« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月24日 (日)

路314:墓碑面を読む

酔仙のウォーキング途中には、小さなお寺の墓地や、農家に隣接した一族だけの墓地などがけっこう多い。歩きながらふと見ると、戦没者の碑銘などもよく眼につく。これは日清戦争の戦死者。「膺懲征清之大詔下矣~~明治二十七年十二月七日也、享年二十三、嗚呼悲哉~~」云々と。
20190324_img_0756
これは太平洋戦争末期。「昭和二十年六月六日西部ニューギニヤマノクワリに於いて戦死~~二十四才」。おそらく、密林の中を転進(敗走)、餓死した2万の兵の内の一人だろうか。
20190318_img_0709_1
戦後73年を過ぎて、ここまでは(米帝への戦争後方支援は別として)戦争に巻き込まれてこなかった日本人。しかし、亡国ABが米帝盲従のもと再び日本国軍を戦争に投入する日は近いと、酔仙は予言する。
山河亡国、南無阿弥陀仏 (-人-)

 

| | コメント (2)

雑688:コンビニのコーヒーと過当競争

酔仙の団地からHW駅にかけては、かっては6軒、今は4軒のコンビニがひしめいている激戦区である。ウォーキング途中にファミリーマートに立ち寄って、いつもの百円コーヒーを頼んだら、「次回は20円引き」の割引券が付いてきた。

 

 

ミニストップに立ち寄ったら、「肉まんを買えば、次回は¥150のレギュラーコーヒーを¥50引き」の割引券が付いてきた。

 

 

20190324_img_0757

 

 

しかし元々、¥150のレギュラーサイズと¥100のSサイズとは、少し量が多いだけで大差はないのだから、普段から、¥100のSサイズを飲んでいる酔仙には、さほどのメリット感はない。

 

 

ここまで急成長してきたコンビニ業界だが、過当競争と人手不足が深刻化。本社による過酷なチェーン店収奪もそろそろ限界だろうか。

 

| | コメント (3)

雑687:春になれば用水路の補修

酔仙の団地の周り四方は田んぼである。春になれば田植えの前に用水路や溝の掃除、補修が必要である。ウォーキングコース途中の用水路は、泥がたまり草が茂っているのが普通である。

 

20190324_img_0754

 

ここ数日で、重機を入れて一斉に泥の掻き揚げをやっているようで、びっちりと護岸が固められてきた。

 

20190324_img_0750

 

コンクリートや矢板の護岸ではないから、数年たてばまた元のような泥と草の用水路に戻るのだろうが、その方が鳥や魚などの生き物にはやさしいのだろう。

 

| | コメント (4)

雑686:ココログのリニューアルトラブルがまだ続いている

酔仙が今使っているこのココログのブログだが、先だって19日の午前中にブログ管理者(つまり酔仙のようなユーザー)用の画面をリニューアルします、ということになっていた。ところが、半日どころか、延々とトラブル続きで、今は何とか記事をアップできるようになったが、それでもまだ安心出来ない。ココログ内のユーザー用ボードには、ドドドッ、ドッ、怒ッ!と怒りのメッセージが続く。


20190324_


酔仙もトラブル体験はいろいろあるが。
・2~3日、全くログインできなかった
・調べてみたら、ログインの窓口のURLが勝手に変更されていた
・コメント欄に書き込まれたコメントが画面に反映されるのが一日遅れた
・「システム負荷過大の為」何度かアクセス、ログインできなかった


新しい管理画面は、以前とは様変わりしていて、かえって使いづらい。
・改行の状態が、管理画面とブログの画面とでギャップがあり、行が詰まってしまう
・文章を編集するときに、切り取りやコピペするためのアイコンが無い
(Ctrl+●キーで操作できると分かったが、普通はアイコンを設けるべきだろう)
・写真画像を挿入する操作がわかりずらい
・これだけ大幅な変更ならば、改善(?)のポイントや操作方法についてのマニュアルを事前に用意すべきで、画面を見ればわかる、というのは無理なレベル。


どうも、事前準備が疎かすぎたようだ。
・トラブル長期化を想定して、旧状復帰の方途も準備しておくべき
・単に「リニューアルします」ではなく、事前に、変更後の要点、マニュアルをユーザーに通知すべき
・Q&Aの受付窓口を分かりやすい所に設置して、リアルタイムでの対応を徹底すべき


niftyさん、だいぶんミソつけちゃったなあ。大丈夫かなぁ~~

| | コメント (8)

2019年3月22日 (金)

雑685:小学校の卒業式

今日22日午前は、地元のN倉小学校の卒業式で、酔仙も一応、来賓として招待され臨席させていただいた。といっても、2時間余りの間に一度だけ、「皆さんおめでとうございます」と発言しただけなのだが。


20190322__img_0735_1


まあ、形式で固められた儀式なのだが、儀式というのはそんなものだから、それもよしとしておこう。3クラス90人の卒業生たちには、それぞれの思い出になったことだろう。

| | コメント (2)

2019年3月21日 (木)

雑684:甘夏と晩白柚のいただきもの

先日、大阪の知友のT君から、庭の畑にできたという、甘夏と晩白柚をいただいた。箱いっぱいどっさり空けると、部屋中に香りが満ちて食欲をそそる。

 

 

20190314__img_0696

 

 

晩白柚(ばんぺいゆ)は、ザボン(文旦と同じ)の一品種でマレーシア原産だという。さすがに両手に余る大きさである。

 

 

20190316__img_0701_1

 

 

おやつや食後に、美味しくいただいてます。いつもありがとうございます。

 

 

| | コメント (2)

印201:第22回許我篆刻会展はじまる

今年も古河街角美術館で第22回許我篆刻会展が始まった。19日の午前中は各クラスの生徒さん総出で、会場のセッティングと作品の飾りつけ作業。毎年のことなので皆さん手慣れている。


20190319__img_0713

各自、篆書と篆刻の作品をひとつづつ。酔仙は毎年、酒を織り込んだ句を題にしている。今年の篆刻は「三碗不過岡」、篆書は「高堂置酒 夜撃鼓」と。


20190319__img_0715_1


もちろん、先生の作品と並ぶのは、とても恥ずかしいが、まあ仕方がない。


20190319__img_0718_1


今日21日は当番で、午前中受付に座る。祝日で、朝小雨の後晴れたが、入場者数は24名。まあ、毎年こんなものです。24日午後4時までやってますので、お近くの古河桃まつりなどにおついでのある方はどうぞ。

| | コメント (6)

路313:落暉と虹。ついでにココログリニューアルによるトラブルへの苦情。

niftyからメールが届いていて、「ココログの管理画面をリニューアルするので、19日の1:00~13:00はログインができません」とのことだった。ところが半日過ぎても、二日過ぎても、全くアクセスできない状態が続いている。今日になって、もう一度あちこちググってみたら、「管理画面にログインするURLが変更になったので、トップページの左上の『ブログを書く』からログインしてください」と、小さな字で書かれている。(~_~;)
それで何とか管理画面にログインは出来たのだが、画面の使い勝手が大幅に変わっていて、酔仙もかなり戸惑った。ユーザーにこれだけの迷惑をかけておいて、さて、どの辺がレベルアップされたのだか、さっぱりわからない。
そもそも、大規模なシステム変更の場合には、万一トラブルが長引いた時には、直ぐ旧システムに復帰させる準備をしておかねばならない。また、ユーザーにも遅滞なくトラブル状況と対応方法の情報を流さねばならない。今回の諸対応を見ているといかにも拙劣である。niftyさん、しっかりせなあきまへんで~~。


さてさて、一週間前の13日の夕方、ウォーキング途中で西の空を見ると、沈みかかった太陽の周りに二重の虹の輪がはっきりと見られた。初めて見る現象なので、さっそくデジカメを構えてうまく撮ることができた。

20190313___img_0684
帰宅後、朝日新聞の写真投稿欄にメール送信した。受信した旨の返信は届いたが、採用はされなかったようだ。なので、遅ればせながら自分のブログに掲載する次第である。

| | コメント (2)

2019年3月13日 (水)

遊334:力士蔵祭り、当選ありがとうございます

3/10 3/9 の力士蔵祭りの入り口で、何気なく抽選票を投じたまま忘れていたら、なんと、今日になって、"★当選、おめでとうございます!"と宅配便が届いた。

20190313_img_0687

「加須の舞」4合瓶。酒飲みの常として、ただ酒は実に美味しい。(>_<)\バキャッ

20190313_img_0688

酔仙家の台所にも久しぶりに酒壷が並ぶ。ごっつあんです。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

遊333:釜屋酒造の力士蔵祭り

昨9日は、年一回、加須市騎西の釜屋酒造で開かれる力士蔵祭りに参加。好天のお酒日和にも恵まれた。HW駅8:51発の電車を乗り継いでいく。毎年、町内の山の会のメンバーを主に10人以上集まるのだが、今回は個人山行の日とぶつかって、参加者6人とちょっと少な目。

JR、東武、シャトルバスと乗り継いで、10時開会のちょっと前に着いたのだが、ステージ近くのテーブルはすでに満杯。少し離れたテーブルを占める。

20190309__img_0631

開会前の若社長や、Miss Sake の姿も。

20190309__img_0634

呼び物の、四斗樽の鏡開きが始まる。あらかじめ鏡板を一度外して、セットしなおす。

20190309__img_0642

ジャンケンで勝ち残った観客を交えて、ヨイショヨイショの掛け声で、無事に樽が開く。皆さん行儀よく並んで振る舞い酒をいただく。杉の香りが酒を美味しくする。

20190309__img_0650

利き酒コーナーや、和太鼓の演奏も。酒と肴を手にあちこちと見て回る。

Img_0667

楽しく半日を過ごして帰途に就く。かなり飲んだが、まあ、忘れ物もなく、土産の一升瓶を割ることもなく、夕方には無事に帰宅。すぐに寝てしまった。来年も又楽しく参加したいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 8日 (金)

雑683:春三月は菜の花パスタで

今年の春は、梅も菜の花も桜もかなり早くなっている。

20190308_img_0611

春三月、本ブログ恒例の菜の花料理の材料を採りに、近くの中川の土手まで出かける。野生のものは色々な種類が交雑しているので、今が採りやすい時季か。

20190308_img_0621

今回は手軽に(手抜きに)、菜の花パスタを作ってみた。

20190308_img_0624

パスタは早ゆで3分。パックの和風きのこパスタソースを和えて、茹でておいた菜の花をたっぷり乗せ、適宜のソースなどを加えて味を調整したら出来上がり。

20190308_img_0626

野生のほろ苦さが春を実感させる。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年3月 7日 (木)

遊332:5日~6日は帰省

5日~6日と長浜に帰省してきた。とはいっても、今は墓石だけしか残っていないので、泊りは定宿の駅前のビジネスホテルを予約。幸い前日の雨は止んで晴天。取りあえずはお墓参りを済ませる。背後に伊吹山も顔を見せる、良い緩斜面にある。

20190305__img_0573

地元の同級生のY君を訪ねる。ここ何年かブログを通じて やり取りしているので、何十年ぶりという感じはしない。次々と話が尽きず、つい2時間ばかりも長居してしまった。帰りにはなんと、七本鎗の4合瓶と名物の鮒寿司まで頂いてしまった。エビでタイ、ならぬ、エビでフナだね、と笑いながら、有難くご厚意をいただいて帰った。

20190305__img_0607

夜は知友たちと、市内の「割烹なとり勝町」で寄り合い。勝町あたりは、昔(半世紀前)は田んぼだったと憶えているが、今は住宅地になっていて、その中の洒落た料理屋さん。

お造りからはじまって、次々に会席のお料理が出てくる。器、盛り付けも綺麗で、酒は湖濱、七本鎗。竹の酒器に季節の馬酔木の花が映えて一層美味しい。

20190305__img_0578

炭火炙りの焼きガニやカニ味噌なんて、久しぶりだなあ。

20190305__img_0586

美味しい料理を堪能させていただき、無事にホテルに帰還。

さて翌6日は、地元のいとこなど4人が集まって、Mさんのお宅でおしゃべり会。お昼には、名物のっぺいうどんをお取り寄せ。久しぶりに顔を合わせるので、昔の話、今の話、知り合いの消息等々、話しの種は尽きない。4人合わせて300歳にはなるかな(笑)。よくしゃべったなあ。まだもうしばらく元気で過ごせそうだ。また会いましょう。

ドライブがてら湖岸道路に出るころには小雨がパラパラし始めた。米原でレンタカーを返して、17:57米原発のひかり号で帰途に就いた。あちこちと楽しく過ごした2日間だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »