« 山115:田代山の高層湿原は梅雨のなか(そのⅠ) | トップページ | 雑412:今年のジャガイモは不作 »

2014年6月23日 (月)

山116:田代山の高層湿原は梅雨のなか(そのII)

夜中時々目が覚めて、川の水音と雨音が気になっていたが、翌朝は朝から小雨。朝風呂を浴びてから朝食。7時半前には頼んでいたジャンボタクシーが迎えに来て乗車。道はどんどんと山の中に入っていって、8:10には猿倉登山口に着いた。雨具に身を固めて、小雨のぱらつく中を登り始める。

最初は沢沿いに、それから山の尾根へ向かって登ってゆく。道は急坂が続くが、登山道は良く手入れされている。雨と汗とでけっこう濡れてきたころ、やっと道の先が開けて小田代のちいさな湿原に出る。

20140622_016 

ワタスゲ、イワカガミ、チングルマなどの花が迎えてくれて、写真を撮りながら一休みする。

20140622_019 

ここから田代山頂の湿原へは、また一登り。時間的には短いが登りでのあるコースだ。小雨の中だと余計にこたえる。10時に山頂の湿原に出る。雨雲で遠望はきかないが、緩く広がる湿原には、色々の花が続く。

20140622_020 

池塘や、庭園の流れのようなところもある。


20140622_042 

木道をたどりながら、花の写真を撮るのにも忙しい。


20140622_046 

湿原の端に、田代山1,926米の標識。どこも同じような高さだから、まあこの辺で、と立てたものかな。湿原のはずれの休憩所で一休み。大師堂を兼ねた避難小屋と、新しいきれいなトイレ。この季節だと、できれば屋根のある東屋もあればなあ。

湿原の花々に満足して、次は帝釈山へ向かう。一度急な道を下ってからの登りかえし。途中には初めて見る小さな白花の草が続く。帝釈山に多いオサバグサだという。シダに似た葉が、機織りの「筬(おさ)」を思わせる

20140622_050 

所により、まだ残雪も残っていたりする。

20140622_052 

山頂近く、ゴロゴロ岩と木の根の重なる道にもてこずる。

20140622_059 

田代山から帝釈山まで1時間のコース予定が、2時間近くもかかって、12時半やっと到着、2,060米の標識。それでも、頂上あたりからやっと小雨が止み、近くの山の峰も眺められるようになった。

20140622_064 

あとは馬返し登山口まで、0.9キロの下り道だが、これも30分のコース予定が、45分ばかりかかってしまった。やはり雨の時は時間がかかるものだ。遅れながらも予定コースを完歩して、1:18に到着。1時に迎えに来てくれていた運転手さんごめんなさい。

登山口から、桧枝岐の村を抜けて、会津高原尾瀬口駅まで、タクシーでどんどんと下っていく。歩き疲れもあって、うとうとしたりする。Nさんは先に列車で帰るが、あとの6人は、駅前直ぐの温泉、夢の湯で3:20下車、一風呂浴びて缶ビール。平成元年温泉噴出のポスターが貼られている。

20140622_077 

遅い昼食を駅ソバでかきこんで、16:23発浅草行き区間急行に間にあう。時間はかかるが乗り換えなしで席は空いている。車窓の景色を眺めながら、残りのお酒とおつまみでボックスシートで最後の宴会も楽しい。Kさんは独り爆睡。19:04板倉東洋大前駅で皆さんと別れて、帰宅の途につく。

今回も山の仲間と楽しい山行が出来て良かった。幹事のKさんもありがとうございました。

|

« 山115:田代山の高層湿原は梅雨のなか(そのⅠ) | トップページ | 雑412:今年のジャガイモは不作 »

コメント

ブログには書きませんでしたが、霧が峰
では「八島ケ原湿原」を歩きました。
標高は1,630mです。

山のジャンボタクシーは、何人乗りですか。

投稿: yone | 2014年6月23日 (月) 18時53分

尾瀬ヶ原は周りを山に囲まれた高層湿原ですが
こういう平らな山頂に広がる高層湿原を歩くのも
楽しいものです。もう少し晴れてくれれば
周囲の眺望も楽しめたのでしょうが、まあ、
梅雨時覚悟で出かけたので、たくさんの花を
見られたことでよしとしましょう。

会津交通さんのジャンボタクシーは、補助席も
使えば、9人か10人は乗れるでしょうか。
アプローチの不便な山行では、タクシーが
最後の交通手段です。往復とも同じ運転手さんに
お世話になりました。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年6月23日 (月) 20時05分

おや!まあ!
1時間の予定のところが2時間かかったとは。
健脚揃いの皆さんにしてはどうしたのでしょうか?ガイドブックがおかしいのでしょうか。

ビールを飲みながら歩いたのでしょうね。
飲酒歩行はいけませんよ!

投稿: 川崎の酒仙 | 2014年6月25日 (水) 13時40分

田代山から下山までは、ガイドブックの
コース時間の5割増し以上かかりました。
雨のせいか、歳のせいか、お酒のせいか。
今回は歩きながらお酒をやる余裕はなかった
のですが、前日に飲んでましたからねえ。

代わりに、往復の列車の中ではゆっくりと
酒宴が出来ました。すいていたので、他の
乗客に迷惑かけるようなことはしていません。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年6月25日 (水) 16時17分

お疲れ様でした。田代山、帝釈山ともに随分前から行きたかったところでしたので、楽しかったです。花の時期もばっちりでした。
これで、尾瀬周辺の山はほとんど行ったでしょうか。
また、よろしくです。

投稿: k2 | 2014年6月29日 (日) 12時11分

幹事、リーダー役ありがとうございました。
梅雨時の天気は覚悟の上ですが、たくさんの
花を観る事ができました。特にオサバグサは
初めて見る花ですが、白い小さな花房が
可愛かったです。

来月の安達太良山を楽しみにしています。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年6月29日 (日) 14時19分

なぜか7/6,7に塔のへつり、大内宿に寄ってきました。浅草からの電車も同便でした。
昼は、大内宿で定番のねぎそばです。
翌日、念願の雄国沼のニッコウキスゲでしたが、なんとか間に合いました。密度は、ここが一番ですね。
7/12は、Iさんと仙丈ケ岳で、台風一過の晴天です。午前中には下山という、相変わらずのペースでした。
では、来週安達太良で。

投稿: k2 | 2014年7月13日 (日) 13時05分

台風一過のタイミングで仙丈ケ岳とは
天気運に恵まれています。まだ梅雨明けでは
ないけれども皆さんあちこちに足をのばして
いるようです。

安達太良では、なんとか梅雨が明けていて
ほしいものです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年7月13日 (日) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山116:田代山の高層湿原は梅雨のなか(そのII):

« 山115:田代山の高層湿原は梅雨のなか(そのⅠ) | トップページ | 雑412:今年のジャガイモは不作 »