« 政146:国民の誤解・・・って? | トップページ | 本204:海街diaryと詩歌川百景(吉田秋生) »

2020年12月18日 (金)

路333:路上ネタ二つ。台貫とおそ松くん

車で近所を走っていて、ふと目についた道路わきの看板。出入り口の横に、「台貫」の文字。何かの業界用語なんだろうか?

20201217_kc4b1192

帰ってからググってみたら、"車両やその積載物の重量を測定する大型の秤"と。なるほど、それでトラックが出入りしているのか、と納得。

 

こちらも、近所の「極楽湯」の前で。昔懐かしい「おそ松くん」の宣伝幟を見つけた。酔仙の頃は少年サンデーか少年キングだったかな。マンガ第一世代だったので、”近頃の学生は/若いサラリーマンは、マンガなんか読んで”と、さんざんけなされていたものだが。

20201218_kc4b1193

 

|

« 政146:国民の誤解・・・って? | トップページ | 本204:海街diaryと詩歌川百景(吉田秋生) »

コメント

ググれば何でも説明される、便利な時代ですね。
子供の頃、お風呂屋さんの脱衣所に大きな体重計があり、
それを「かんかん」と呼んでいました。
Kg ではなく貫目表示でしたから、そこから来てたんでしょね。

投稿: ぷうぷう | 2020年12月19日 (土) 18時08分

昔は、お風呂屋さんでも学校の体重測定でも
目の前でクルッと針が回る体重計でした。
今は平たい台の上に乗るだけで、数字が
チカチカッとデジタル表示されます。
食べ物屋さんの秤も、昔の棹の重りと分銅から
今はデジタルで値段まで計算してしまいます。

便利な世の中にはなったんですが。
トランプやAG>SGのフェイクニュースも
あっという間に広がってしまう。
「便利は危険、安全は不便」だと。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年12月19日 (土) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 政146:国民の誤解・・・って? | トップページ | 本204:海街diaryと詩歌川百景(吉田秋生) »