« 遊328:山の会の仲間と谷中七福神巡り | トップページ | 雑673:サークルの新年会 »

2019年1月 9日 (水)

路306:正月明けには

正月も明けた、今朝のウォーキング途中で、今日は年明け最初のプラごみの回収日。いつもの2~3倍の量のプラごみが積みあがっている。

20190109_kc4b1143

年末年始に、子供や孫たちがやってくるので、皆さん張りこんでご馳走を準備した名残りか。それにしても、過剰包装も行きつくところまできているなあ。

|

« 遊328:山の会の仲間と谷中七福神巡り | トップページ | 雑673:サークルの新年会 »

コメント

過剰包装は、なんとかせないけませんなぁ。

投稿: yone | 2019年1月 9日 (水) 19時01分

昔は竹の皮や経木や新聞紙で包んでいたもの
ですが。プラごみやマイクロプラスチックが
ここまで地球規模に散らばると、自分の首を
絞めてしまいます。

しっかり分別回収すれば、資源ごみとして
再利用できるはずなんですが。簡単な装置で
上からプラごみを入れれば石油や固形燃料に
なって出てくるというようなものを誰か発明
してくれませんかね。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2019年1月10日 (木) 07時17分

埼玉の酔仙様

今日の散歩の時に、ふと隣の川を覗くと
沢山のゴミ。ペットボトルや発泡スチロール
誰が捨てるのか?
何とかしないと、このままではあかんね。
    一平

投稿: 水無月一平 | 2019年1月10日 (木) 14時42分

ごみの減量、分別回収といっても、倫理道徳や
罰金では限界があります。レジ袋は有料です、
とか、ごみを集めれば金になります、とか
利害で誘導する方策をすすめないといけませんね。

そういえば子供の頃は、町内の子供会で廃品の
ビンや金具等を集めて回り、寄せ場に持って
行ってお金にして、会のお菓子などにしていた
ものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2019年1月10日 (木) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路306:正月明けには:

« 遊328:山の会の仲間と谷中七福神巡り | トップページ | 雑673:サークルの新年会 »