« 遊227:お台場でバーベキューを楽しむ | トップページ | 路244:自動車税は6月2日までに »

2014年5月 7日 (水)

山111:大月の岩殿山で大絶壁を観る

昨6日(火)は、山梨県の岩殿山に登ってきた。以前からJR中央線大月駅の目の前に岩壁がそびえる特異な姿が気になっていたのだ。

元の会社の山岳会が4年ほど前に解散したのだが、OB達から、昔の仲間と山を歩きたいという声が出てきて、今回はその手始めということで、Mさんと二人での山行となった。何年ぶりになるか。天気は一日曇り空で富士山の展望は見られなかったが、楽しい山行だった。

実は、朝、寝過ごしてしまい、ケータイで連絡を取って半時間ほど遅れを待ってもらったのだが m(_  _)m、大月駅に9:34着、橋を渡って岩壁を見上げながら歩きはじめる。

20140506dkb_ob_005_2

山頂直下から丸くせり出しているのが鏡岩。麓の丸山公園には資料館などもあり、急な段々が続くが、道はよく整備されている。鏡岩の真下から左へ回り込み、巨岩に挟まれた揚城戸跡を抜ける。

20140506dkb_ob_030

10時半には標高634mの山頂に着いた。乃木大将の漢詩を刻んだ大きな石碑が立ち、眼下に大月の市街が広がる。難攻不落と謳われた山城であったのも納得できる険しさである。(↓クリックしてパノラマ写真)

20140506dkb_ob_02221

一休みして、馬場跡や本丸の無線塔をぐるりと見てから、少し道を戻り、分岐から、稚児落としへの道をたどる。ここからは山道らしくなり、鎖場も現れるが、まず無難に通過。

20140506dkb_ob_037

兜岩のところで横にトラバースしてまた鎖場登り。

20140506dkb_ob_039

目の前に稚児落としの大絶壁が現れ、思わずホーッと声が出る。ほとんど垂直に近い絶壁が、凹型に湾曲して続いている。向こうの崖っぷちの登山者の姿が芥子粒ほどに見える。(↓クリックして拡大写真で人影が見えるかな)

20140506dkb_ob_04948_2

道は崖の上端に沿って進むが、柵も何もないから、ちょっと左へ転んだらそれっきりである。高所恐怖症の酔仙はおっかなびっくり。向こうの縁まで回り込んだところで、リュックを下して今日の昼飯とする。

おっと、そこのお兄さん、危ないですよ。

20140506dkb_ob_054

ここからは下り道となり、1時ごろには麓の浅利地区の車道に出て今日の山歩きは無事完了。山頂からの富士山の展望は無かったが、後半の稚児落としの大絶壁の眺めは収穫だった。

Mさんが駅で、日帰り入浴ができる所を聞いていたので、国道(甲州街道)を大月市総合福祉センター まで少し歩く。途中に本陣跡、明治天皇休息所の立派な造りの家もある。

20140506dkb_ob_064

福祉センターは、山のガイドにも載っていないが、ビルの5階に広くは無いがきれいな浴場や広間があり、¥510で気持ちよく汗を流した。ただし、酒、ビールや料理は無いから、途中のコンビニで買って持ち込む必要がある。

20140506dkb_ob_069

山とお風呂を楽しんだ一日、Mさんと別れて、寄り道しつつ帰途についた。ほかのOB達も誘って次回の山行を計画したいものだが、そうすると今二つ入っている山の会が三つになるのかな。

|

« 遊227:お台場でバーベキューを楽しむ | トップページ | 路244:自動車税は6月2日までに »

コメント

私は今、家の近くで25年来在籍している
「サングリーン・テニスクラブ」と、年初
に移籍したての「市川ライオンズ還暦野球
Bクラブ」に、加入しています。

この他には、会社の後輩が呼んでくれる、
高田馬場でのテニス会のメンバーとは、
S化学の蓼科保養所で合宿をしたりして
いるので、これなんかも又、サークルと
言ってもいいの鴨。


投稿: yone | 2014年5月 7日 (水) 20時19分

まあ、我々退職した団塊世代のオジサンには
時間はありますからねえ。人数が多いから
サークルだ何だの場所もたくさんあるし。
スポーツ、趣味、ボランティア、政治 etc.
恐いものも、遠慮する相手もいない。
問題は体力、気力だけでしょう。

動ける間は動きまわりましょう。
動けなくなったら、それはそれまでの話。
ただ、むだな延命措置はしてほしくないから
ちゃんとエンディングノートに書いておかねば
ならない。もう書きましたか。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年5月 7日 (水) 21時38分

未だ書いてません。
何時死ぬか分かりませんが、未だもう一寸
先にならんと、その気にならんのかも
知れません。

先週、千葉県リーグ戦に出場して、やって
いける自信も湧いてきたので、当面は
「市川ライオンズの大和」を目標に頑張り
ます。

投稿: yone | 2014年5月 8日 (木) 08時26分

>先にならんと、その気にならんのかも・・・・
自分も、みんなもそうなんですよねえ。
次の関東大震災に眼を閉じて、五厘招聘万歳
をしている人も多いし。
でも、地震も終末も、かならず来るんです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年5月 8日 (木) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山111:大月の岩殿山で大絶壁を観る:

« 遊227:お台場でバーベキューを楽しむ | トップページ | 路244:自動車税は6月2日までに »