« 本208:吉祥天女とイヴの眠り(吉田秋生) | トップページ | 路338:街で見かけた表示 »

2021年3月 8日 (月)

路337:コーヒー豆だけです

酔仙家でのコーヒーは、近所のひいきの「豆屋」で買ってきた豆200gを冷凍庫で保存しておいて、飲む分だけをつど挽いてペーパードリップで淹れるだけ。スーパー辺りで買った豆だと、湯を注いだ時に粉がぷっくり膨らまないこともあるが、鮮度の問題かな。豆屋ならほぼいつもぷっくりと美味しく膨らんでくれる。

でも、豆を売る、というこだわりがあるのか、入り口にはこんなメッセージボードも。

20210306_img_5498

夫婦お二人での、コーヒー豆と陶磁器の小さなお店。酔仙的には、コロナ禍で蟄居中のK日向団地の高齢化世帯に宣伝すれば、もっと流行るだろうと思うのだが、そういうお店ではないからなあ。

ご近所の方は一度ご来店ください。(↓クリックして地図を拡大)

20210308_

おっと、現在は定休日が月・木・金となってます。

 

 

 

|

« 本208:吉祥天女とイヴの眠り(吉田秋生) | トップページ | 路338:街で見かけた表示 »

コメント

埼玉の酔仙様
久喜駅の西の方に「甘党院」と見えるのですが
ここはぜんざいやお汁粉などの甘党の店ですか?
気になります。
    一平

投稿: 水無月一平 | 2021年3月 9日 (火) 20時15分

ガリガリと豆を挽きだしてから飲むまでに掛
かる時間は、どのくらいですか。

投稿: yonex | 2021年3月 9日 (火) 21時52分

>西の方に「甘党院」と・・・

甘党ではなくて、「甘棠院」というお寺です。
実はこのお寺のご住職が学校の先生で、酔仙も
お手伝いしているパソコンサークルで親しく
していました。でも、亡くなられてから何年も
経ちます。

寺は、古河公方足利政氏により1519年開創、
というから、由緒があります。「甘棠」は
詩経召南の周の召公の故事からひいている
のかと。

>挽きだしてから飲むまでに・・・

独身時代に新宿で買ったコーヒーミルをずっと
使っていて、手順が身についてますから、まあ
10分もかからないかな。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2021年3月 9日 (火) 22時49分

埼玉の酔仙様
アリャ! 「とう」はとうでも字違いでしたか。
変だなとは思ったのですが・・・。

由緒あるお寺のようですね。ご本尊は釈迦三尊
像とか。
ご開帳でもあれば拝観したいものです。
境内には梅の木もあるようで、訪ねるのに
今がいい時期かもしれませんね。
    一平

投稿: 水無月一平 | 2021年3月10日 (水) 21時02分

甘棠院ご住職の先生とは親しくしていたの
ですが、お寺の方には伺ったことがありません。
折を見て尋ねてみたいものです。

名所旧跡とまではいかなくても、何かの時に
見聞きして、行ってみたいな、でもまあ
次の機会にでも行こうかと思った所が沢山
あります。生きているうちに、もう少し々々
たずねてみたいものです。

ここ関東では浄土真宗のお寺が少なくて
市内では浄誓寺だけです。両親の7回忌には
そこのご住職に法事をお願いしました。
境内には、「平将門の首塚」がありますので
ここにはしっかり参拝してきました。
まあ、塚の上にぽろりと古い五輪塔が立って
いるだけなんですが。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2021年3月10日 (水) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本208:吉祥天女とイヴの眠り(吉田秋生) | トップページ | 路338:街で見かけた表示 »