« 遊178:東京シティ・フィルの公演をG小学校で聴く | トップページ | 路220:大宮あたりで、玩具屋と質屋 »

2012年11月24日 (土)

山094:伊豆ヶ岳を軽く歩いて、酒蔵へ

昨23日勤労感謝の日は、町内の山の会で飯能の奥の伊豆ヶ岳へ。朝6時にコンビニ駐車場に18人が集まって出発。バスの座席は余裕である。圏央道の入間ICで下りて山の中の道に入っていくのだが、どうもこのあたりの地形や道路網は、なかなか頭に入りにくい。ともあれ9時頃には、改修工事中の名栗元気プラザの下の駐車場でバスを降りて登山道から登り始める。

当初予定は伊豆ヶ岳と武川山とを巡るコースだったが、天気予報では今日日中は雨、しかも途中で小雨もぱらついたりの曇り空だったので、伊豆ヶ岳往復だけの短いコースとなった。結果的には雨降りには至らず、近い山なら眺められるほどの曇り空だったのだが、まあ、無理はしないほうがよい。

20121123__008

伊豆ヶ岳には昔々に登ったような記憶もあるが、男坂の大岩の鎖場以外は記憶もあいまいである。ところどころ急な坂もあるが、まあ、杉林と遅い紅葉の混じる普通の登山道を辿ってゆく。

男坂は、鎖場で落石事故があったし、女坂は崩落個所があるというので、注意の看板に従って、間の「子供坂」を登る。

20121123__013

「鎖場や崩落ぐらいは修復すればいいじゃないか」「いやいや、修復するより、注意看板を立てるのが一番安くて、役人の責任逃れもできるからじゃないか」などとしゃべりながら、巻き道をあがって、あっさり頂上に着いた。登山口からほぼ1時間。

20121123__019

曇り空だが、近くの山々は眺められる。武川山の向こうに、武甲山の頭も見える。少しゆっくりして、軽い食事やお茶、お酒をいただく。近くに、「伊豆ヶ岳おばーさん追悼之碑、蕨岳連・仔ぐま山岳会之建」という碑があり、素朴な肖像に和まされる。

20121123__037

さて、お昼前には下山してしまったので、午後の秩父観光コースはどうしましょうか。秩父神社よりも秩父錦酒蔵資料館のほうが皆さんの人気で、バスを向けていただく。飛び込みの団体さんだったが、管理人さんの説明を聴きながら、昔の蔵の姿、今の仕込中の蔵や熟成室などを見てまわり、最後はお楽しみの試飲コーナーとお土産。

20121123__049

休憩室を借りて昼食も済ませ、見送られて、最後の温泉は武甲温泉へ向かう。

20121123__062

山で大汗をかいたわけではないが、広い湯船とゆったりした露天風呂で気分良く過ごす。湯上り後の缶ビールは、いつもながら美味しい。

帰りは3時ごろに出て、6時過ぎには帰宅。山、酒、湯と楽しく過ごせた一日だった。今回も幹事さんのお世話になり、ありがとうございました。

来月はもう師走。1日が「望」年会、8日が石老山で1年間の締めである。

|

« 遊178:東京シティ・フィルの公演をG小学校で聴く | トップページ | 路220:大宮あたりで、玩具屋と質屋 »

コメント

同じ日、南房総「鋸山」に紅葉狩りに出かけました。
あいにく、こちらは雨でした。
頂上は何も見えませんでした。紅葉も楽しむことはできませんでしたが、十分にお酒は楽しむことができました。
それなりに楽しい一日でした。
先ずは「家を出よう!」ですよね。暇人は。

投稿: 川崎の酒仙 | 2012年11月25日 (日) 10時01分

鋸山の方は申しわけありませんが欠席させて
いただきました。山では、好天で眺めが
良ければ祝い酒。曇りや雨の時は残念酒。
いずれにしても酒があれば万歳。お湯もあれば
万々歳。
次回は、山、酒、お湯、ぜひご一緒したいです。

投稿: 埼玉の酔仙 | 2012年11月25日 (日) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山094:伊豆ヶ岳を軽く歩いて、酒蔵へ:

« 遊178:東京シティ・フィルの公演をG小学校で聴く | トップページ | 路220:大宮あたりで、玩具屋と質屋 »