« 山112:榛名山の二ッ岳と榛名神社 | トップページ | 山114:丹沢の鍋割山荘泊まりで表尾根を縦走(Ⅱ) »

2014年6月 3日 (火)

山113:丹沢の鍋割山荘泊まりで表尾根を縦走(Ⅰ)

5月31日から6月1日、一泊二日で、丹沢の鍋割山荘泊まりで表尾根をヤビツ峠まで縦走してきた。もうひとつの山の会のメンバーで6人、うち一人は紅一点。渋沢駅改札口10時集合で全員がそろった。

バスで大倉の登山口まで。天気予報通りの快晴で陽射しも強いが、林道歩きの道は新緑の木陰が多くて歩きやすい。腰痛もまずまずおさまっていてくれる。

2時間弱歩いて、二俣で昼食。沢べりで、お湯をわかしてコーヒー。

20140531_012 

杉林を登って後沢乗越、ここから尾根伝いの急登。今やみんな中高年なので、小刻みに休憩を取りながら、ゆっくりと登ってゆく。山ツツジの赤オレンジ色が見頃だ。

20140531_034

3年前には、小屋の手前でバテてしまったのだが、今回は順調に3時40分頃、鍋割山荘に到着。さっそく缶ビールを買って、プハーッと飲み干す。

20140531_040 

・・・おっと出かける時間だ。続きはまた。

→さて、今日のお出かけが済んだので、また続きを書こう。

消費増税のため、一泊二食で¥6,500となったが、相変わらず、鍋割山荘の食事は豪華である。5時半から夕食。山小屋でこれだけの食事は、よそでは出会ったことが無い。

20140531_047 

ご飯、味噌汁。天ぷら、おでん、混ぜご飯のウナギ乗せ、シューマイ他の餡かけ。食後には果物のデザート。申し訳ないが、とうとう一部は食べきれずに余してしまった。これで経営上の採算が取れているのか、などと余分な心配をしてしまう。(^_^;)

夕食後、外に出ると、ぼんやりながら富士山も姿を現し、夕日の沈む瞬間を撮ることが出来た。日没後の麓の秦野の夜景もきれいに見られた

(↓クリックしてパノラマ写真を)

20140531_05150 

小屋番の草野さんは翌日の荷揚げのために下山したので、お話をしている時間が無かったのが残念。代わりに、鍋割ネットの掲示板でおなじみの、スモーク丸山さん、嗚呼ビールさんのお二人と同席して、特上燻製をいただき、K子さんともグラスを交わすことができたので、大いに満足した。

9時消灯、別棟の2階で就寝。おっと、梁に頭をぶつけないように注意。

(Ⅱ)へ続く

|

« 山112:榛名山の二ッ岳と榛名神社 | トップページ | 山114:丹沢の鍋割山荘泊まりで表尾根を縦走(Ⅱ) »

コメント

この前、御岳山を歩いた時に、「鍋割山」
という標識があったので、相棒が聞いた
ような行ったような気がすると言って
しきりに気にしていたのですが、私は何処
にでもありそうな名前やなという気が
していました。

腰痛がまずまずおさまっていてくれて、
好かったですね。

投稿: yone | 2014年6月 3日 (火) 17時02分

実際、「鍋割山」というのは、各地にあります。
御岳山の奥ノ院の先にも、鍋割山1084m
というのがありますね。
眺望と小屋の飯ならば、やはり丹沢の鍋割山が
第一と確信しています。

おっと、続きを書かなくては。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年6月 3日 (火) 18時11分

天気が良くて何よりでした
食事も金額のわりには豪華ですね
皆さんで楽しまれてよかっですね

投稿: しろいの梨 | 2014年6月 4日 (水) 17時11分

いつもながら、鍋割山荘の食事は豪華です。
次の機会には、しろいの梨さんもぜひ味わって
ください。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年6月 4日 (水) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山113:丹沢の鍋割山荘泊まりで表尾根を縦走(Ⅰ):

« 山112:榛名山の二ッ岳と榛名神社 | トップページ | 山114:丹沢の鍋割山荘泊まりで表尾根を縦走(Ⅱ) »