« 巡021:23番薬王寺まで海辺の路をたどる | トップページ | 巡023:歩き遍路拾遺 »

2014年4月 2日 (水)

巡022:無事に帰宅

3月29日(土)。さて、徳島県内23番の区切り打ちも、順調に予定通り完歩。今日は帰宅するだけ。宿のカウンターで、帰りは大阪まで高速バスが便利と教えられて、昨夕のうちに予約センターに電話する。朝一便は満席だったが、9:58の二便を予約できた。

早めに日和佐駅に出る。

20140329_014

駅の向こう側のチケットセンターなどはまだ開いていない。

20140329_026

足湯でのんびりしたり、物産館を見て回ったりして時間つぶし。お魚はさすがに安くておいしそうだったが、持って帰るわけにもいかない。

20140329_019

高速バスは定時に着いてすぐ出発。二便には10人足らずの客だったので、座席はゆっくりできた。徳島県内では、一般道をあちこちまわって客を乗せていく。自分が歩いた見覚えのある道も。鳴門の渦潮を車窓からでも見たかったのだが、うとうととしている間に通り過ぎてしまい、気がついたら淡路島の中の高速道をぶんぶん走っていた。

20140329_031

橋を渡れば対岸は家々の密集した神戸の街。

20140329_035

昼食の弁当を買うのを忘れていたが、4時間ばかりで大阪駅の前のバス停に無事到着。

20140329_043

 あとはJRで、新幹線を乗り継ぐ。遍路姿なので、車中でどこかのオジサンから話しかけられたり。夕暮れ頃には自宅の玄関に帰り着いた。

天気にも花にも恵まれ、足腰を痛めることもなく、無事に帰宅できたことに感謝、々々。南無大師遍照金剛。

|

« 巡021:23番薬王寺まで海辺の路をたどる | トップページ | 巡023:歩き遍路拾遺 »

コメント

無事の御帰還、おめでとうございます。
遍路姿に、奥様はどういう反応を示され
ましたか。

新居浜近くに勤務していた頃は、徳島や
小松島からフェリーで、和歌山や神戸に
渡ったものです。
時代は変わりました。
簑島と星陵の延長18回の試合を、フェリー
のテレヴィで視た事を覚えています。

投稿: yone | 2014年4月 2日 (水) 23時31分

ええ~?
ずっと「遍路姿」なんですか?杖を持っているだけで目立つのに(笑)

何事もなく無事帰宅できたのは、やはり普段から歩いているからだと思います。
遍路道で会った、70代、80代でバリバリ歩いている人をみると、自分もこう
ありたいと思います。日頃から鍛えている人にはかなわないなぁと。

膝を痛め、大根峠で足を引きずりながら歩いている僕に「あんた、もう帰った
ほうがいいよ」と言った、今は亡きK川さん(当時74歳)というお遍路さんの
颯爽と歩く姿を今でもよく覚えています。(家でも毎日25km歩いてるそうです)

投稿: vagabond-k | 2014年4月 2日 (水) 23時40分

>奥様はどういう反応を・・・・
”エ~ッこの恰好のままで帰ってきたんかいな”
という反応でした。
まあなんですね、”亭主元気でヘンロがいい”
ということでしょうか。

私も、徳山支店にいた頃は、石鎚山縦走に
グループでフェリーで四国に渡ったものです。
お遍路の仕上げには、徳島から和歌山高野山へ
フェリーで渡るというのが残っているようです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年4月 2日 (水) 23時41分

>ずっと「遍路姿」なんですか?・・・・
杖や傘を片付けて持ち歩くのも大変だし、
開き直って、そのままで帰宅しました。
大阪や東京の街中あたりでは、そんなに
注目する人もいませんよ。

山歩きとお遍路には共通点が多いと、今回
あらためて実感しました。勝ち負け、遅速
なし。完歩が最大目標。助け合い、教えあい、
励ましあい。宿での歓談。etc.

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年4月 2日 (水) 23時48分

酔仙さん、いつのまにかお遍路さんになっていたのですね。小生も、6月末でフリーの身になるので、そのうちにと思っていました。大変参考になります。満願成就を祈念いたします。

投稿: 香日向の俳人 | 2014年4月 3日 (木) 15時58分

私も、退職後まず秩父34番札所で足慣らしを
してからお四国に、と思っているうちに5年
たってしまいました。思い立ったが吉日。
ともかく1日でも3日でもまず歩いてみれば
なんとなく見えてくるものがあります。

遍路中に山頭火のように、思い浮かんだ句を、
と思っていたのですが、結局、一句も得られ
ませんでした。(笑

投稿: 埼玉の酔仙 | 2014年4月 3日 (木) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巡022:無事に帰宅:

« 巡021:23番薬王寺まで海辺の路をたどる | トップページ | 巡023:歩き遍路拾遺 »