« 路322:美人多し | トップページ | 印216:年初の卦、「地雷復」を刻してみた »

2020年1月 8日 (水)

遊357:日本橋七福神巡りはビルの谷間

年末年始は長男、次男、孫の帰省で楽しく過ごした後、疲れ休め。6日にやっと社寺への参拝。昨7日は、もう一つの山の会の集まりで、日本橋七福神巡りに出かけた。

10時に人形町駅に集合。ちょっと下町っぽいビルの間を抜けて、まずは(1)小網神社へ。ルートの一番目なので、それなりに行列で混んでいる。

20200107__img_3415

次は(2)茶ノ木神社。

20200107__img_3422

(3)水天宮は、昨年末近くにも参拝している。最近の建て替えで、本殿も社務所ビルも随分大きくなってしまった。ビルの谷間に隠れている他の神社に比べると、まったく別格。左手前が弁天様のお社。

20200107__img_3428

(4)松島神社もビルの谷間。というか、上はマンションになっているようだ。神様も家賃と七福神めぐりとで暮らしておられるのかな。

20200107__img_3436

(5)末廣神社は、提灯にも書かれているが、「元葭原総鎮守」。明暦の大火で遊郭が浅草に移されるまでは、ここが江戸最大の遊郭だったわけだが、今ではこの神社の他には偲ぶものもない。

20200107__img_3452

(6)笠間稲荷神社。さすがに赤い幟がにぎやかに立っている。”江戸に多いもの、伊勢屋、稲荷に犬の糞”とか。笠間稲荷は紋三郎稲荷ともいうようだ。

20200107__img_3461

(7)椙森(すぎのもり)神社。

20200107__img_3468

(8)寶田恵比寿神社。

20200107__img_3472

通常は7つ目の恵比寿さんで完了するのだが、なぜか、このルートでは、最後がダブル恵比寿で八福神となっている。『そんな美味しい話なら、ウチもいれてえな』というやりとりが神様たちの間であったのかどうか。通常は300円が相場のご朱印が、正月相場でどこも500円。8社続くとそれなりにかさむが、まあ、縁起のものだからなあ。

少し早く回り終わって、12時半ごろには日本橋三越前に出た。コレドビルの間の福徳神社にも参拝。こちらは氏子も大型だからか、一等地にゆったりした境内を構えていらっしゃる。

20200107__img_3474

そろそろお腹も空いてきた。界隈のオフィスのサラリーマン達でレストランもいっぱいだが、三越前の表通りのビルの二階の「魚錠」という店が空いていた。ランチ定食1,000円はとってもお得。ついでに、生ビールと熱燗も頼んでしまった。

20200107__img_3480

昼下がり、世間が働いているのを眺めながら飲む酒は一層美味い。散会して外に出るころには雨が降り始めていた。もう一軒、日本橋下克上というお店に、3人ほどで二次会に立ち寄って、ホッピーとおつまみで機嫌よく仕上がる。6時ごろには無事に帰宅。これにて松の内も打ち上げ。

20200107_1_20200108192201 20200107_2_20200108192201 20200107_3_20200108192201

20200107_4 20200107_5 20200107_6
20200107_7 20200107_8 20200107_9

|

« 路322:美人多し | トップページ | 印216:年初の卦、「地雷復」を刻してみた »

コメント

天気もなんとかもち、良い七福神巡りとなりました。来年も、またやります。

投稿: k2 | 2020年1月 8日 (水) 22時25分

七福神巡りも数も重ね東京ど真ん中、日本橋
それも三越のまん前で昼食良かったです。
今年も宜しくお願いします。

投稿: しろいの梨 | 2020年1月 9日 (木) 06時54分

天気予報では午後から崩れる、との事でしたが
歩いてる間は曇り空でもってくれました。
短い距離でくるくると回れたのも良かった。
それでも歩数計は 13,734歩になってました。

日本橋や銀座あたりの表通りでは、食事も
お高いかと思っていましたが、探せばけっこう
お値打ちなお店も多いのですね。それにしても
昼間っからビールに熱燗のオジサン達は
どう見られていたかなあ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年1月 9日 (木) 10時44分

改めて、あけましておめでとうございます。

自身のブログを調べてみると、2011年2月1日、
何と9年前に、日本橋七福神を巡っています。
正月に近いので、比較的に参拝者が多いようです。

投稿: yonex | 2020年1月 9日 (木) 12時08分

ちょっと見直してみると、その頃はあちこち
七福神巡りをやってますね。御朱印がそろう
のは、やはり7日の松の内まででしょうか。

神様、もしくは町内の氏子さん達もなかなか
商魂たくましいようです。考えてみれば
七福神って、神道仏教道教ごちゃまぜで
現世ご利益。いかにも日本らしいなと感心
します。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2020年1月 9日 (木) 14時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路322:美人多し | トップページ | 印216:年初の卦、「地雷復」を刻してみた »