« 政152:正論一件と腐臭一件 | トップページ | 路342:今日は粗大ごみの日 »

2021年5月11日 (火)

雑838:ウォーキング途中で花を撮る

この季節には、ウォーキング途中で色々な花を見かけるので、デジカメ持参が欠かせない。知らない花は、帰宅してからグーグルの画像検索などで捜してみる。

垣根に咲いているのは、スイカズラの仲間で、多分、ツキヌキニンドウか。でも花の色が少し違うかも。

20210511_img_6060

こちらは、ツルニチニチソウ、もしくはヒメツルニチニチソウ。

20210511_img_6055

スマホなら、花や葉の写真をパシャッと撮って、その場で画像検索して名前を教えてくれるアプリもあるそうだが。図鑑と首っ引きで捜す力はつかないだろうなあ。

 

|

« 政152:正論一件と腐臭一件 | トップページ | 路342:今日は粗大ごみの日 »

コメント

ごきげんさん、送信しようとしたらブログで(冷や汗)やっぱ田舎の時代遅れおばさんになりはてたか?この状態を愛していたのか、いい田舎地方自治体暮らしを楽しみ面倒くさがってます。草の勢いは強く雨と高温が続くと荒れ家屋になってしまいますwAO!木曜にPCに気が向けば、また書いてみます

投稿: ふじさわとしこ | 2021年5月13日 (木) 11時37分

因幡晃の「わかってください」は、最近カラ
オケで初っ端で歌う曲目ですが、「忍冬」も
愛唱してます。

♪恋の匂いさせずに そばにいたいわ
失くせない人だから つづけるひと幕友達芝居
忍ぶという字は 難しい 心に刃を乗せるのね
時々心がいたむのは 刃が暴れるせいなのね♫

冬でも葉が萎れないので、忍冬というとか。
花言葉は、愛の絆、献身的な愛。


投稿: yonex | 2021年5月13日 (木) 11時51分

>PCに気が向けば、また書いてみます

としこさま、ご来訪ありがとうございます。
時代遅れどころか、すごい進歩ですよ。
水茎の跡麗しい書簡も素敵ですが、酔仙には
とても無理。もっぱらキーボードを叩き
まくっています。(~_~;)
続いてのカキコミ、期待しております。
おっと、こちらで記事をアップするのが先か。

>心に刃を乗せるのね

「忍」という字は刃と心、字義は何だろう?
白河静/常用字解では、骨と骨を結びつける
靭(ジン)帯に同じ、強靭さの意を移した
ものと云々。白川さんにしてはちょっと
苦しい説明だなあ。
アステカ文明風に、刃物で生贄の心臓を
切り取って、という光景のほうが分かり
易いかも。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2021年5月13日 (木) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政152:正論一件と腐臭一件 | トップページ | 路342:今日は粗大ごみの日 »