« 雑336:菜の花畑に月見そば | トップページ | 印083:許我(こが)篆刻会展始まる »

2013年3月17日 (日)

遊187:渡良瀬遊水地のヨシ焼きを初めて見る

今朝は渡良瀬遊水地のヨシ焼きを初めて見物してきた。谷中村と足尾鉱毒事件で知られる渡良瀬遊水地は、酔仙の家から車で30分余りの古河市の郊外にある。毎年3月には、葭原の維持のためにヨシ焼きを行っているのだが、これまで見物したことがない。一昨年に見物に出かけようと準備していたら東北大震災と重なり、昨年は放射能汚染のリスクありということで、2年続けて中止になった。

今年は全1,500ヘクタールの規模を4割に縮小し、8:30 と 9:30 の二回に分けての火入れで実施する、ということになったので、2回目の火入れにまにあうように、出かけることにした。途中の車の窓からも、最初の火入れの煙が北の空の半分を覆って流れていくのが見える。天気は晴れ、緩やかな風で、ヨシ焼き日和り。

見物は遊水地を取り巻く堤防の上から。駐車場は3ヶ所だが、既に満車だったので、道の脇の空き地に停めさせてもらった。堤防に上がると間もなく、2回目の火入れが始まった。

20130317_001

燃え始めると火足は早い。どんどんと炎と煙が広がってゆく。

(↓クリックして、パノラマで)

20130317_0068

なぜか、人は火を見ると興奮するようだ。

20130317_010

もっと燃えろ。(笑

20130317_015

風の向きが少し変わると、けっこう煙たい。目が痛い。

20130317_016

おおよそ半時間ばかりで、おおかたは燃え終わったようだ。黒々とした焼け跡から、まもなく新しい芽が吹いてくるのだろう。

20130317_019

|

« 雑336:菜の花畑に月見そば | トップページ | 印083:許我(こが)篆刻会展始まる »

コメント

WBC日本代表も、燃え尽きましたね。
まもなく新しい芽が吹いてくるのだろうか。

「八千代クラブの鳥谷」を目指す私も
鳥谷の活躍には満足していますが、私には、益々の練習や努力が必要やと思うとります。

投稿: yone | 2013年3月19日 (火) 19時23分

うちのカミサンが『八重の桜』にはまってまして、
その裏番組がWBCだったらしいので、我が家では
WBCとやらはまったく観ておりません。
(^_^;)

yone さんの目標は八千代クラブの鳥谷、
おおいに頑張ってください。でも、無理な
スライディングなどはなさらないように。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年3月19日 (火) 22時11分

火を見て興奮して "もっと燃えろ" には私も(笑)になりました。なんか可愛い!!

私なんぞに云われてもウレシないと思いますが、酔仙さん、
写真上手ね。
一番下のを眺めていたら『くにやぶれてさんがあり・・』が浮かびました。
なはは・・

投稿: ぷうぷう | 2013年3月20日 (水) 08時50分

子供の頃のキャンプファイヤからはじまり
大文字の送り火、若草山の山焼き、薪能など
やはり、炎は洞窟時代からの人の本能を刺激
するようです。八百屋お七は、おっと危ない。

国破れて・・・空襲の焼け跡に立った人たちも
感じたんでしょう。でも、これが放射能と
なると、山河ごとですからねえ。それでもって
原発再稼働ですか。やってられん時代だなあ。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年3月20日 (水) 10時37分

酔仙さんも火遊びが大好きなんですね。!
昔、消防車のサイレンが聞こえると「火事だ!!」と叫びながら火事場に走って見に行ったものです。
遠いところは自転車に乗って追いかけました。
火事も少なくなりましたね。

箱根のススキの野焼きは風が強くて途中で消したようですね。
燃えすぎも困ったものですね。

投稿: 川崎の酒仙 | 2013年3月20日 (水) 11時23分

酔仙の子供のころにも、いくつか身近に
火事場を見聞きしました。被災した人は
大変だし、火元になった家の人は、裸足に
藁縄の帯で、ご近所におわびにまわった
ものだそうです。近頃の高齢化で、老人が
焼死という記事もよく見かけます。我が身に
及ばぬよう、取りあえず火の元には用心
しましょう。

火事と喧嘩は、わが身に降りかからねば
江戸の華なんですがね。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2013年3月20日 (水) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遊187:渡良瀬遊水地のヨシ焼きを初めて見る:

« 雑336:菜の花畑に月見そば | トップページ | 印083:許我(こが)篆刻会展始まる »