« 巡054:43番明石寺から鳥坂を越えて、大洲へ | トップページ | 巡056:鴇田峠を越えて久万高原町へ »

2016年4月22日 (金)

巡055:内子から大瀬へ

4月11日。宿を発って、国道沿いにずっと行く。黒内坊からは、山あいの道を抜けて内子の町へ。登校途中の子供たちが元気。

20160411_007

内子運動公園を経て、思案堂の御堂の前の花がきれい。

20160411_043

内子の町に下って、現役の芝居小屋である、内子座を外から見る。昔と今がつながる雰囲気。もう少し時間があれば、小屋の中も見ておけばよかった。

20160411_055

内子六日市には古い商店、建物がきれいに保存されて、街並みが続いている。

20160411_071

内子の町を出ると小田川沿いに、山あいと人家とを抜けながら延々と歩き続ける。腰痛がちょっと不調。大瀬の村の休憩所二ヶ所は、昔ながらの辻堂を模したものか。途中の梨園はちょうど花盛り。

20160411_102

長岡山トンネルを抜けたところに、珍しく、お遍路無料宿が。野宿のお遍路は嫌われるのだが、ゆったりと畳に布団も備えられている。貼り紙などを読むと、〇長の家の信者のおばあちゃんの提供らしい。ありがたく、昼食を兼ねてゆっくり休ませていただく。

20160411_109

途中に曽我十郎の首塚云々の標識。曽我十郎神社の祭りの写真を掲げた休憩所も。なぜ四国に曽我十郎か?不詳。

3時半、民宿「来楽苦」に到着。”ライラック”ではなく、”きらく”だった。(笑

20160411_172_2

気さくで話し好きなご主人。隣りの自家製豆腐とお酒の店を息子さんに任せている、とのことで、夕食は豆腐料理。

20160411_174

「今晩は村の寄合いで出かけるから、勝手に食べて飲んで、飲んだ分は明朝自己申告してね」と。同宿のT山さんといっしょに、お酒も進み、楽しい一夜。

20160411_176

はて最後のあたりはちょっと記憶が無いのだが、なんとか無事に寝込んだようだ。

|

« 巡054:43番明石寺から鳥坂を越えて、大洲へ | トップページ | 巡056:鴇田峠を越えて久万高原町へ »

コメント

内子では、「木蝋資料館 上芳我邸」を見学した事があります。
「内子座」も見たように思います。

投稿: yone | 2016年4月24日 (日) 23時19分

本日夕刻、貴州省から戻りました。
主に少数民族について、これから書いて行きたいと思います。

投稿: yone | 2016年4月24日 (日) 23時21分

四国の山間部は、山は緩やかですが耕地は
少ないので、江戸時代には木蝋や和紙などの
地場産業育成に努めたのでしょうね。

内子の町はまだがんばっているほうですが、
旧街道沿いの町の多くは、さびれたところが
多いです。次の大震災が来るまでは、東京の
一極集中は止まらないでしょう。阪神、三陸、
熊本と、神様は警告していらっしゃるのですが。

今回は中国南部でしたか。山紫水明の観光地も
いいですが、少数民族のありかたなども興味
深い所です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年4月25日 (月) 11時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡055:内子から大瀬へ:

« 巡054:43番明石寺から鳥坂を越えて、大洲へ | トップページ | 巡056:鴇田峠を越えて久万高原町へ »