« 本201:小学館PR誌「本の窓」がWeb版となった | トップページ | 本202:ポーの一族「秘密の花園Ⅰ」(萩尾望都) »

2020年11月27日 (金)

路332:生ごみ収集日とカラス

今朝は町内の生ごみ収集日。朝のウォーキングで通りかかったら、一ヶ所がこんな状態になっていた。

20201127_img_5058

カラス除けにネットをかぶせて重しをするルールになっているのだが、誰かがサボってそのまま置いて行ってしまったのだろう。カラスは賢いから、枯葉の入った袋などには目もくれないが、生ごみはすぐに見つけて食い破ってしまう。ワンコの糞は故意犯だが、これは過失犯。皆さん気を付けましょう。

 

|

« 本201:小学館PR誌「本の窓」がWeb版となった | トップページ | 本202:ポーの一族「秘密の花園Ⅰ」(萩尾望都) »

コメント

過失犯とは言い切れへんのとちゃうかな?
アホナ人間とカシコイ烏。

投稿: yonex | 2020年11月29日 (日) 12時23分

重過失になるでしょうね。
こういうアホな人間がいると、
「ゴミ袋には名前を書いてください」
「すべての道路に防犯カメラを」などという
監視社会を招くことになる。

ちなみに、酔仙は防犯パトロールの時に
ワンコの糞を見つけると、チョークで丸を
して日付を書きます。次に犯人が来た時に
注意を促すもので、割りに効果があります。
確信犯には効かないかもしれませんが。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年11月29日 (日) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本201:小学館PR誌「本の窓」がWeb版となった | トップページ | 本202:ポーの一族「秘密の花園Ⅰ」(萩尾望都) »