« 雑699:リハビリウォーキング用の靴を買い替える | トップページ | 遊343:K日向寄席で三遊亭鳳好師匠の子別れを聴く »

2019年5月29日 (水)

山134:日光社山に登る。少し甘く見ていたのを反省。

26日(日)は、町内の山の会で、日光の中禅寺湖周辺の山の一つ、社山、1,826.6mに登ってきた。湖の標高1,269mからの標高差は557m。

朝の6時に近所のミニストップ駐車場から出発。少し早めに家を出て、コンビニおむすび弁当や朝食を買い込む。Iさんが、飼いネコの具合が悪いのでと、不参加の連絡にやってきて、今日の参加者は14名。

東北道、日光高速道、いろは坂を経て、中禅寺湖畔の立木観音横、歌が浜の駐車場に8:30到着。下界は真夏日だが、ここは新緑に湖面を渡る涼しい風。男体山が迫っていて、湖に映える。

(↓クリックして拡大)

20190526__img_1634_1

ここから中禅寺湖周遊歩道を1時間ばかり、ほぼ水平の整備された気持ちの良い道をたどる。すぐに県立公園の旧大使館別荘の敷地。以前に来た時は、旧イタリア大使館別荘が一般公開されていたが、今は旧イギリス大使館も整備、公開されている。黒板貼りの二階建てが石垣の上から湖を見渡す立地。

20190526__img_1645_2

イタリア大使館の特徴的な杉皮貼りの内装外装もきれいに貼りかえられていた。同じ和風洋館といっても、雰囲気は対照的である。

20190526__img_1653_1

昔は、英・独・伊や多くの大使館別荘が集まっていたこのあたりの湖畔。2館に挟まれた敷地はドイツ大使館だったかな、塀に囲まれていて立ち入り禁止。塀には「橅楓庵 中禅寺湖南五番別荘」の立派な額が掛けられているので、多分、買い取られて個人の別荘にでもなっているのだろうか。今回は山登りが目的なので、別荘でゆったり、は割愛。機会があれば、立木観音に参拝し、別荘でゆっくりお茶して、中禅寺湖周遊歩道を半周して船で帰ってくる、というハイキングコースもよさそうだ。

20190526__img_1651_1

右に湖、左に新緑の雑木林、気持ちよくぶらぶらと歩いていって、9:50頃に登山口の阿世潟に着く。靴、リュックなどを整えて、この先は山道。

20190526__img_1666_1

広い沢を詰めて段々の坂を上り、20分余りで、鞍部の阿世潟峠に着く。

20190526__img_1672_1

ここからは明るく開けた尾根道の急登がずっと続く。高度が上がるにつれて、右の眼下に中禅寺湖、その正面に男体山、左には残雪の日光白根と、初夏の新緑の中の絶景を楽しむ。

(↓クリックして拡大)

20190526__img_1688_1

このあたりまではまだまだ余裕。歩きながらや休憩の途中と、せっせと写真を撮る。

20190526__img_1677_1

しかし、頂上が近づくにつれて、連続する急登でだんだん体力を消耗していく。かなりバテ気味になってきた。そこにリーダーのNさんから、ポカリスエットの補給を頂いてやっと一息。太腿の筋肉にちょっとピクピクと感じながらも、まあなんとか、11:50、大岩の目立つ頂上に到着。一人なら引き返していたかもしれない。

20190526__img_1693_1

頂上の少し先の、足尾方面の山の見晴らしの良いところで、皆思い々々に昼食を広げる。酔仙はコンビニおむすびだけ。でも、Kさんが担ぎ上げた、山の会名物のスイカの大盤振る舞い。毎度ながらこれは最高に美味しい。ごちそうさまでした。

20190526__img_1694_1

教えられて、右手の薮をちょっと先に抜ける。花盛りのシャクナゲの大株と大岩、その向こうに日光白根まで続く眺望が広がっていた。

(↓クリックして拡大)

20190526__img_1699_1

さて、スイカも眺望も満喫して下山に取り掛かる。来た時と同じコースを下るので楽ちんだが、今度は急下降の連続なので、膝を傷めないようにストックをしっかり突いて、休みながら下る。午後になると遠景も少し霞んでくるが、ミネザクラ、ミツバツツジなどの花を楽しく見られる。

14:10阿世潟の登山口まで下りつく。周遊歩道から湖の砂浜にも寄り道。水がきれいで冷たい。

(↓クリックして拡大)

20190526__img_1719_1

イギリス大使館は、湖側の前面を開け放って、観光客などもいっぱいで、印象もかなり変わって見える。

(↓クリックして拡大)

20190526__img_1725_1

歌が浜の駐車場に、予定通り15:10に到着。バスに乗り込んだら、まっすぐいつもの「やしおの湯」に向かう。下山後の楽しみは、やはり温泉と冷えたビール。ゆっくりと山の疲れをほぐす。

20190526__img_1732_1

帰りのバスの中ではほどよく冷えた日本酒も回ってきて、気分良く飲んで眠って、目が覚めれば無事に帰着。家に帰ったらすぐに爆睡。

今回はちょっとコースを甘く見て、バテかけて、リーダーに助けていただいた。感謝と反省。補給は大切。また次回もよろしくお願いします。

 

追記

昨晩この記事を書いていて、1時間半ばかりもかけてほぼ書上げた。仕上げの添削をしていて、ひょいと誤って、Chromeブラウザの✖マークをクリックしてしまった‥‥‥一瞬ですべてが掻き消えて、茫然自失。(>_<)

今晩、やっと気を取り直して打ち直すことができた。それにしても、cocolog さん、fale-safeは世界の常識。「保存しますか?」ぐらい尋ねるように画面設定してくれなければなあ。

 

|

« 雑699:リハビリウォーキング用の靴を買い替える | トップページ | 遊343:K日向寄席で三遊亭鳳好師匠の子別れを聴く »

コメント

私が利用しているseesaaブログでは、同じ様な
失敗をした時に再度試みると、「編集中の記事
データがあります。復元しますか? はい 
いいえ」と訊いてくれるようになったので、
粗忽者としては大いに助かってます。
尤も私は、EXELで編集したものを貼り付けて
ますから、被害はそんなに甚大ではありま
せんが。

投稿: yonex | 2019年5月30日 (木) 07時10分

酔仙さま、お疲れ様、酔仙さんも年なんですよ。
体力の衰えは気力では補えません。
膝を大事にしないと、四国には行けませんよ!
矢張り、山は甘く見ては行けませんね。
お大事に!

投稿: 川崎の酒仙 | 2019年5月30日 (木) 09時18分

>「編集中の記事データがあります。
>復元しますか? はい いいえ」

まあ、普通の画面設計だと、そうですよねえ。
どうも、ココログはそういう心配りが足りない。
先だっての管理画面のリニューアルでも
ずいぶんドタバタさせられたので、かなりの
客が逃げたと思うのですが、具合の悪い話は
表面化しないですね。

>体力の衰えは気力では補えません

老害とパワハラ、精神論の横行する日本の
スポーツ業界には縁がありませんが、コツコツと
体力を維持したいものです。お金を払って
ジム通い、という趣味は無いので、まずは
歩き続ける事が第一。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2019年5月30日 (木) 11時57分

先般の管理画面のリニューアルが原因かどうか
は知りませんが、アップしたというメール
連絡が、最近は届かなくなりました。
仕方なく時々、もうそろそろアップしたかなと、
確認しにいってます。
しかし人の行動というのは、読めるもんでは
ありません。
酔仙メーターのカウントが、少し増えてませんか。

投稿: yonex | 2019年5月30日 (木) 12時55分

いやあ、アクセス数は相変わらず低調で
5月は100件/日を割り込んだままです。(T_T)
もう少し宣伝しなければなあ。

ブログやHPが更新されるとメールで通知が
届くというのは、RSS機能が設定されている
からだと思いますが、多分、ココログの
リニューアルでURLなども勝手に変更された
のではないかと思います。改めてRSSを新規で
設定すれば復活するかも。

「真奈パパのランランかわせみブログ」のように
3日に一回きっちり更新するような律義さは
酔仙には無理ですなあ。
https://blog.goo.ne.jp/manapapa-kawasemi

投稿: 埼玉の酔仙 | 2019年5月30日 (木) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑699:リハビリウォーキング用の靴を買い替える | トップページ | 遊343:K日向寄席で三遊亭鳳好師匠の子別れを聴く »