東京五厘中止の社説が »

コメント

用水路の夜景写真、きれいですね。。。
なんちゅうか・・清らかです。

月蝕。私はいつもの"ご近所旅行エージェント"の企画で、鳥取砂丘で月の砂漠・・に一泊参加して来ました。当初のイメージでは、砂丘に寝転がって夜空を眺めるつもりでしたが、数日前に「ごめんなさい」電話が。なるほど、日本海は北側。
焦りまくった添乗員(実は雨女)は、湖山池(日本一大きい池)の湖畔の阿弥陀堂を確保してくれました。こんな時節ですので、参加者はジジババ3名 + (添)でタクシーも一台で済む。「雲の何処に月宿るらん・・」状態でしたが、夜の御堂は得難い経験。

砂の美術館(チェコ スロバキア篇)、民藝館、帰りに寄り道した智頭の街も良かったです。

私も7月にワクチン予約できました。本来、コールセンターで予約するはずのが、別件で受診したクリニックで「枠がありますから」と。第一回目の予約開始では完全に出遅れましたから、接種が決まってホッとしました。かなりストレスになってたんだと気付きました。

投稿: ぷうぷう | 2021年5月30日 (日) 11時33分

>用水路の夜景写真、きれいですね。。。

えっと、真ん中の写真は、田植えが終わって
水の張られた田んぼの夜景です。一昨年の
台風19号騒ぎでやっと知ったのですが
万一、利根川が決壊したら、この辺りの家の
二階あたりまで水に漬かります。昭和22年の
キャサリン台風時にはこの辺りは一面の湖
状態だったかと。(>_<)

>湖山池(日本一大きい池)・・・

一応、「水たまり<沼<池<湖<海」という
順番なんですが、境界線はどうもはっきり
しないです。「湖山湖(日本一小さい湖)」
でもよさそうですが、それでは客が来ないか。
「阿弥陀堂」とは言っても古い寺社ではなく
昭和39年築の、民藝美術館別館ですね。
展望もよさそうで、ここの茶室で湖からの
風に吹かれながら、大吟醸など味わいたい
ものです。

コロナワクチンも、皆さんどうにか接種の
予約までは漕ぎつけられたようで、祝着々々。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2021年5月30日 (日) 12時03分

浮世を離れて夜空を見ながら
清談俗談。
 普段は無い趣きで、これも
 また良し、ですねぇ。

東京も曇りで見ることが出来ませんでした。
次回の皆既月食は来年11月8日にあるらしいですよ。

投稿: 太郎 | 2021年5月31日 (月) 21時15分

山の歌で、♪槍や穂高は隠れて見えぬ、
見えぬあたりが槍穂高♪というのがあります。
まあ、そんな心境で清濁合わせて悠々として
ありたいものです。

日食ほどのインパクトは無いものの、月食の
頻度はけっこう高いです。例によってWikiで
ググったら、

2021年11月19日 部分月食(最大約98%)
2022年11月8日 皆既月食

寿命のあるうちに、まだ何度かは見る機会が
あればいいなあ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2021年5月31日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑843:またも連続詐欺メールを受信 | トップページ | 政153:東京五厘中止の社説が »