« 雑707:第5回香日向寄席 | トップページ | 雑708:エアコンの入れ替え »

2019年7月28日 (日)

路317:二重蓋のマンホール

所用で与野まで出かけることが多いのだが、いつもの路上でふと目に留まったのが、二重蓋のマンホール。

20190724__img_2001

酔仙はマンホールネタ好きなので、出かけた先で面白いマンホールがあればデジカメで撮っておくのだが、二重蓋のマンホールというのは珍しい。ネットでググってみると、『二重蓋:親子蓋ともいいます。これはマンホールポンプなどの大型の機材が格納されています。普段は必要ないため、中の小さな蓋(といっても通常のサイズが多い)を利用し、必要なときだけ外側の蓋をあけるのです。 』という解説が。

折角なので、それらしいデザインが欲しい所。たとえば、マトリョーシカとか。

 

|

« 雑707:第5回香日向寄席 | トップページ | 雑708:エアコンの入れ替え »

コメント

工水の制水井とあります。
与野には工業用水が多いんよのぅ、とか言っ
ちゃって。

投稿: yonex | 2019年7月29日 (月) 17時23分

勝手に開けてみるわけにもいかないのですが
中には何が入っているのでしょうか。
共同地下溝で全部まとめてしまえば、日本の
街の風景もきれいになるのですが。

明治以来、日本の街は、ほとんど電信柱と
電線でごちゃごちゃになってしまってます。
川越や古河など、電信柱の地中化をした所は
すっきりとした外観になってますが、醜い風景も
見慣れてしまえば気にならなくなるのでしょう。
東京五厘の付け焼刃でどうにかなるものでもなし。
バブルの頃に投資しておけばよかったかなあ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2019年7月29日 (月) 19時17分

なかなか渋い文様なり。
酔仙サマなら、その気になれば「これは・・」などと解説できますよねッ。
私にとっては、刺し子の模様。

小さい方が普通のサイズ・・ちゅうことはかなり大きい。
親亀・子亀はいかが??

投稿: ぷうぷう | 2019年8月 1日 (木) 08時27分

そういえば、時々見かける文様のような気が。
ググってみたけれど見つかりませんでした。
『シームレス織物三角形鱗片表面パターン』
というのがちょっと似ているんですが。
籠目の一種のようでもあるし。
宿題にしときましょう。

この二重蓋マンホールはそんなに大きくは
なくて、むしろ、子亀の方が小さいんですね。
ちなみに、この中央のオタマジャクシが輪に
なっているようなのは、埼玉県の県章です。
幸魂(さきみたま)の勾玉16個を表している
そうです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2019年8月 1日 (木) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑707:第5回香日向寄席 | トップページ | 雑708:エアコンの入れ替え »