« 雑660:ウォーキングの途中で | トップページ | 印192:一切心造印 »

2018年11月11日 (日)

路303:死ぬのは同じ…?

ウォーキング途中のお家の駐車場で見かけた大きなトラック。

20181111_kc4b0933

デコトラというのではないが、正面に大きなステッカーで、「道は違えど死ぬのは同じ」と。はて、その意味は?
三国志の桃園結義にいう、不求同年同月同日生 只願同年同月同日死」からもじったものか?それとも、それほどひねったものではなく、単に目立たせるための、文句か?

|

« 雑660:ウォーキングの途中で | トップページ | 印192:一切心造印 »

コメント

「生きてきた道」ということかなあ。
あるいはもっと単純に、高速も国道も一般道も
、という程度の意味かな。

投稿: yone | 2018年11月11日 (日) 23時07分

「道」をそう読むというのもアリ鴨。

ま、確かに人間生まれてきた時点で、死亡率
100%なわけですからねえ。

自分が「いつ」死ぬか予めわかっていたら
(クダンのような予言獣がいたならば)
すべての人の生き方は変わるんでしょうか?
いや々々、死亡率100%と自ら判っていながら
生に執着する人間の業は変わらないでしょうね。

次の関東大震災の確率は○○%、死者は百万、
と言いながら、のこのこと都心へ飲み会に
出かける酔仙もそのうちの一人ですな。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2018年11月12日 (月) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路303:死ぬのは同じ…?:

« 雑660:ウォーキングの途中で | トップページ | 印192:一切心造印 »