« 巡024:お四国遍路区切り打ち、第2回は35番まで | トップページ | 山120:日光男体山に初めて登る »

2014年9月21日 (日)

巡025:23番薬王寺から海部まで

さて、いよいよ区切り打ち第2回のスタート。

9月6日(土)。朝6時にHW駅を発って、途中の乗り換え6回。何とか滞りなく、前回終了したJR日和佐駅に3時過ぎに到着。まずは23番薬王寺に参拝して、前回の御礼と今回の前途無事を祈る。

2014090623_042 

泊りは、日和佐の街中の民宿弘陽荘。少し古いが、十分な夕食とビールで明日に備える。

2014090623_066 

9月7日。お遍路は、通常、朝は6時起き、6時半朝食、7時発ち。薬王寺の山門前で一拝してから、国道55号沿いに歩きはじめる。日和佐トンネル、打越寺を越えて、途中、水車のある休憩所でおばあちゃんから茶菓のお接待をいただく。珍しく、若い女性のお遍路さんともお話。

20140907_021 

美波町から牟岐町へと入る。牟岐駅前にはシダの葉が繁った大きなヤシの樹に、雨情の歌碑や東京オリンピック聖火の像が立つ。駅前の民宿・食堂あづまは、戸口を開けたまま誰もいないので、向かいの小さなショッピングセンターPORTOでうどんの昼食。

20140907_034 

1時半、鯖大師に着いて参拝。3年鯖断ちすれば願いが叶うとか。

20140907_051 

札所や番外札所の寺々も、お商売 布教活動に熱心な所、そうでないところと様々。ここの寺の入り口には新しいお堂、本堂の背後にはきれいな多宝塔が建てられ、へんろ会館もある。

20140907_054 

後半、右足の具合が良くない。小雨が少し強くなったので、菅笠をザックに着けて折畳傘で歩いていたら、雨が止んで一休みして、菅笠をどこかで落としてきたのに気がついた。後の祭り。(T_T)

やっと海南町について、コンビニスリーエフで焼酎など買い物したら、女店員さんから、お接待です、とペットボトルのお茶をいただいた。少し気を取り直す。

4時10分海部駅前の民宿海部に到着。同宿は、埼玉の日高からだというオジサン一人。

20140907_067 

今日は歩きはじめで気負ったのか、27.7キロは長すぎた。もう少し無理せずに歩きつづけられるようにペースダウンしなければ。

|

« 巡024:お四国遍路区切り打ち、第2回は35番まで | トップページ | 山120:日光男体山に初めて登る »

コメント

う~ん・・菅笠は何処へ・・・。

投稿: vagabond-k | 2014年9月21日 (日) 20時01分

この菅笠の件は、次の、お大師様からの頂きもの
の記事で。

歩きはじめ一日目は、ちょっと無理をしたせいで
足腰にこたえました。人の体は正直です。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年9月21日 (日) 20時31分

「鯖断ち」ですか。。。
鯖の塩焼きで、酒を飲んでます。

初日から飛ばしてますね。
学生時代に、自宅から愛宕山に登り、周山
まで降りて、亀岡まで歩いたような記憶が
ありますが、確か30㎞位だったと思います。

投稿: yone | 2014年9月22日 (月) 18時00分

学生時代ならば、京都奈良の間の40キロを
3度完歩しました。奈良女のおネエちゃんの
歓待を期待しての不純な動機が始まりでしたが
なるほど、平家物語で以仁親王が落馬したのは
このあたりでへばったからか、などと、貴重な
歴史体験もしました。

初日からの飛ばし過ぎは、何事でもいけません。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年9月22日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡025:23番薬王寺から海部まで:

« 巡024:お四国遍路区切り打ち、第2回は35番まで | トップページ | 山120:日光男体山に初めて登る »