« 雑729:浦和で民生委員・児童委員委嘱状伝達式 | トップページ | 路321:長い塀の真ん中にぽつんと »

2019年12月 2日 (月)

路320:浦和での路上観察ネタを二つ

浦和駅から、今日の民生委員児童委員委嘱状伝達式の会場への途中で見かけた、路上観察ネタを二つ。

浦和駅前、歩道脇の「喫煙所」。雨の降る中、衝立で仕切られただけの屋根もないコーナーで、傘をさしながら懸命にスモーキングするオジサン達。酔仙自身はタバコは吸わないが、行き過ぎた「嫌煙権」は、次は「禁酒法」へと向かうのではないかという恐れから、スモーカーには連帯の声援を送る立場である。

20191202__img_3092

浦和には、県庁などのお役所が立ち並ぶが、なかには耐震補強で包帯ぐるみ状態のビルも。

20191202__img_3094

第二次関東大震災は必ず到来するし、対策としては、首都圏機能の分散がまず第一なのだが。AB政権は、真逆の東京五厘ピックなんぞを強行し、タワーリングインフェルノの高層マンションは野放し、耐震補強で目先の手当て。どう見ても狂っている。

山河亡国、南無阿弥陀仏。(-人-)

 

|

« 雑729:浦和で民生委員・児童委員委嘱状伝達式 | トップページ | 路321:長い塀の真ん中にぽつんと »

コメント

AB政権は狂っているが、大衆も狂っている。
過去にこんなにお粗末な政権が有っただろうか。

マスコミはマスゴミと化し、大衆も目先のことしか考えていない。

団塊の世代は残りの命が少ないが、息子、孫の代は悲惨な状況となる。

南無大師遍照金剛

投稿: 湘南の風 | 2019年12月 8日 (日) 11時51分

五輪関係の諸施設は、いざという時の避難先に
もなりうるので防災上は好いのですが、タワ
マン等の集中化は恐怖そのものです。

投稿: yonex | 2019年12月 8日 (日) 11時53分

>息子、孫の代は・・・
危なくならないうちに海外移住という対応も
検討しておけばいいのですが、華僑のような
粘り腰は日本人には足りないしなあ。

香港が習王朝に接収されるとなれば、多数の
香港人が台湾やアメリカに亡命、難民すると
思います。

>いざという時の避難先・・・
人口密度が2倍になれば、震災の被害は三乗の
8倍になる、というのが酔仙の持論です。
大正12年の人口スカスカの関東大震災でも
死者10万人。
「M7級の地震で、最悪の場合死者が2万3000人」
という政府予測は、嘘つきの悪い冗談です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2019年12月 9日 (月) 13時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑729:浦和で民生委員・児童委員委嘱状伝達式 | トップページ | 路321:長い塀の真ん中にぽつんと »