« 遊302:釜屋酒造の蔵祭り | トップページ | 路263:誇大表示か? »

2017年3月17日 (金)

路262:マンホールの蓋にタヌキ

群馬 館林の駅前辺りをぶらぶらと歩いていて、マンホールの蓋に眼がとまった。

20170317012

文福茶釜の地元だけに、カラフルなタヌキのデザインだった。そういえば、先日のテレビで、日本各地のマンホールの蓋を造っているという、鋳鉄工場の番組があったなあ。

マンホールの蓋は、何故、□ではなくて〇なのか、ご存じですか?

|

« 遊302:釜屋酒造の蔵祭り | トップページ | 路263:誇大表示か? »

コメント

様々な理由ががあるものの、明確な理由はないようですね。

投稿: yone | 2017年3月18日 (土) 21時50分

色々の理由が提示されていますが、もっともだ
と思われるのは、
「四角などだと、蓋が穴に落ちてしまう」
というあたりでしょうか。


投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年3月19日 (日) 20時41分

ひゃ〜タヌキ可愛い。
昔々、タヌキそっくりの男の子と付き合っていて・・
街でタヌキ関係のシールやパンフを見るとつい持ち帰ったりしてました。マンホールの蓋は重過ぎて持てないわ。

6月にシルクロード方面に旅行の予定ですが、西安の青龍寺では四国八十八箇所お遍路の「0番札所」の御朱印証がもらえるって。代参して来ましょうか?

投稿: ぷうぷう | 2017年3月26日 (日) 21時49分

青龍寺は空海が恵果和尚から真言を受けた地。
その名に因んで創建されたのが四国36番の
独鈷山青龍寺で、御本尊は波切不動。
酔仙は2015年10月に参拝しています。

青龍寺の前の村で、道を横切るタヌキのような
動物を見かけました。尋ねたら、ハクビシンが
住み着いているとのこと。
酔仙は先日、アナグマ鍋をいただきましたが
タヌキ汁やハクビシン焼はまだ味わっていません。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2017年3月27日 (月) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路262:マンホールの蓋にタヌキ:

« 遊302:釜屋酒造の蔵祭り | トップページ | 路263:誇大表示か? »