« 遊281:浅草の北あたりを散策 | トップページ | 路258:飛行犬とは何だろう »

2016年5月 8日 (日)

路257:お犬様の注意書き2題

浅草の北あたりを廻っていたら、途中のお寺でお犬様がらみの注意書きを見かけた。通常は、「糞は持ち帰れ」とかの注意書きなのだが。

20160507_031

お寺で飼っている犬が可愛いので、近所の人がつい食べさせてしまうのだろうか。食べ過ぎ太り過ぎは、犬でも人でも良くは無い。

神社の水盤舎には、こんな注意書きが。

20160507_037

まあ、散歩中の愛犬がのどが渇いているから、とはいっても、人間様の、それもお浄め水の柄杓を使っちゃあいけませんね。

|

« 遊281:浅草の北あたりを散策 | トップページ | 路258:飛行犬とは何だろう »

コメント

動物愛護かなんかは知らんが、畜生を矢鱈に
人間と同等の扱いにする所が、気に入らん。

投稿: yone | 2016年5月 9日 (月) 06時52分

ほんの少し以前には、犬猫は放し飼いで
餌は家人の残飯というのが普通でした。
この頃は、血統書付きで室内飼いが普通に
なってしまいました。
過ぎたるはなお及ばざるがごとし。

おっと、酔仙の長男夫婦のところのワンちゃん
2匹でン十万円するとかいっていたなあ。
まあ、帰省の時に連れて帰ってくると、
孫代わりでそれなりに可愛いのですが。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年5月 9日 (月) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路257:お犬様の注意書き2題:

« 遊281:浅草の北あたりを散策 | トップページ | 路258:飛行犬とは何だろう »