« 印217:御礼印「忠」 | トップページ | 雑737:今年はお年玉切手の当たりが少ない »

2020年1月24日 (金)

路323:食べた後のごみを散らかす人がいると

今日午後の民生委員の会議に与野に出かけた。時間が無かったので、昼食にコンビニで買ったサンドイッチを、途中の小さな公園のベンチに座って食べようとしたら、こんな貼り紙が。

20200124_img_3613

1964年東京オリンピック以前の日本ではあるまいに、自分が食べた後のごみを散らかすというのは、倫理道徳生活習慣以前に、どういうレベルの人間なのか。衣食足りて礼節を知る、と言うが、衣食の足りない階級分化が進行しているのだろうか。

ここでも、山河亡国、南無阿弥陀仏。

 

|

« 印217:御礼印「忠」 | トップページ | 雑737:今年はお年玉切手の当たりが少ない »

コメント

GAFAのような怪物が跋扈する世の中になり、
富の偏在が憂慮されています。
勿論原因はそれだけではありませんが、人の心
が荒んでくる面もある事はあるでしょう。

ちょっと前まで我々は、ごみ箱が完備された
環境にいたので、環境変化に慣れるまである
程度の時間が必要で、その後には持ち帰りが
定着していくのかどうか。

投稿: yonex | 2020年1月25日 (土) 07時20分

我々団塊世代が子供の頃は、列車の中で食べた
駅弁のカラは座席の下に押し込むものでした。
列車自体が、大小便を沿線に垂れ流していたの
だから、他は推して知るべし。長年をかけて
やっと先進国並みのマナーまで積み上げたと
思っていたのですが。

先日このブログでも取り上げた、列車の中で
席を譲らない若者とか、ハロウィンや成人式
なんかで暴れる若者とか。単に閉塞状況の
時代というだけではなく、背後に階級分化、
つまり連鎖下級階層の問題があるようです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年1月25日 (土) 09時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印217:御礼印「忠」 | トップページ | 雑737:今年はお年玉切手の当たりが少ない »