« 雑618:立春大吉 | トップページ | 路283:読めないスペル »

2018年2月 4日 (日)

政113:狂気の骨牌核戦略に慄然、唖然

今日の朝刊一面記事を見てびっくり、慄然、唖然。あの骨牌大統領が新戦略で核兵器の強化に舵を転じるのだと。

(↓以下、クリックして拡大)

20180204_001

20180204_002_

20180204_003_

オバマ前大統領の掲げた「核なき世界」は理想論かもしれないが、理想は掲げ続けてやっと半歩進むものである。しかし、理想を捨てて、核による覇権を宣言すれば、後は坂を転げ落ちるように核軍拡競争と破滅に直行するしかない。

記事の最後を読んで唖然とした。河野外相が間髪をいれず、骨牌戦略に(批判ではなく)賛意を表したと。アンタはどこの国の大臣なのか?

『ヒロシマ、ナガサキへの核投下は、(米国人の)損失を減らして勝利を早め、ついでに黄色人種での人体実験もできたので、正しい選択だった』とするブラックUSA。AB政権は、このブラックUSA(米帝)に、完全に自発的隷従をしている政権なのだと、あらためて知らされた。で、一句できた。

”売國を 唐様で書く 三代目”

さて、亡国、亡地球のカウントダウンはどれだけ進んだだろうか。(-人-)

|

« 雑618:立春大吉 | トップページ | 路283:読めないスペル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政113:狂気の骨牌核戦略に慄然、唖然:

« 雑618:立春大吉 | トップページ | 路283:読めないスペル »