« 雑739:レストラン紅葉が駅前に移転 | トップページ | 印218:許我篆刻会展は3月24日~29日 »

2020年2月 7日 (金)

路324:神社声援

今朝はこの冬一番の冷え込み。玄関先のメダカの水鉢には氷が張り、風呂場の蛇口も凍っていて、ヤカンの湯をかけてやっと水が出た。

先日、お茶の水駅近くの神田明神に参拝。境内の新しいきれいなビルは、「EDOCCO神田明神文化交流館」と。一階は色々なアイディアの縁起物やらお土産の売り場。

20200204__img_3662_2

これは、「神社声援」……?

20200204__img_3662

おっと、ジンジャ・エールの洒落か。洒落の好きな宮司さんは、やはり江戸っ子かな。(笑)

 

|

« 雑739:レストラン紅葉が駅前に移転 | トップページ | 印218:許我篆刻会展は3月24日~29日 »

コメント

ジンジャ・エールは素晴らしい。
主将が試合後のエール交換の音頭もとるので、
今年から忙しくなります。

投稿: yonex | 2020年2月 7日 (金) 18時51分

おついでがあれば、神社エールなどを
チームに差入れして、ウケを狙ってみて下さい。
「春夏冬、二升五合」
=商いますます繁盛、などもよろしいかと。

こういうのは、さすがに商標権登録は無理かな。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年2月 7日 (金) 21時06分

わぁ、こーゆーシャレ(でいいのかな?)、大好きです。

昔、山口瞳の(たしか・・)「世相講談」の中に競馬馬の名前を
ずらずらっと漢字で表記している箇所があり・・  
なんちゃらオンワードという馬名が「XX既製服」となっていて、
すごく可笑しかったのを思い出しました。

投稿: ぷうぷう | 2020年2月13日 (木) 00時10分

二つの言語がごった煮になるクレオールとか
ピジンイングリッシュとかは歴史の常ですが
ひとつの文章の中に、漢字、カタカナ、平かな
アルファベットごちゃまぜという日本語の
表記はなかなか珍しいです。まあ、そうで
なければ、洒落の九割は成り立たないですが。

この頃酔仙は、つい面倒でお風呂をさぼります。
"風呂入らんで死んだ人間はおらんが、風呂
入って死んだ人間はいくらでもおるやないか。
幡随院長兵衛を見てみなはれ。"
ってのは、洒落かな軽口かな?
え?長兵衛さんなんて知りませんか?

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年2月13日 (木) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑739:レストラン紅葉が駅前に移転 | トップページ | 印218:許我篆刻会展は3月24日~29日 »