« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月29日 (月)

路340:参拝の前と後には

騎西町の玉敷神社に参拝したら、入り口の手水舎の前に、「お参りの際は手水の代わりに消毒を!」と。

20210329__img_5771

戻りには、「お帰りの際も必ず消毒を」と。

20210329__img_5776

とはいえ、宮城、沖縄、大阪は既にリバウンド、第4波の様相。神様のご加護がありますように。(-人-)

え? 五厘、聖火リレー? 何をアホなこと言うてまんねん。

 

 

| | コメント (2)

雑824:「口座からのお支払い」という詐欺・恐喝メールを受信した

今日は朝っぱらから、「口座からのお支払い」という詐欺・恐喝メールを同文で2件受信した。内容は「あなたのパソコンをハッキングした。あなたの性的な動画などのファイルを家族友人知人に公開されたくなかったら、16万円相当をビットコインで支払え」というものである。よくある怪しげな機械翻訳調ではなく、流ちょうな ”説得力のある”日本語である。(笑)

そのまんま、埼玉県警サイバー犯罪窓口へ転送し、捜査摘発をお願いしたが、さて。

念のため、ネットでググってみたら、あちこちの警察や情報サイトで類似の注意記事が出ている。電気通信大学情報基盤センターのサイトに示されている見本は、酔仙あてのものと全く同文である。

(↓クリックして拡大)

20210329_

こういう特殊詐欺の類は、「無視しましょう、削除しましょう、電話を切りましょう」では、絶対になくならないということを、いい加減認識して欲しい。「騙された振りして、おとり操作 捜査 で逮捕して、感謝状と金一封」、これしかないのだがなあ。(~_~;)

 

| | コメント (2)

2021年3月28日 (日)

遊369:27日は、中川でお花見チェアリング

昨27日も、ここち良いお花見日和り。午前中、ママチャリに折畳み椅子を積んで、少し先まで足を伸ばす。午後に車の用事があるので、缶はオールフリー。(~_~;)

まず高須賀池公園へ行ってみる。広い芝生に池の周りの柳の芽吹きもきれいだが、花見するだけの桜が無い。

20210327__img_5699

背後の中川の橋を北に渡る。狐塚の公園は桜の樹も見頃で、お寺の境内の枝垂れ桜もきれいなのだが、道路を走る車の騒音が邪魔になる。

20210327__img_5715

少し奥に入ると、中川の河川敷を散歩と公園に整備してある。東屋の前に二三本の桜も咲いていて、堤の菜の花の黄色が明るいので、ここに椅子を広げる。

20210327__img_5713

たまに散歩の人が通りかかるぐらいなので、のんびりとおにぎり弁当をいただく。

20210327__img_5703

ここの桜ももっと大きくなるといいな。

20210327__img_5706

帰りは、中川の堤の上の道を通る。いきなり派手な色の雄の雉が道を横切って川っぷちへ。やっと一枚だけ撮れた。

20210327__img_5718

川幅も広く、河川敷や土手に菜の花が咲いている。人っ気もほとんど無いので、水鳥には格好の休み場所。こちらには何十羽かの大きな群れも。バードウォッチャーには穴場かもしれない。

20210327__img_5727

午後から夜は、次男の帰省、民生委員/自治会の打合せと、忙しい半日になってしまった。

 

| | コメント (0)

遊368:26日は調整池で三人花見

一昨日26日は、ゆうゆうクラブ(町内の老人会)のお誕生日お祝い配りなど済ませた後、Uさん、Hさんと三人で、二丁目の調整池の桜を眺めながらのお弁当と花見酒。

20210326__img_5687

ここは東屋もあって良い場所なのだが、花見や散歩の人はほとんどいない。

20210326__img_5689

あらかた飲み食いしたところで風が強くなってきた。すぐそばのUさん宅でコーヒーでも、と誘われ、お邪魔して、また三人で話しの続き。

ここ数日の桜陽気で、町内を流れる用水路にも、一尺ほどの大きな鮒が次々と遡上してくる。

20210326__img_5684

酔仙のオヤジが元気なころは、自分で鮒を釣ってきては樽一杯の鮒ずしに漬けこんでいたなあ。

 

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

遊367:弦代公園でお花見チェアリング

今日は昼食後に折畳み椅子をかついで、弦代公園までお花見に出かける。休肝日なので、コンビニでノンアルコールビールとおつまみなどを用意。

20210325__img_5667

去年と同じ、池のそばの築山の上、二本の桜の樹の間に椅子を広げる。

20210325__img_5671

でもなあ、今日は朝からあいにくの曇り空。晴れる気配もなく、せっかくの桜の花色も冴えない。

20210325__img_5672

他には花見客もいないし、池の周りの散歩の人もいつもより少ない。そのうち風も少し寒くなってきたので、雑誌を少し読んだだけで、早めに切り上げて帰宅。花見にはやはり日和が大切。

 

 

| | コメント (3)

2021年3月23日 (火)

遊366:西公園でお花見チェアリング

今年の桜はかなり早そうだ。今日はお昼から、コンビニ弁当と折畳み椅子をかついで、町内の西公園でお一人様お花見チェアリング。昨年と同じ。

グランド寄りの日当たりの良い辺りは既に満開に近いが、ちょっと狭いかな。

20210323__img_5648

南の方は5分咲きくらいだが、こぶしの花やケヤキの新芽とも交じって、目の前に広場が開けているのでこちらに椅子を広げて腰を据える。

20210323__img_5640

子どもたちを交えてシートを広げているのは、ママ友仲間のグループかなんかだろう。

20210323__img_5641

一人で弁当を食べながらのんびり缶ビールなどをいただいていると、次々に知り合いが通りかかる。Nmさん、Ngさん、Tさんご夫妻など。最近の話題など立ち話しながら、いや、酔仙自身は横着に座ったままだが。

今春第一回のお花見は、日和も良くてゆっくりと楽しめた。権現堂の桜はまだ少し遅れていて一分咲きくらいだとか。大人数での宴会花見はダメだが、一人花見か小人数での花見は大丈夫だろう。さて次はどこへ行こうか。

20210323__img_5650

 

| | コメント (2)

2021年3月19日 (金)

雑823:ハナミズキの水

酔仙家の玄関先のハナミズキの樹。冬の間は葉も落ちて寂しいが、桜が咲く頃に先立って、春の芽立ちの準備に地下から水を吸い上げ、古い切り口などから余った水があふれてくる。

20210319_img_5631

ちょっと舐めてみたが、ただの水の味だった。

20210319_img_5629

一青窈の歌詞の ”百年続きますように” は、ちょっと苦い味がする。

 

| | コメント (4)

2021年3月18日 (木)

雑822:ウォーキングは花を見ながら(2)

今日はウォーキングを兼ねて、K医院へ月一の薬を貰いに。ついでに弦代池なども廻って季節の花や鳥を撮る。

駅前の団地の中では、桜の樹が既に五分咲きか。

20210318_img_5607

池の周りでは、種類は判らないが既に満開に近い薄桃色の桜も。

20210318_img_5624

こちらは多分トサミズキかな。

20210318_img_5615

こぶしの花は、やはり青空との取り合わせが良い。

20210318_img_5627

お花見ももうすぐ。3/21には緊急事態宣言解除というのだが、ちょっと甘すぎるな。酔仙は、せめて、チェアリング花見でも楽しもうか。

 

| | コメント (2)

2021年3月16日 (火)

政148:スシローの開き直り

今日の朝日新聞朝刊・耕論で、会食政治についての三者の意見が掲載されていた。

20210316__

せっかくなので、この田﨑史郎、別名スシローの所述を記録しておこうか。

(↓クリックして拡大)

20210316___

いやはや、見事な開き直りぶり、貴重な反面教師である。なるほどこういうオッサン連中が会食しながら、日本を動かしてきたわけだから、今日のこの国の没落は当然の帰結ではある。

南無阿弥陀仏(-人-)

 

| | コメント (2)

2021年3月15日 (月)

路339:SAVE HONU

ウォーキング途中、最近建った家の前を通りかかった。8軒ほどのミニ開発の区画で、一戸が100坪ほどで、酔仙家の倍近くもある。住人がハワイ好きなのか、フェンスにいくつかのプレートが。

20210301_img_5487

"HONU"というのは、青海亀(あおうみがめ)のハワイ語で、SAVE HONU PROJECT という保護運動の一環らしい。もっとも、大航海時代以来、海亀を食べまくったのは欧米人たちであり、捕鯨や鯨愛護運動と同じような事情ではあるが。

それはさておき、酔仙の住む団地も開発後すでに30年以上たち、少子高齢化で老々、独居、空き家が目立ってきている。他方、周辺の農地では、宅地転用が緩和されて、農道にアスファルトを貼っただけの一戸100坪ほどのミニ宅地が乱開発されている。あと10年20年後には、既存団地は過疎化でインフラの維持も困難となり、他方、スプロール化したミニ開発宅地ではインフラ整備も困難になるだろう。

長い目で見れば、農地の宅地転用を抑制して、既存団地の住民の交代、循環を図った方が三方の利益になるのだが。どうも、目先の利得に走る人間ばかりが蔓延る。

 

| | コメント (2)

雑821:ウォーキングは花を見ながら

この早春の季節になると、ウォーキング途中で花を眺めるのが楽しみになる。

これは2週間前の梅の花。今はもう散り際。

20210301_img_5486

木蓮も咲き始めるとあっという間。

20210310_img_5500

沈丁花はやはり春の香り。

20210315_img_5588

 

| | コメント (2)

2021年3月12日 (金)

雑820:酔仙家のコーヒー

「路337:コーヒー豆だけです」で、近所の豆屋さんを紹介したら、酔仙家のコーヒーの淹れ方についても聞かれたので、「まあ、10分もかからないかな」と答えたのだが、この際だからとキッチリ計ってみたら、11分かかっていた。(~_~;)

道具はいたってシンプルで、これだけ。コーヒーミルは、独身時代に新宿で買ったものを、ビクともせずにずっと使い続けている。さすがは、made in West Germany。

20210312__img_5578

お湯が沸いたら、挽いた豆に最初のひとそそぎをして30~40秒、ふっくらするまで待つ。後は少しづつ湯をぐるぐる回し入れていく。

20210312__img_5582

泡が湯の面を覆っているうちに淹れ終わる。カップは予め温めておいて、淹れ立ての熱いうちにいただくのが美味しい。砂糖、ミルク、おやつは好みで。酔仙はいつもキャベンディッシュのカップで2杯いただく。

20210312__img_5583

昔は、やれ、エスプレッソだ、パーコレーターだ、水出しコーヒーだ、などと試したものだが、結局、このペーパードリップが一番手軽で美味しく作れる。

 

 

| | コメント (3)

路338:街で見かけた表示

街を歩いていて、こんなちょっと面白い表示を見かけた。手書きのお地蔵さんが楽しそう。

20210311__img_5553

もう一つはトイレネタ。一歩前へ、効果はありそうだ。

20210311__img_5554

 

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

路337:コーヒー豆だけです

酔仙家でのコーヒーは、近所のひいきの「豆屋」で買ってきた豆200gを冷凍庫で保存しておいて、飲む分だけをつど挽いてペーパードリップで淹れるだけ。スーパー辺りで買った豆だと、湯を注いだ時に粉がぷっくり膨らまないこともあるが、鮮度の問題かな。豆屋ならほぼいつもぷっくりと美味しく膨らんでくれる。

でも、豆を売る、というこだわりがあるのか、入り口にはこんなメッセージボードも。

20210306_img_5498

夫婦お二人での、コーヒー豆と陶磁器の小さなお店。酔仙的には、コロナ禍で蟄居中のK日向団地の高齢化世帯に宣伝すれば、もっと流行るだろうと思うのだが、そういうお店ではないからなあ。

ご近所の方は一度ご来店ください。(↓クリックして地図を拡大)

20210308_

おっと、現在は定休日が月・木・金となってます。

 

 

 

| | コメント (5)

2021年3月 5日 (金)

本208:吉祥天女とイヴの眠り(吉田秋生)

ブックオフで大人買い注文しておいた、「吉祥天女」4巻と「イヴの眠り」5巻(吉田秋生)が店頭渡しで届いたので、さっそく受け取りに行ってきた。

20210305_img_5494

吉祥天女が1983年初版、イヴが2004年初版で、年とともに絵柄も結構変遷しているようだ。吉祥天女なぞは、上村一夫の影響が濃いような。中身は、さてこれから読んでみよう。

 

| | コメント (2)

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »