« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月29日 (月)

雑767:本格的な梅雨に入った

本格的な梅雨に入ったようだ。ウォーキング途中の畑の葉の上に、三匹並んだ雨蛙。

20200626_img_4346

町内の調整池は、今朝の雨で遊歩道部分にまで水面が上がっていた。

20200628_img_4350

酔仙家の玄関先にはアロエの花が見ごろ。ひとつの花茎が三又に分かれるので、今年もにぎやかに咲いた。

20200628_img_4352

| | コメント (4)

2020年6月28日 (日)

雑766:削除したデータの復元

しばらく前に、溜まっていた画像データをDVD-Rディスクに保存したのだが、2017年分のDVDディスクが読み出しできなくなってしまった。ディスクに追加カキコミをしようとして、削除状態になってしまったものか‥‥‥途中操作で、"セッションを閉じる"とか、"ファイナライズする"とか、画面で言われても、素人に判るわけがない。元データも削除してしまったしなあ。(>_<)

気を取り直して、"削除したデータを復元する方法"をググってみた。

最初は、DiskDigger というソフトを無料版でダウンロードしてみた。途中までデータ復元してみてうまくいったのだが、ファイル一件を復元するごとに5秒間の待ち時間が挟まれていて、つど次のファイルへクリックしなければならない。5321件のファイルを復元するためには、丸一日パソコンに貼りついてクリックし続けなければならない。(>_<) 

さもなければ、"一括ダウンロードのために、$14.99でライセンスを購入してください。"という事になる。まあ、IT資本主義の世界だなあ。(~_~;)

もう一度ググってみて、窓の杜で、Recuva  というソフトをダウンロード。今度は小一時間ほどでサクサクと一括復元ダウンロードを完了した。

20200628_img_4353

あの苦労はなんだったんだろうな。まあ、Recuvaの方も、より高次の機能を有料で、と売り込んではいるが、酔仙のレベルではこの無料バージョンで十分。ありがとうございました。

データを削除してしまって悩んでいる方のご参考までに。

 

 

| | コメント (3)

2020年6月24日 (水)

印241:希夷斎氏刻「健志」印二顆

今月上旬に次男家に孫息子が産まれた。3年前の長男家の孫娘に続いて二人目で、ありがたいことである。前回の時と同様篆刻工房希夷斎氏に名の印「健志」(けんじ)を朱文と白文で二顆お願いしたのが、早々と出来上がって手元に届いた。おまけには、疫除けのアマビエのシールも同封あり。

20200623__img_4336

印匣は酔仙自作。側款はめでたい金文字で。

20200624__img_4345

白文は甲骨文、朱文は金石文。各5分(15ミリ)角。字画の線の切れ味は、やはりプロと素人の差は歴然。とはいえ、酔仙もこれから彫りに取りかかろう。コロナ自粛でまだ孫の顔もネット経由だけだが、宮参りまでには何とか届けがてら顔を見に出かけたい。

20200623__001

 

 

| | コメント (6)

2020年6月20日 (土)

印240:来年の印を彫ると鬼が笑うか

今年もまだ(もう?)半年弱。少し早いが来年の干支の丑、牛の小印を彫り始めた。鬼が笑うかな。

20200620__img_4326

「丑」4顆、「牛」3顆。各ほぼ10ミリ角、一部は10×9ミリ。

   20200620__001

「丑」は、爪を立てて物を強くつかむ手の形。「牛」は、牛を正面から見た形。

 

 

| | コメント (4)

2020年6月17日 (水)

本195:ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー(ブレイディみかこ)

最近ずっと、まとまった本を読んでいない。毎月出版社7社から届く、薄いPR月刊誌も、30冊ばかり溜まってしまっている。取りあえず、新潮社の「波」を、6月号まで追いついて読んだ。ブレイディみかこ連載の「ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー」は、くだけた語り口ながら、イギリスの中底辺階層の生活や出来事を身近に感じさせてくれるので、酔仙も愛読。勿論、日本人の側の差別や偏見などもバッサリと斬りこまれる。残念ながら、3月号で終了となってしまった。

20200615_ywb_img_4294

読者の反応も良く、連載済み分から単行本化されている。新潮社もけっこう力を入れて宣伝しているようだ。

(↓クリックして拡大)

20200617_ywb

興味のある方は、新潮社の試し読みサイトからどうぞご一読を。

https://www.shinchosha.co.jp/ywbg/

 

 

 

 

| | コメント (2)

印239:四神印。4顆彫り上げる

昨年12月のブログで、大印用に買った印材が不良品だったため、割って磨いてやっと4個の自然石形印材にリサイクルしたことを記事にした。さて何を彫ったものかと思案していたが、4顆セットを生かして、東西南北の四神印を彫ることにした。

錐形で手持ち部分の小さい自然石形印材は、そのままでは印床に挟みづらいので、百均の「木かるねんど」で周りを巻いて、乾かしてから固定すると扱いやすい。印稿から、鏡を見ながら印面に布字していく。

20200615__img_4298

ほぼ彫りあがったら、外側をぽっかり割って印を取り出し、仕上げの補刀をして側款を入れる、という手順。

20200616__img_4309

予め下拵えを済ませておく。一昨日は一杯飲みながら一顆、昨日は休肝日で他にすることもないので印刀も進んで三顆。二晩で4顆が仕上がった。

20200617__img_4315

四神」は4つの色、4つの方角、4つの季節、などを象徴する中国の霊獣。

20200617__003

・玄武:黒/北/冬。28X20ミリ

・青龍:青/東/春。38X16ミリ

・白虎:白/西/秋。30X16ミリ

・朱雀:赤/南/夏。25X19ミリ

 

| | コメント (2)

2020年6月15日 (月)

雑765:エプソンのエコタンクプリンター

酔仙はエプソンのエコタンク搭載型複合プリンターに切り替えて3年になる。途中の修理でヤマダ電機の搬送ミスが幸いして、タナボタで新型に切り替えたりしたが、その後もまずまず順調に動いており、何百枚の大量印刷にも対応している。

今日の夕刊を読んでいたら、エプソンがその方針転換をした経緯が載っていた。

(↓クリックして拡大)

20200615___

元々は他のメーカーと同様、安いプリンターと高いインクカセットで稼ぐビジネスモデルだった。ところが、インドネシアで売ったプリンターが勝手に改造されて、肝心のインクカセットが売れない。ならばいっそ自分でエコタンク搭載型を作ってしまえ、というのが始まりだったと。なるほど、々々。

ただし、この記事では、これを企業の新製品開発の成功美談のように取り上げているのが、酔仙には気に食わない。国内市場を寡占してアコギな悪徳談合商法でぬくぬくと稼いでいたのが、グローバル化で海外企業から反撃を食らって、やむなく転針したというだけのことだろうに。

 

| | コメント (4)

2020年6月12日 (金)

印238:印箋

出来上がった篆刻の印を捺す紙を印箋(いんせん)という。いつも、試し刷りと保存のために使うのは三圭社の「楽篆クッキリ印せん」である。手元分を使い切ったので、ジョイフル本田の文具・篆刻コーナーで捜しても、ネット通販で捜しても見つからない。コロナ蟄居中で都内にも買いに出られないので、三圭社にEメールしてみたら、さっそく送ってもらえた。ありがとうございます。6冊、税送料込みで2,320円を買い置きしたので、何年間かは十分間に合う。

20200612_img_4292

酔仙手製の印箋は、四角い厚紙の縁に朱墨をちょいちょいと付けて、半紙にペタッと押しただけの間に合わせもの。まあこれでももっともらしくは見えるか。その内、きれいな自家製印箋を調製したいものだが、いつになるやら。

20200608__img_4268

 

 

| | コメント (3)

雑764:大臣マスク……って何?

今日スーパーへ買物に行ったら、コーナーにこんなのが。"今話題の、大臣マスク入荷しました。"

20200612_img_4284

何だそりゃあ?まさか、あのアホのタローの自衛隊マスクなんかが流行っているのか?

流行に遅れてはいけない。帰ってからさっそくググってみた。

20200612_

西村康稔とかいう、経済再生担当・新型コロナウィルス対策担当大臣が着けている折り返し立体布マスクが流行りなのだという。どう考えても官製流行の仕掛け人がいるのだろうが、表には出てこない。よほどうまく仕掛けを流している所を見ると、大元は ネトウヨ操作に手慣れた◇◇かXXか? さすがに、"アベノマスクが流行ってます"と仕掛けるのは無理なようだが。

流行りすぎると、西チャンがABに妬まれたりして。(笑)

 

| | コメント (2)

2020年6月11日 (木)

政136:53条違憲内閣がのさばる

今日の朝刊で3年前(!)の臨時国会召集請求をAB内閣が無視したことに対する那覇地裁判決が報道された。

(↓クリックして拡大)

20200611__53_001

AB内閣は、憲法に明記された召集請求を頭から無視し、"高度な政治性"を口実に司法判断も拒否すると主張。今回判決は、辛うじて「違憲と判断される余地がある(?!)」と述べただけにとどまった。日本語をまともに読める者なら、この内閣が憲法違反をしていることは明白である。日本語も読めない(読まない)内閣と司法がこの国を動かしているとは。

もちろん、「第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」は、はなから守る気もないのだろう。

亡国の途は止めようもない。

南無大師遍照金剛(-人-)

 

| | コメント (2)

2020年6月 9日 (火)

印237:一器浄食(いっきじょうじき)印

ウォーキング途中には小さな墓地をいくつも見かける。酔仙家は一応は浄土真宗なので、墓地に卒塔婆を置くことは無い。ここの近辺はけっこう色々な宗派が混ざっているので、卒塔婆に書かれた面白そうな字句を見かけると、帰ってからネットでググってみる。「一器浄食」「乃至曠野」か。

20200607_img_4257

曹洞宗のネットサイトで見つかった。施餓鬼の時などに誦する「甘露門」というお経の一節だと。

(↓クリックして拡大)

20200609__001

以前に yone さんから、「器」の字形が面白い、というコメントもあったので、「一器浄食」で一つ印を彫ってみた。

20200608__img_4270

「器」は、犬の生贄の周りに祈祷のための容器を並べた形。正しい字は「大」ではなく「犬」。文部省当用漢字は誤り。

20200609__img_4277

金石文風の書体で、気持ち横長にしてみた。25×24ミリ。

20200609__003

 

 

 

| | コメント (2)

政135:過ちて改めざるを

今朝の朝日新聞朝刊の記事。

(↓クリックして拡大)

20200609__

アベノマスクについては、既に各方面から批判の雨嵐で、本人以外は皆が失策だったとわかっている。太田市がせめて小中学生用に使えればと回収を呼び掛けて、地元の郵便局が協力したら、郵便局の上層部や官僚連中が「忖度」して一週間足らずで潰されたと。

論語 衛霊公第十五にある有名な言葉だが、『子曰、過而不改、是謂過矣』(過ちて改めざるを、これ過ちという)と。失策だったと判っていながら、若しくは判らないままに愚策を進める。前者なら頑迷、強情。後者なら無知、痴呆。裸のAB王様を取り巻く閣僚も官僚も「それちごうてまっせ」とは言わない。利権のタネにしようと伺っているだけ。その周りの下々は「忖度」して、正論を潰しにかかる。

実に末期的症状である。「滄浪の水濁らば、以て吾が足を濯うべし」というが、濁り水どころか泥水になっていては、足を浸すこともできない。

南無大師遍照金剛(-人-)

 

6/12 追記

酔仙お気に入りの富柏村ブログの10日の記事。太田市では、「不要の」「アベノマスク」と表示したのがまずかった。水戸市では「布マスクを、より必要とする方に」として切り抜けたと。なるほど、悪政に対する人民の抵抗も硬軟巧みに取り混ぜなければ。

 

 

| | コメント (4)

2020年6月 7日 (日)

雑763:ヒメダカの太郎次郎三郎

酔仙家では、庭先、玄関先の水鉢でヒメダカを飼っている。春から初夏は産卵の季節だが、放っておくと孵った仔を親が食べてしまう。なので、シュロ皮や麻紐を束ねて産卵床を作り、水鉢の中に沈めておいて、卵が産み付けられた頃合いを見計らって別の小さな水槽に移す。

去年は直ぐに十匹二十匹と孵ったのだが、今年はあまり調子が良くない。やっと一匹だけ孵った。

20200607_img_4263

産卵床を二度入れ替えて、やっと2匹。

20200607_img_4261

これからの季節に期待しようか。

 

| | コメント (3)

雑762:初夏の花(2)

ウォーキング途中での、この頃の花。

やはり季節の紫陽花。

20200607_img_4255

夾竹桃も元気に咲き始めた。

20200607_img_4254

 

| | コメント (2)

2020年6月 6日 (土)

雑761:キュウリの初物

酔仙家の猫額の菜園に、先日植えたキュウリの苗二本。何とか育ってきた。

20200606_img_4249

やっと初物のキュウリの収穫が二本。小さいのは摘み取って、株の方の成長を待とうか。

20200606_img_4251

ミニメロンは何かの虫に葉を食われてぼろぼろ。ゴーヤ、ツルインゲンなどはこれからの成長待ち。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

路329:近所のガソリンスタンドがセルフ化

いつも利用している、酔仙の団地のすぐそばにあるキグナスのガソリンスタンド。ちょっと前から改修工事に取り掛かっていた。今日、ウォーキング途中に通りかかったら、「6月11日から再開」の看板。しかし、今度はセルフスタンドに変わると。

20200605_img_4248

リッターで3円違っても、一回でせいぜい100円の差なら、運転席に座ったままで給油してくれた方がいいのだが。やはり競争の激化と人件費が問題なのだろう。近辺のガソリンスタンドはあらかたセルフ化してしまったから、酔仙も慣れてゆくしかないか。

 

| | コメント (2)

2020年6月 4日 (木)

政134:あのアベノマスクが届いた

今日やっと、酔仙宅にもあのアベノマスクが届いた。宛名不要で郵便局管内のすべての郵便受けに一律投函される「タウンプラス」というサービスを利用している。

20200604__img_4242

AB首相の(側近の?)思い付きとウケ狙いで始まって、迷走しっぱなしのアベノマスク。遅いは、不良品が出るは、小さくて顔がはみ出るは。当初予算の466億円が、なぜか90億円だとか、260億円だとかに縮小されるし、受託4社中1社だけ非公表では、ますます疑惑が深まる。

20200604__img_4245

比較のため、左側は普通の使い捨て不織布のマスク。布マスクは広がらないから、確かに小さい。

一人10万円の「特別定額給付金」の方は、総論反対だが、各論では"貰ってやる"という事にした酔仙だが、さてこれは今さら貰ってもなあ。かといって税金のかかった物を捨てては罰が当たる。ネットでググると、マスクの寄付を受け付けている団体もあるようなので、郵送するかなあ。切手代は酔仙負担か。

 

6/5 追記

ブログネタの写真も撮ったので、未開封のままで、"NPO法人もったいないジャパン"とかいう所に今朝郵送してきた。25g超過で切手代94円は酔仙の自腹。まったく、これというのもABが悪い。(~_~;)

 

6/7 再追記

知り合いのNさんは、官邸宛に送り返したと。切手を貼らずに着払いにできればいいのだけれど。(~_~;)

市民側と権力側とが対立して訴訟に至った場合、市民は自分の時間と金を費やして訴えねばならないが、訴えられた担当の官僚は給料をもらって交替で何年かかっても対応できる。これは、考えればとんでもない不平等の世界である。(>_<)

 

| | コメント (6)

2020年6月 2日 (火)

雑760:小学生たちの通学姿

緊急事態宣言も一応の解除となり、N倉小学校も再開。黄色い帽子の子供たちの通学姿を見るのも久しぶりで、新鮮さを感じる。ちょうどお昼時の下校なので、半ドンの授業かな。給食が出ないと親御さんたちはまだ大変だ。

20200602_img_4235

今回のコロナ禍には、子供は罹りにくく重症化しにくいという傾向があるそうだが、国の方針ミスで、PCR検査や抗体検査に後れを取っているため、確かな所はわからない。まだまだ、第2波、第3波に用心しなければ。

 

| | コメント (4)

雑759:初夏の花

6月、水無月となり、庭の花やウォーキングコース途中の家々も初夏の花が増えてきた。

酔仙家の庭先に置いた水鉢の姫睡蓮。植え鉢が根で一杯になりこの春に植え替えしたので、葉もゆったり伸びて今年初めての花。株分けすれば何倍かに増やせるのだが、置き場所も貰い手も無いので捨てるしかないのが残念。

20200531_img_4224

ウォーキングコース途中の家のスモ-クツリー(ハグマノキ)。もふもふとした花穂が樹を覆って広がる。

20200602_img_4229

公園のバラコーナーも春バラから夏バラへと移ってゆく。

20200602_img_4233

 

| | コメント (2)

2020年6月 1日 (月)

路328:消防阻害物

酔仙のウォーキングコースの途中にW宮工業団地がある。通りすがりに見かけた、敷地内のはずれにある小さな倉庫。

20200531_img_4222

はて?「注水厳禁」「消防阻害物」の看板が。近寄って見ると。

20200531_img_4221

濃硫酸が2トンも保管されているようだ。先日、別の工場で火災があって、火事は大きくはなかったが、黒煙が周辺に流れて、鎮火までけっこう時間がかかっていた。それでも、工業団地に密接してミニ開発の住宅地が乱開発されている。いいのかなあ。

 

| | コメント (0)

印236:留一歩与人行印

コロナ蟄居の夜なべ仕事にまた一顆彫ってみた。「菜根譚」13.径路窄処 留一歩与人行~(狭い小みちでは、一歩ゆずって、人を行かせてやる。)から。

20200601__img_4228

6文字の配置なので、25ミリ角の印材を削って、20×25ミリに仕上げた。まあ、85点ぐらいの出来か。

20200601__001

北九州市と東京都のコロナ第2波はどうなるかなあ。

 

| | コメント (2)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »