« 路237:古典ギリシャ語、ラテン語教室 | トップページ | 遊209:遊就館へ »

2013年11月30日 (土)

路238:灰皿ではありません

夕方近い日比谷公園の中、通りすがりにこんな注意書きがしっかりくくり付けられているのを見つけた。「喫煙禁止、灰皿ではありません」と。古びた鋳鉄の灰皿状の台なんだが、小さく、「昔の水飲み場です」との注記で、なるほどと納得。

20131129_048

|

« 路237:古典ギリシャ語、ラテン語教室 | トップページ | 遊209:遊就館へ »

コメント

私は、生ごみを捨てる塵箱が、常に目に
留まりますがますが、今の喫煙者に厳しい
世の中では、此の台は、灰皿に見える
かもしれませんね。

投稿: yone | 2013年12月13日 (金) 22時46分

酔仙は喫煙者ではありませんが、他人が喫煙
するのには寛容です。というか、嫌煙権などが
行き過ぎて、禁煙法ができ、ついで禁酒法が
制定されることを恐れています。

なので、喫煙者が嫌煙者と争うことなく、
携帯灰皿や分煙を守って共存していただくのが
なによりです。理不尽な禁煙者、禁酒者に
つけこまれないよう、喫煙者と飲酒者は共闘
しましょう。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年12月14日 (土) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路238:灰皿ではありません:

« 路237:古典ギリシャ語、ラテン語教室 | トップページ | 遊209:遊就館へ »