« 遊228:千葉勝浦への一泊バス旅行 | トップページ | 山113:丹沢の鍋割山荘泊まりで表尾根を縦走(Ⅰ) »

2014年5月30日 (金)

山112:榛名山の二ッ岳と榛名神社

先週の24日(土)は、町内の山の会で群馬の榛名山の外輪山の一つである、二ッ岳に登ってきた。いつものようにコンビニ前の駐車場に集合、貸し切りバスで、参加者20名となった。

伊香保温泉の街中を抜け、坂を越えて外輪山の内側へ。登山口から最初は遊歩道。好天と、満開の山ツツジに迎えられる。

20140524_015 

火山なので、山のあちこちに、岩の間から冷風の吹き出す風穴があり、かっては蚕の種卵を冷蔵して生育期を調整するのに利用されたという。

20140524_022 

山頂への距離は短いのだが、急坂、急階段が続く。新緑と山ツツジ。途中の展望はあまり無い。

20140524_030

名前の通り、雄岳と雌岳の頂上があり、鞍部の所でちょっと一休みしてから、最後の急坂を一登りして、まずは雌岳の頂上、1,306m

(↓クリックしてパノラマ写真)

20140524_03733


ぐるりと展望が開けている。 遠くは越後三山や燧岳の残雪。右下の△は水沢山。中央下は伊香保のスケートリンクがすぐ足元に見える。

頂上は狭いので、一度鞍部に戻って、もう一登りして雄岳へ。こちらには大きな無線中継塔と管理棟があり、その前の広場で早めの昼食。冷えた電気ブランが好評。

20140524_071

雄岳の頂上からの展望も良い。目の前には榛名富士。

20140524_064 

下山はオンマ谷のコース。細長い凹地が続くが、水の流れた谷ではなく、爆裂火口の跡の地形とのこと。やがて車道に出て、2時前には、登山口の駐車場に戻りついた。短いコースだったが、展望、新緑、花に恵まれて、快い山行ができた。

予定より時間があるので、榛名神社に参拝しよう、ということになり、バスで麓まで往復。

20140524_092 

酔仙は以前に訪ねているが、谷間の巨岩の間を抜けると、御神体のこけし型の大岩は崩れそうで崩れず、その足元にめり込んでいる本殿との組み合わせはなかなかの見ものである。古代の巨石信仰を身近に感じさせる

(↓これもクリック)

20140524_1087_3

さて、今日のお風呂は、榛名湖畔まで戻って、榛名湖温泉ゆうすげ元湯。ゆっくり汗を流した後は、広間が無いので代わりにロビーのテーブルを囲んで缶ビールとおつまみで楽しく過ごす。

榛名湖と榛名富士を車窓に眺めながら帰途につき、道路も順調で7時半にはコミセンの駐車場に無事帰着。今回も幹事さんのお手配、気配りに感謝々々。

|

« 遊228:千葉勝浦への一泊バス旅行 | トップページ | 山113:丹沢の鍋割山荘泊まりで表尾根を縦走(Ⅰ) »

コメント

「電気ブラン」は、この前買ってきて飲ん
でみましたが、なかなか美味しいですね。
家では清酒を飲むので娘の家に置いておく
ことにしましたが、孫娘と過ごす楽しみが
一つ増えました。

榛名神社のこけし型の巨岩は、ミャンマー
・チャイティヨの「Golden Rock」を
思い出させてくれました。

ゆうすげの元湯から上がって一杯の後は、
森進一の「ゆうすげの恋」などは如何で
すか?

投稿: yone | 2014年5月30日 (金) 22時03分

電気ブランは、一度、浅草神谷バーで
飲んだこともありましたが、近くの店でも
買えるようになったのはありがたいです。
小さめのグラスと瓶ごとを冷凍庫でキーンと
冷やして、食前にキュッとやるのがいいです。
配合は今も企業秘密なんですが、何を使って
いるんでしょうかね。

古社寺めぐりをしていると、古代の巨岩信仰
についてもいろいろ感じさせられます。
時々、巨〇信仰も混じっていたりします。(笑

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年6月 2日 (月) 10時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山112:榛名山の二ッ岳と榛名神社:

« 遊228:千葉勝浦への一泊バス旅行 | トップページ | 山113:丹沢の鍋割山荘泊まりで表尾根を縦走(Ⅰ) »