« 巡037:10月23日、久礼へ | トップページ | 雑481:高倉健さん没後一周年 »

2015年11月 3日 (火)

巡038:10月24日、37番岩本寺

朝7時少し過ぎに久礼を発つ。コースは二つあるが、そえみみず遍路道はしんどそうなので、大坂遍路道を取り、大坂谷川に沿う車道をゆっくり上ってゆく。

両側の山と山とに、頭上をまたぐ高速道の橋が架けられており、よくまあこんなものを造ってしまうのだなと感心する。

2015102437_021

古い峠道は、人の足や荷車でも往きやすいようにゆったりと出来ているが、今時のお役所が造ると、峠の手前でいきなり急こう配の木段になったりして、無理がある。

2015102437_034 2015102437_036

七々子峠の駐車場に出ると、がらりと地勢が変って、山あいに田んぼやショウガ畑が緩やかに広がって続いている。国道を避けて、左側の山沿いの車の通らない道を、影野へ下ってゆく。ご近所総出のショウガの収穫風景も。

2015102437_056

雪椿という雅な名前の休憩所は、そのそばの樹齢300年のお雪椿の伝承に因むものだという。

2015102437_069

大本山活禅寺窪川別院とある禅寺が。この宗派の戦後の開祖・徹禅無形大和上がこの地の出身だということらしい。

2015102437_074

土讃線が河を渉る所の小さな鉄橋。鉄とコンクリートの造形に味がある。

2015102437_095

六反地駅前バス停のそばに、「幸霊祠跡・山家清兵衛公頼」の碑が。帰宅後にググってみると、伊達氏の家臣で宇和島藩家老だったが上意打ちにされた山家公頼(やんべきんより)のことだろう。しかし、なぜ土佐の影野にあるのかは不詳。

2015102437_102

14:40、37番岩本寺の門前に到着。

2015102437_144

まずは境内に入って参拝。境内のすぐ裏を鉄道の気動車が走り抜けてゆく。

2015102437_147

円筒形の小堂は歓喜天のお堂。

2015102437_157

15:40、窪川駅近くのまるか旅館に投宿して、今日も無事に終了。

2015102437_173

やっと札所が二つか。

2015102437_176

|

« 巡037:10月23日、久礼へ | トップページ | 雑481:高倉健さん没後一周年 »

コメント

「そえみみず遍路道」は、ミミズがはった跡
のようにうねうねと曲がりくねっていること
から名付けられたとのこと。

「山家清兵衛公頼」を祀った「和霊神社」の
「和霊大祭」に関連した「牛鬼」は未だ観て
ないので、近いうちに観に行きたいとは思っ
てます。
機会があれば、またお誘いします。

投稿: yone | 2015年11月 3日 (火) 19時40分

本社は宇和島の和霊神社ですか。
恨みを呑んで枉死した者の霊魂が崇り、それを
鎮めるために神としてあがめるというのは
よくあるパターンです。

そういえば、昔会社の先輩に山家(やんべ)さん
という方がおられたが、この縁戚の人かも
しれない。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2015年11月 3日 (火) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡038:10月24日、37番岩本寺:

« 巡037:10月23日、久礼へ | トップページ | 雑481:高倉健さん没後一周年 »