« 雑544:ドラゴンフルーツを初食 | トップページ | 路259:百万本のバラ »

2016年12月25日 (日)

遊294:ジビエ料理の鹿焼肉、アナグマ鍋を食べる

町内のNさん主催で、今日は西公民館でのジビエ料理の会。10時に西公民館の厨房に集まったのは12人のオジサンたち。

20161225_003

Nさんの九州のお友達の猟師さんから送られてきたのは、鹿肉のロース、腿肉と、アナグマの肉。まず鹿肉はジンギスカン鍋で焼肉にする。下味もきいていて焼くだけで美味しい。

20161225_012

アナグマは味噌鍋と醤油味鍋に。野菜も十分に煮込んで、次々にお代わり。持ち寄りのお酒もたっぷりなのだが、酔仙はこの後、車で古河の篆刻教室に往復するため、ノンアルコールビールで我慢々々。(+_+)

赤ワインに、香辛料、柚子をいれて熱燗にしたホットワインを皆さんに供して、好評だったのがうれしい。

20161225_023

〆には、ほうとうの幅広麺を煮込んで、皆おいしく完食した。最後は食器、厨房をきれいに清掃して、2時に散会。楽しくて美味しいひと時を、Nさんに感謝。来年もまた美味しく集まれますように。

似たような動物と思っていたのだが、アナグマ:イタチ科/タヌキ:イヌ科/ハクビシン:ジャコウネコ科/アライグマ:アライグマ科・・・それぞれ違うようだ。でもどれも美味しいのかな。

|

« 雑544:ドラゴンフルーツを初食 | トップページ | 路259:百万本のバラ »

コメント

私は昨晩も、青魚の刺身と焼き魚、特製ドレッシング付き
豪華山盛りサラダ、というお決まりの「地冷え」料理です。

富山県での勤務時代、城端にあった「野味」料理屋で、
熊や兎等を食べたことはありますが、アナグマは未だ鴨。
当時小学生だった娘が、兎が美味しいと言って食べていたので、
若干複雑な思いを持ちました。

投稿: yone | 2016年12月26日 (月) 08時20分

酔仙は食べ物には比較的偏見はありません。
お犬さま料理(ポシンタン)を食べたいと以前から
思っているのですが、見当をつけて三河島の店まで
出かけたもののハズレとなり、その後ずっと
機会がありません。横浜の「東北人家」のメニューに
載っているとのことなので、いずれお誘いしたい
ものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年12月26日 (月) 15時09分

僕は、ソウルに出張した度に、犬の焼肉に連れて行ってもらいました。
スープ(湯)というよりジンギスカン型の焼肉だったように記憶しています。
仏教徒と言っていた現地の人は、食べなかったですね。
僕も探してみます。

投稿: yone | 2016年12月26日 (月) 19時01分

では、来る2017年の課題は、お犬さま料理
ということで探索を。戌年ではなく酉年なので
バチは当たらないでしょう。

ボタン、サクラ、モミジも食べたいです。

当たって困るはバチと鉄砲玉、当たれば嬉しい
宝くじ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年12月27日 (火) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊294:ジビエ料理の鹿焼肉、アナグマ鍋を食べる:

« 雑544:ドラゴンフルーツを初食 | トップページ | 路259:百万本のバラ »