« 路323:食べた後のごみを散らかす人がいると | トップページ | 雑738:第7回K日向寄席 »

2020年1月24日 (金)

雑737:今年はお年玉切手の当たりが少ない

門松も取れ、小正月も過ぎて、19日にはお年玉はがきの抽選があった。

(↓クリックして拡大)

20200122_

3等のお年玉切手は100本に3本だから、酔仙には7,8枚は当たってくれそうなものだが、今年は当たりが少なくて、やっと3枚。でもまあ、縁起物ではあるのでファイルに保管。これで干支が3周り、36年分が揃ったのでまず良しとしよう。

20200123__img_3610

 

 

|

« 路323:食べた後のごみを散らかす人がいると | トップページ | 雑738:第7回K日向寄席 »

コメント

(↓クリックして拡大)して、昔なら郵便局まで
確認に行くか、翌朝の新聞記事を待つかして、
ワクワクしていたものを、瞬時にして知って
しまった。
国が未だに50%を超える株式を保有する会社の
販売する年賀葉書を年始挨拶に利用するのを
止めた昨今、戴いた僅かな年賀状を手にして、
これで特等でも当たったら確実に罰が当たるな
とドキドキしつつ確認したら、当りが無かっ
たので、ホッとしました。

投稿: yonex | 2020年1月25日 (土) 07時06分

わずかな枚数で特等の五厘チケットなどを
当てたら、酔仙あたりから石を投げられる
でしょう。(笑)

ここ2,3年前までは、年賀状ハガキの販売
ノルマが郵便局員に課せられていて、酔仙の
所にも何度か売り込みに来ていました。
100%独占商品で、たとえ営業努力をしても
総売り上げが増えも減りもしない。そんな
商品にノルマを課して、挙句に自爆営業まで
やらせる。民間企業では想像もつかない
現象ですが、お役所組織ではそんな不合理も
罷り通るのかも。

国鉄や郵政などの民営化は、JM党政権に
よる組合つぶしが目的だったと、酔仙は
思っています。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年1月25日 (土) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路323:食べた後のごみを散らかす人がいると | トップページ | 雑738:第7回K日向寄席 »