« 印170:年頭の卦が、乾為天と | トップページ | 雑610:迷路公園の遊具撤収 »

2018年1月 8日 (月)

路281:伊勢屋、稲荷に犬の糞

いつもの夕方のウォーキング、久しぶりの雨模様の空。雨が止んだので出かけようとしたら、パラパラと降ってきた。家に引き返して傘を持って出たら、雨が止んでしまった。(笑

顔なじみの4匹の猫もさすがに顔を出していない。ここの猫たちのお家(喫茶店?)は、先日から道沿いに金網などを設けたので、犬除けなのかな、と思っていたら、今日は垣に何やら札が張り出されている。

20180108_005

近寄って読んでみると、

20180108_003

これは、よほど腹に据えかねる状況だったのだろう。

江戸時代には、「伊勢屋、稲荷に犬の糞」というぐらい多かったのだろうが、今の時代に、自分の飼い犬の尻ぬぐいもしない飼い主は100%悪いなあ。

|

« 印170:年頭の卦が、乾為天と | トップページ | 雑610:迷路公園の遊具撤収 »

コメント

排便させた飼い主は悪い。
今日日、野良犬は滅多に見かけなくなりました。猫の場合は、飼い猫であっても排便に飼い主は
通常同行しないと思います。
先日Delhiの階段式井戸で見た猫(恐らく野良
か外猫)も、井戸上部の広場のど真ん中で大便
をしたものの、三渓園の猫と同じように、僅か
な砂をかき集めて、見えないようにしてしまい
ました。
このレポの喫茶店に屯している猫は、どうして
るのかな?
続きのレポを待ってます。

投稿: yone | 2018年1月 9日 (火) 08時35分

家の中で飼っている猫は、もちろん、きっちり
トイレのしつけもされているのでしょうが。
外猫、もしくは野良猫と外猫の中間状態での猫
となると、さすがに家に帰って排便するように
しつけられてはいないだろうから、やはり
猫ババのままでしょうね。自分で砂をかけて
隠すから、犬ほどは目立たないにせよ、酔仙の
猫額庭でも一時は悩まされました。花壇などの
柔らかくした土が狙われるんです。

まあ猫ならそんなものだと思ってあきらめて
いますが、犬の場合は、飼い主がついていて
犬ババさせるわけだから、これは犯罪でしょう。

顔なじみの4匹の猫はどうしているのかな?
庭も、周りの田畑も広いので、多分猫ババだと
思うのですが、まだ現場は見ていません。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2018年1月 9日 (火) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路281:伊勢屋、稲荷に犬の糞:

« 印170:年頭の卦が、乾為天と | トップページ | 雑610:迷路公園の遊具撤収 »