« 政099:NHK死んだ!明日からはMHK。 | トップページ | 巡062:やっと帰宅 »

2016年4月28日 (木)

巡061:一草庵と53番円明寺、52番太山寺

4月16日。宿の朝食は略して、6時半頃発つ。道後温泉本館の前は、浴衣姿の朝湯の客が行き交う。きれいな用水路沿いの道を、護国神社から一草庵へ。

酔仙の好きな自由律の俳人種田山頭火の終焉の地である。平屋の小さな家だがきれいに修復され、回りもきれいに整備されている。

201604165352_027

呑んだくれの独り者老人の終の住家としては十分だったのでは。この部屋で若い人たちと句を交わし、ぽっくりと大往生したのか。

201604165352_031

196号線は車の通りが多いが、用水路を挟んだ通りが人と自転車の道なので、自転車通学の生徒たちと行き会いながら、ゆっくりと歩けるのがうれしい。

室岡山蓮華寺は、樹木の繁った小山一つが境内。門脇には、古墳の石棺の底が展示されている。番外なので、他の人の姿は無く、ご住職達から丁寧にご朱印を頂いて、お接待の飴もいただく。

201604165352_082_2

高音寺で一休み。鬼子母神のお堂や、石仏、カラオケ狸など、広くはない境内に、色々のものが並んでいて面白い。

201604165352_112

52番太山寺を先に目指していたのだが、道標を見失って、道を尋ねてもよくわからない。おおよその見当で歩いて行ったら、伊予和気駅近くの、53番円明寺の方に出てしまった。取りあえず駅前の民宿上松に重い荷を預けて、円明寺から先に参拝する。団体でのお遍路さんが多く、駐車場でおばあさんからお接待のパン、ジュースをいただく。

201604165352_126

結果的には、ここで切りあげて、松山駅で切符を買って帰宅するのだから、列車で松山まで引き返して宿を探す方が正解だったのかな。

昨日からの右足脛の痛みが続くので、少し足を曳きながら、最後の52番太山寺へは、まっすぐ2キロの車道を往復。一ノ門から先がけっこう登り坂、石段で距離がある。

201604165352_137

国宝の鎌倉時代の本堂は、さすがにその大きさと屋根の反りが調和していて見ごたえがある。

201604165352_158

スリーボンド創業者、鵜久森税氏の奉納碑があちこちに見られたが、出身地と関係するのだろうか?

201604165352_161 201604165352_170

さて、JR伊予和気駅まで戻って昼食。当初予定を越えて53番まで打ち終わったし、足も痛いので、今回はここで区切り打ち終了と決める。帰りの切符を買わなければいけないのだが、伊予和気駅は、建物はちょっとしゃれているのだが、みどりの窓口どころか、既に無人化している。

201604165352_188

なので、午後は松山駅まで二駅を往復し、ついでに市内見物もする。

201604165352_195

JRの松山駅とは離れて、伊予鉄の松山市駅があって、ここの駅前から「銀天街」のアーケード。

201604165352_218

L字型に、大街道アーケードにつながっていて、買い物客などで賑わっている。並んでいるお店も、都会風。これはからくり時計。

201604165352_235

街も十分見たし、お土産も買ったので、また引き返して、民宿上松でゆっくり、夕食とお風呂。明日は帰途につく準備もできた。

201604165352_251_2

|

« 政099:NHK死んだ!明日からはMHK。 | トップページ | 巡062:やっと帰宅 »

コメント

足の痛さに耐えて歩く。。。悲壮感が漂ってきましたね。
今はどうですが。

投稿: yone | 2016年4月28日 (木) 13時49分

歩きはじめ2,3日はふくらはぎが痛くなるのですが
スネに痛みが出たのは今回が初めてです。
帰宅後10日ほどで、かなり痛みが減りました。
シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)とかいう
症状らしいです。脚の酷使と、重心が後ろ寄りの
歩き方などが原因だそうですが、スネに傷は
ありません。(笑

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年4月30日 (土) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡061:一草庵と53番円明寺、52番太山寺:

« 政099:NHK死んだ!明日からはMHK。 | トップページ | 巡062:やっと帰宅 »