« 印209:子年印、20顆仕上がり | トップページ | 路319:駅の階段で親切な表示を »

2019年10月20日 (日)

遊348:浦和へ全日中展を見に行き、デパート歩きなど

知友のT君から、「今年も北浦和駅そばの埼玉県立近代美術館で開催の、日中作家合同での「全日中展」に水墨画を出品するので、見に来てください。ただし、本人は所用で上京できないのでよろしく。」との案内をいただいていた。最終日の今日、やっと足を運ぶことができた。

20191020__img_2489

横幅の山水画の作品「日々是好日」には、「県知事賞」の表示が。酔仙の刻した印も少しはお役に立ったかなと嬉しい。会場の担当の方に、記念写真のシャッターを押してもらう。次回はぜひゆっくり飲みたいものである。

20191020__img_2486

昼からは大宮に出て、ランチとデパートのぶらぶら歩きなど。夕方前に帰宅。

 

|

« 印209:子年印、20顆仕上がり | トップページ | 路319:駅の階段で親切な表示を »

コメント

印は2か所ですか。
小さい方の丸いのには、なんて書いてあるんですか?
なんか、押印されている場所に違和感が。

投稿: yonex | 2019年10月21日 (月) 06時47分

印は三ヶ所です。右上の大印「亢龍有悔」と
左下酔仙の肩に隠れているT君の名前の印とが
酔仙の作で、小さい丸い印は別の人の作です。
今、拡大してみたら、「師古」と読めました。
中国初唐の学者、顔師古が有名ですが、それと
関係有るのか無いのか?

詩文の冒頭右上には関防印(冠帽印、引首印
とも)を押すのですが、画の場合は、作者が
かなり自由に捺印しますから、まあこんな
ところでよろしいかと。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2019年10月21日 (月) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印209:子年印、20顆仕上がり | トップページ | 路319:駅の階段で親切な表示を »