« 本171:古代学の発展的継承をめざして(上田正昭) | トップページ | 雑525:パセリの虫 »

2016年8月 1日 (月)

山128:霧ヶ峰トレッキングは快晴

昨31日は、町内の体協と山の会での霧ヶ峰トレッキング。標高差200米ぐらいなら何とか歩けるだろうと酔仙も参加。大型バスで計31人の参加者。朝5時の集合はさすがに眠い。

佐久南ICで下りる。旧中山道を経て、くねくね道の急登は、第78カーブまで表示板を数えて、和田峠まで登りきるとすぐに八島湿原の入り口。予定通り9時半着。天気を心配していたのだが、一日中快晴で、涼しい風も吹いて、絶好のハイキング日和りとなった。

20160731_014

八島湿原は、昔に来たことがあったと思うのだが、ほとんど記憶に残っていない。木道は湿原を右手に眺めて、高原の花を楽しみながらぐるりと回りこんでいく。ヤナギラン、マツムシソウ。

 20160731_016_2 20160731_017_2

閉じられて荒れた小屋のあたりで一休み。そこからゆるゆると登り道で、振りかえると湿原が一望できる。

20160731_031

蝶々深山(ちょうちょうみやま)と物見岩までくればさらに眺望が広がる。

20160731_041_2

中学生などの団体グループがつぎつぎと賑やかに行き交う。前方右上にぽつんと見える、気象レーダーのパラボラアンテナ塔が、今日の目標の車山頂上。

20160731_050

一度下ってからの登り道が一気に急坂となり、今日一番の胸突き八丁。すぐ目の前を、スキー場のリフトですいすい昇ってゆく観光客がうらやましい。

20160731_061

12時半、やっと広い頂上に到着。車山神社にレーダー塔。登山客、観光客があちこちで眺望を楽しんでいる。

20160731_071

左手に蓼科山から続く八ヶ岳連峰。赤岳はちょっと雲の中。右手には南アルプス、中央アルプスが連なる。

(↓クリックして拡大)

20160731_07068

陽射しは強いが、涼しい風に吹かれながら昼食。冷凍缶ビールがほどよく融けて、きりっと冷えていてうまい。Hさんが担ぎ上げたスイカの大盤振る舞い。よく冷えていて甘い。ごちそうさま、ご苦労さまでした。

20160731_072

下山はスキー場の下で待っているバスまで下る。リフトはまっすぐだが、歩く道は大きく迂回していく。

20160731_091

途中のレストラン前には、車山天狗水が。

20160731_086

2時半、バスの駐車場に下りついて、今日の歩きは終了。腰痛もなんとか持ちこたえてくれた。帰りの温泉は、白樺湖畔のすずらんの湯。2014年11月にも、ヒュッテアルビレオに泊まって帰りに一風呂浴びたなあ。風呂場から湖も眺められる良いお湯である。

風呂上りにはやはりビール。食堂のおばさん、唐揚げはまだ?時間がないから持ち帰りにしてね!

恒例の車中宴会をしながら、夜9時、無事に帰着。幹事さん達のお世話ありがとうございました。また次回もよろしく。

|

« 本171:古代学の発展的継承をめざして(上田正昭) | トップページ | 雑525:パセリの虫 »

コメント

スイカがうまそう。!!よく冷えたスイカとありますが本当に冷えていたの!!よく担ぎ上げましたね。
ビールも凍らせて持参したのでしょうか。
何事も努力ですね。

投稿: 川崎の酒仙 | 2016年8月 1日 (月) 21時24分

酔仙様

お元気な様子で何よりです。わたしは静岡市に
いた時に、車山へスキーに何回か行きました。
雪の景色ばかりで、夏場の景色は見たことがありません。夏にも行くべきですね。
スイカを持って行った人には頭が下がりますね。
  水無月一平

投稿: 水無月一平 | 2016年8月 2日 (火) 09時32分

>よく冷えたスイカ・・・・
ペットボトルの凍らせたお茶を保冷剤にして
担ぎ上げたので、よく冷えていました。
酔仙はいつも缶ビールを凍らせておいたのを
持っていきます。ほどよく融けるタイミングが
難しい。

>夏場の景色は・・・・・
山の湿原から草原を歩いて、眺望と色々な花が
見られるので、楽しいコースでした。
酔仙も今は腰痛で無理が出来ないので、
標高差200米ばかりの、これぐらいの
コースがちょうど身に合っています。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年8月 2日 (火) 11時25分

今朝、三原山に登って来ました。
所要時間45分とある所を、30分で歩き登りました。
その後、行者窟への海岸歩道の入口まで歩いたりもしたので、
今日の歩数は、26,908歩でした。
流石に暑かったです。

投稿: yone | 2016年8月 4日 (木) 21時12分

ガイドブックで〇時間のコースを、たった△時間で
歩きました、というのを、酔仙はもう止めました。

既に2011年7月の丹沢縦走では、どの案内書にも
一泊二日とあるところを、二泊三日で歩いて
おかげで、ゆっくりと山を楽しめました。
山の良い所は、自分の体力、暮しに合わせて
緩急自在に歩けることです。
また、他のすべてのスポーツと異なるのは、
勝った負けた、倒した倒された、というような
競争が無い事です。近いものといえば、
お遍路でしょうか。

そういう山歩きに出会えたことには、感謝して
います。yone さんも皆さんも、そんな山歩きを
楽しまれますように。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年8月 4日 (木) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山128:霧ヶ峰トレッキングは快晴:

« 本171:古代学の発展的継承をめざして(上田正昭) | トップページ | 雑525:パセリの虫 »