« 巡030:29番国分寺、30番善楽寺、高知観光 | トップページ | 巡031:31番竹林寺から34番種間寺 »

2014年9月25日 (木)

遊237:小雨降る神楽坂

昨24日は、昔の会社のおなじみ同期4人での暑気払い会。既に秋も深いので、無事に暑気を払い切ったお祝い会、ということか。3時半にJR飯田橋駅でまず3人が集合。酔仙はこのあたりまったく地理不案内なので、ここは子供のころから来ていたというAさんが幹事兼案内役。

東京理科大学の本部のあるところでもあるので、神楽坂キャンパスの入り口には、こんな彫像が。”ノアの方舟”らしいが、よくわからん。

20140924_005 

あいにく台風っ気の天気で、傘を出すと雨がやみ、たたむとまた降りだす。表通りから少し入ると、坂道と細い路地が入り組む迷路が続く。見番横丁、かくれんぼ横丁、芸者新道、などの艶っぽい標識も。あちこちに、黒塀、植込みの瀟洒な高級料亭のお店が。一見の客が入る構えではなし、何十軒以上の商いが成り立っているというのが不思議である。

銭湯「熱海湯」も営業中。湯上り姿の芸者さんなどを期待したのだが、見られなかった。

20140924_007 

こちらは、かの大女優、木暮実千代さん('90年没)が創業した旅館和可菜で、妹の和田敏子さんが女将をやっており、多くの著名作家が原稿書きのカン詰にされた、”ホン書き旅館”としても有名なのだとか、云々。すべて受け売りです。(^_^;) なるほど、「木暮」「和田」の表札が。

20140924_020_2 

雨を避けて、「神楽坂茶寮」でちょっとお茶をする。

20140924_027 

善國寺毘沙門天で、仕事帰りの、4人目のTさんと合流。既に暗くなりかかっていて、寺務所は閉められており、御朱印はまたの機会に。

20140924_032 

今日の会食は、「ろばたの炉」。焼き物がおいしく、冷酒もおいしく、〆のマグロカマ焼きと雑炊は、なかなか食べきれないほどだった。

20140924_048 

楽しい半日で、幹事のAさんに感謝。次回は忘年会になってしまうのだなあ

|

« 巡030:29番国分寺、30番善楽寺、高知観光 | トップページ | 巡031:31番竹林寺から34番種間寺 »

コメント

いつも楽しそうで美味しそうでシアワセね。

冒頭のアレ、最初に上半分だけが見えてギョエ〜ッとなりました。
球体がびっしり並んでるの、怖い!! 特にコレはヘンに大小があって
さらに凄みがあります。あ、健康サンダルは平気です。
なんでも知ってる酔仙さん、この恐怖症ってナンでしょう?

投稿: ぷうぷう | 2014年9月25日 (木) 19時44分

尖端恐怖症というのならわかりますが
ツブツブ恐怖症というのは初耳です。
幼児期にイクラを喰ったむくいとか、
そんなことはないか。

酔仙はにょろにょろ恐怖症ですね。
これは子供の頃に、理科室の蛇の標本で
いじめられた後遺症だとわかっています。
山道に縄が落ちていても、一瞬ギョッと
します。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年9月25日 (木) 21時33分

いゃはっは・・
酔仙さまに質問を投げかけてから、自分で "恐怖症" を
ググってみたら・・あるある。。
御丁寧に映像まであって。。 蓮(はちす)恐怖とか、
ダム恐怖とか。ブツブツなんかはヤマイも軽い方。
私、蓮そのものは怖くないですが、その模様を手足に
コラージュした写真を見てギャッ!!

酔仙さんも一度検索なさっては?
アナタの知らない世界よん。

投稿: ぷうぷう | 2014年9月26日 (金) 11時34分

あえて自分の恐怖症を暴くのは、自滅行為に
なるでしょう。高所恐怖症とか落下恐怖症とか
夢の中で見ちゃったら救われない。
知らない幸せも大切に。

”陶酔症”ならいいかな。アルコールの匂いを
かぐとうっとりするとか、丸い卵を見ると
どうしても握りたくなるとか・・・・ン、それも
別の意味でアブナイか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年9月26日 (金) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊237:小雨降る神楽坂:

« 巡030:29番国分寺、30番善楽寺、高知観光 | トップページ | 巡031:31番竹林寺から34番種間寺 »