« 遊277:昭和記念公園でお花見を | トップページ | 巡049:宿毛へと、朝から夕方まで乗り続ける »

2016年4月19日 (火)

巡048:お四国を、40番から53番まで歩いてきました

四国88ヶ所の区切り打ち、今回は4/5~4/17、40番観自在寺から53番円明寺までを歩いて、無事に帰宅した。往復に一日づつ、歩いたのは正味11日間で計13日、約200キロの予定をほぼ消化することが出来た。

(↓クリックして拡大)

20160417_060_

   [?歩数は、ケータイのバッテリー不調で、一部測定漏れのあるところ]

これから撮りためた写真を整理しながら、記事を掲載していくので、引き続きごひいきよろしくお願いします。

出発するときは桜の季節だったのが、帰宅すると、家の周りはすっかり春の花模様になっていた。

20160419_009

花水木、牡丹、躑躅、等々、春も盛りになった。

20160419_005

歩いている時は新聞もテレビも見ていないので、熊本地震の報道も断片的に聞くだけだったが、家で新聞テレビを見直していて、被害状況の大きさに驚いている。

|

« 遊277:昭和記念公園でお花見を | トップページ | 巡049:宿毛へと、朝から夕方まで乗り続ける »

コメント

お帰りなさい!!
1週間ぐらいかと思ったら13日間も家を空けていたのですか。家が恋しくなったでしょうね。
毎日ブログを開けていました。一向に更新が無いのでさびしい限りでした。疲れて更新しないのかとも思って心配していましたよ。
13日間で13寺ですか。意外に稼げないものなんですね。1日で1寺の計算ですと残りが35,35日間かかる計算になるね。大変ですね。
食事は如何でしたか。高知のうまいものを食べ歩いたというわけではないのでしょう。アルコールは断ったというわけではないのでしょ。
すこしは痩せたでしょうね。
それにしても歩き続けるとはたいしたものだ。
これから、武勇伝を楽しみにしています。
お疲れ様でした。

投稿: 川崎の酒仙 | 2016年4月19日 (火) 18時51分

まあ何とか無事に帰宅できましたが、熊本の
地震の被災者の方々には大変お気の毒です。
明日は我が身と、あらためて防災準備の見直し
などしておかねば。

おへんろ中、朝夕は宿でしっかり食べ、昼は
コンビニ弁当が主でした。体重は、前後で
64.4kg→64.7kg と微増。(^_^;)

取りあえず、留守中のメールと新聞の切り抜きを
済ませて、と。他にも溜まった用事をこれから
片付けていきます。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年4月19日 (火) 22時37分

ともかく、お帰りなさいませ!!
ご無事でなによりです。

熊本、エラいことになってます。
私は阪神大震災を経験していますが、規模といい、期間といい、
遥かに。。。。

こういう活断層だらけの地面の上に生活を築きあげているのは、
病気を抱えながらなんとか明るく日々を過ごしている人の気分です。

したいことはしておかなくちゃ。

投稿: ぷうぷう | 2016年4月19日 (火) 22時41分

おかげさまで無事に帰宅できました。

阪神淡路、三陸フクシマ、熊本・…
どうも日本列島が活動期に入っているような。
それとも、神様か仏様が、次の関東大震災は
こんなものじゃ済まないよ、と我々に親切な
警告を発しているのか。

しかしながら、原発再稼働、五厘誘致と
AB政治は真逆の方向に暴走しています。
ワシャもう知らんよ、こんなアホな国、と
言いつつも、酔仙は時々都内方面へも遊びに
出かけています。人間って愚かですなあ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年4月20日 (水) 00時09分

お疲れさまでした。惜しかったですね。私どもも9日は内子・大洲を周っていたのに。10日の午後からは、道後から今治へ向かいました。
私が小学生のころ遊んでた「石手寺」よく見てきてくれましたか?お寺の後ろのトンネルも
通りましか?いずれにしても写真楽しみにしてます。トラトラトラ

投稿: 湘南の酔仙 | 2016年4月21日 (木) 17時55分

ちょっとすれ違いで会えなくて残念でした。
石手寺は、他の札所の寺とはかなり違っていて
濃~イ雰囲気というか、なかなか盛り沢山な
酔仙好みの境内でした。トンネルも往復して
きました。

後ほどじっくりと記事にまとめますので
乞う御期待。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2016年4月21日 (木) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡048:お四国を、40番から53番まで歩いてきました:

« 遊277:昭和記念公園でお花見を | トップページ | 巡049:宿毛へと、朝から夕方まで乗り続ける »