« 雑786:やっと秋空に秋の花 | トップページ | 政142:ライブドアが厚かましくもクッキー使用強制を »

2020年9月22日 (火)

本199:西遊妖猿伝・火焔山の章(諸星大二郎)

長らく途切れていた諸星大二郎の「西遊妖猿伝」の続編がやっと出た、と聞いたので、さっそくアマゾンで取り寄せた。税込¥836で、配送料¥410は割引無料ではお店は赤字かも。

20200922__

萩尾望都の40年ぶりの「ポーの一族」ほどではないが、何年ぶりになることか。絵柄も話の運びも、違和感なく再開。今回は高昌城に至って牛魔王の登場となる。これからの展開が楽しみである。諸星大二郎は1949年生まれの71歳。まだまだがんばってほしいものだが、さて無事に天竺までたどり着けるか。

 

 

|

« 雑786:やっと秋空に秋の花 | トップページ | 政142:ライブドアが厚かましくもクッキー使用強制を »

コメント

北海道東の旅から戻りました。
その中で「標津町ポー川史跡自然公園」を訪ね
ました。
ポーには共通性はないとは思いますが。

投稿: yonex | 2020年9月23日 (水) 06時47分

道東の旅行、うらやましいです。
コロナ対策は十分されたでしょうが、
帰宅後はまた隔離でしょうね。
酔仙はまだ八幡平より北には行ったことが
ありません。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年9月23日 (水) 09時28分

関西人には北海道は遠い存在ですが、関東人にはそうでもなさそうです。
周りには頻繁に北海道に来ているという関東人
も居ました。
温泉にでも行くような感覚なんでしょうか。

投稿: yonex | 2020年9月23日 (水) 12時36分

まあ確かに、生まれ育ったところからの
距離感が基本ですから。
逆に、関東人からは四国九州が遠いでしょう。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年9月23日 (水) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑786:やっと秋空に秋の花 | トップページ | 政142:ライブドアが厚かましくもクッキー使用強制を »