« 印207:薤露印 | トップページ | 本189:出版社PR誌、「一冊の本」を追加 »

2019年9月24日 (火)

本188:講談社のPR誌「本」が、実質三倍値上げに

酔仙は、出版社のPR誌を毎月7社取り寄せていたが、先日、KADOKAWAの「本の旅人」が休刊になって驚いたばかり。

今度は、講談社の「本」を配送サービスしている Fujisan.co.jp から何やら案内が届いた。休刊ではないようだが‥‥‥

(↓クリックして拡大)

20190924__002

年間契約が終了するので、今後は月払いで申し込んでくれ、との内容だが、はてな?

来月の11月号で年間契約の最終号となるので、もう一度ネットで内容を確認して、念のため、講談社の編集部に電話確認してみた。

20190924_img_2189

「今までは12ヶ月分送料込みで年額1,000円だったのが、(誌代108円+送料150円)×12ヶ月=3,096円になるわけですね?」→業況が苦しくて、お客様にご負担をお願いすることになり、申し訳ございません。

「冊子上では何もご説明が無かったようですが?」→販売、配送を Fujisann に委託していますので、ご案内はそちらからだけです。

「負担額が一気に三倍以上になると、読者も減って、じり貧で休刊になる恐れはないのですか?」→それも視野に入れて今後を検討していきます。

「構造不況で大変でしょうが、編集部の皆さんもがんばってください」

 

さてさて、とりあえずは、月額カード払いで継続を申し込んだものの、先行きは危ないなあ。

他には良さそうなPR誌はないかなとググってみて、朝日新聞出版の「一冊の本」を注文した。こちらは、配送、集金とも新聞の配達網に乗っかっている。

 

 

|

« 印207:薤露印 | トップページ | 本189:出版社PR誌、「一冊の本」を追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 印207:薤露印 | トップページ | 本189:出版社PR誌、「一冊の本」を追加 »