« 遊192:水元公園で名残の桜を | トップページ | 路226:がきとおじょうさま »

2013年4月 7日 (日)

山101(←遊193):大山詣りは雨の中

昨6日(土)は、もうひとつの山の会で、丹沢の手前の大山への山行。天気予報では、爆弾低気圧が通過するが、天気が崩れるのは午後から、とのこと。ともあれ、小田急伊勢原駅に9:15集合と、昨日の酔いを振り払って出かける。新宿駅のホームで、千葉からの皆とも出会えた。

20130406_002

伊勢原駅からはバスでケーブルカー駅下へ。ところがバス停からケーブルカーの駅まで、けっこう急な石段とお土産屋さんが延々と続く。思い出した、ここはせっかくのケーブルカー駅までがやたら長い石段だったのだ。落語の大山詣りの舞台になったぐらい、昔はたくさんの参詣人で賑わったのだろう。御師や先達者などの石標の立つ宿も多いから、後から造られたケーブルカーは、上のほうに追いやられたのだろう。

ケーブルカー駅で一服、無事、13人がそろった。元気なKさん一人は、男坂を元気に登って行った。

20130406_009 

たまたまケーブルカーの運転手さんは新米の見習い中。指導のおじさんに指示されながら、一生懸命運転している。がんばって早く熟練者になろうね。もっともこれが飛行機の運転だったら、そうそう見守ってはいられないのだが。(笑

20130406_014 

ミツマタの花盛りを眺めながら上の駅に着いた頃から、パラパラと雨が降り始めた。雨具を着けてすぐ先の阿夫利神社の下社に向かうが、けっこうな降り具合になってきた。

20130406_025_2 

石段下の茶店に、持ち込みでもいいですよ、と誘われて、そのままビールに昼食、小宴会となった。お参りもしない不信心な人もいたようだ。酔仙はちゃんと御朱印を頂いて、御神水も汲んできた。

20130406_032 

雨は降ったり止んだりで不安定だが、もう今日は無理だから、ここから下山しましょうということになって、一同賛成。せっかくなので、下りはケーブルカーを使わずに、女坂のほうを下ることにした。女坂とはいいながら、そうとう急な石段も多い。

20130406_039 

やっと半分下ったところが大山寺のお不動さん。

20130406_046 

今は歩きの客は減ったろうが、かってはここが表道で、神仏習合の地として、今も石仏や石祠なども多い。

20130406_049

道沿いに植えられたミツマタは今が満開。

20130406_053

花を眺めながらゆっくり下山してくると、もう新緑の季節が感じられる。

20130406_059

4時前に伊勢原駅で集合写真を撮って散会後、オジサンたちは二次会へ。駅前の飲み屋さんはまだ開店前なので、中華料理屋さんで紹興酒と肴の歓談。

リーダーのNさん、ご手配ありがとうございました。今回は雨であまり登れなかったが、次回は紅葉と温泉を狙って再挑戦しましょう。

20130406_076

それにしても、3日連続の物見遊山はさすがに疲れたかな。今日は歯医者さんを済ませて、休養日としよう。

5/28追記、カテゴリーを間違っていたので訂正。m(_  _)m

(正)山101 ← (誤)遊193

|

« 遊192:水元公園で名残の桜を | トップページ | 路226:がきとおじょうさま »

コメント

大山詣でというのは、関西でいえば、何処の
辺りに近いものなんですかね。
「お祭りをゆく」ついでに、一度は訪ねて
みたいとは思うてます。

しかし天気には関係ないとは言うたかて、
「雨降山」という山号ではねえ。

投稿: yone | 2013年4月 7日 (日) 23時09分

ご苦労様でした。雨で目的達成出来ませんでしたが、旨い酒を皆さんと飲めて良かった。
早めに帰ったので雨風も大したこと無かったのでは。掲載有難う御座います。

投稿: 白井の梨 | 2013年4月 8日 (月) 06時10分

「爆弾低気圧が来ますので不要な外出は控えてください」という忠告にも関わらず、山に登るというのは「命知らずの英雄なんでしょうか、」それともとんでもないバカなんでしょうか。
私の家ではあきれてものが言えないと怒りを出てくるときにぶつけられました。
山に登るときは安全を確認することが大事です。
皆さんの家庭ではどうだったんでしょうかね。
頂上には行けなかったの残念でしたけどそれなりに楽しめましたね。
行って良かった。決めたことは実行しましょう。それが男なんだ!

投稿: 川崎の酒仙 | 2013年4月 8日 (月) 15時25分

>関西でいえば何処の辺り・・・・・
京都から愛宕山に登るよりは、もう少し遠い
ですね。江戸落語の大山詣りは、上方版では
大阪からのお伊勢参りになっているそうです。
江戸市中では、講を設けて団体で参詣し、
帰りは精進落としで、どんちゃん遊んだ
ようです。

古くて大きい神社ですから、年間の祭りも
幾つかあるようです。一度はご参詣をお勧め
します。下社から山頂の本社へは、入門レベルの
山歩きです。

>旨い酒を皆さんと飲めて良かった・・・・
まあ、こちらが目的の半分ですから
楽しい山行(?)でした。
後ほど、写真などをお送りします。

>あきれてものが言えないと・・・・
ウチでも似たようなものでした。
しかも三日連続の物見遊山ですからね。
とはいえ、”引き返す勇気”に富んだ
我が会ですから、心配することはない、
と説得しましょう。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年4月 8日 (月) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山101(←遊193):大山詣りは雨の中:

« 遊192:水元公園で名残の桜を | トップページ | 路226:がきとおじょうさま »